2018-02-18

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【14】

クリルーモデル・M43 75/46のリメイク続き。

タミヤアクリルのバフ+白による亀甲パターンの隈取を終えました。
T_dsc01858
「なぜ、自分はタミヤアクリル塗料を殆ど使ってこなかったのか」をまざまざと思いだし、「たまには使ってみようか」程度で塗り始めたのを後悔しながらの作業でした。
そういえば昔々、某有名モデラ―さんが「アクリルは筆塗りだとダマになるので絶対に使わない」と仰っていて大いに納得したものでしたっけ…。

作業も苦労しつつあと少し、という時点で、先月タミヤのペイントリターダー(アクリル用)を購入していたのを思い出しました。
何十年もアクリル塗料を使っていなかったので、最近クラブのメンバーに教えて貰うまで、その存在も、効果も全く知らなかったのです。

んで、試しに塗料皿に一滴加えてみたら……まっったく別の塗料のように伸びが良く、すいっすい塗れるようになり、あっという間に作業が終わりました(個人の感想で以下略)。

えええ?凄い変わりようなんですけど。これってアクリル使いには常識なの??ていうか最初から「これを混ぜないと筆では塗れません」くらい言ってくれよという感じなんですけども。

| | コメント (4)

2018-02-12

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【13】

クリルーモデル・M43 75/46のリメイク続き。

復活投稿の3回目くらいに「完成」宣言したりするのが普通だと思うんですが、まだまだ続きます。普通ってなんだ。
T_dsc01854
Twitterにはリアルタイムで投稿してるのでご承知の方も居られると思いますが、先週行った作業はグリーンの部分をエアブラシで吹いてクリアーを掛けただけで絵面が全く同じのため、省きました。悪しからずご了承下さい(誰も気にしていないかと…)。

さて3連休の三日目にようやく時間が取れたので机に向かい、タミヤアクリルのバフ+白で亀甲パターンの隈取をしてみました。

実はアクリルカラーを使う事自体が20年ぶりくらいですかねぇ。筆塗りだともっと前かな。
事前にいろいろなシミュレーションというか、ああなったらこうする的な事を予想してから作業するのですが。

ご覧の通り、予想しうる中で最悪の結果でありました。あははははははは。

いったいこれからどうすれば、ああどうすればぁぁぁぁーーと、明るいうちからビールを飲みつつ考えてます。

| | コメント (2)

2018-01-30

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【12】

クリルーモデル・M43 75/46のリメイク続き。

T_dsc01849
前回の絵面と全く変わってませんね。その筈で、ハンブロール119アース色で下書きした茶色のパターンをエアブラシで塗り潰しだけだったのでした。
Mr.カラーのダークアースは単体だとかなり明るめに感じるのですが、こうしてみるとレッドブラウンにしか見えませんね。

日曜日の午前中に2時間程度の作業でした。模型リハビリにはやり足りないと感じるくらいが丁度よく、次の作業が待ち遠しくなり、模型脳が働いてきます。


…いやホントはエアブラシを使うのが久しぶり過ぎて、塗料の薄め方を思い出すのに1時間くらい費やしちゃったんですが。次回はもう少し進められるかなー。進んだらいいなー。

| | コメント (2)

2018-01-21

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【11】

クリルーモデル・M43 75/46のリメイク続き。

え…いったい何のことだ?と思った方は2014年のこの記事「SEMOVENTE M43 75/46のリメイク【10】」をご覧ください。
T_dsc01848
1998年の完成作品を、2012年に一旦壊して、その後塗装前までに仕上がったのが2014年
そしてその4年後の今、誰もがすっかり忘れたころになって塗装再開。これぞまさに究極のスローモデリングですよお客さん。
※「工作途中も見たい」という奇特な方は、カテゴリーの「リメイク道」に記事をまとめてありますので宜しければどうぞ。

さて、目指す迷彩塗装はイタリア軍の「亀甲迷彩」です(石垣状迷彩と言っていましたが亀甲のようです)。

画像はMrカラーのライトグリーンで下地を塗装後(約2年間ほど乾燥)、ハンブロールのアース色で迷彩パターンの筆下描き終えたところ。
いきなりエアブラシでパターンを書き込まないのは、下地色の影響があるのと、下描きが無いと大きく描き過ぎてしまうからです。

この後の工程は、ラッカー系塗料の茶系でエアブラシ吹き→緑系で補正→一旦クリア―を吹いてコーティング→アクリル系塗料のバフ系で線を下描き→同じ塗料で線をエアブラシ吹き、でようやく基本塗装を終える予定ですが、果たして思っているように出来るかどうか。

ブルータンク氏には毎度毎度「練習してからやれ」と忠告されていますが、人生は短いんでそんなことやってる暇はありませんよねえ(←いろいろ間違っている)。

| | コメント (4)

2018-01-14

BIRKENSTOCK BIRKO CONFORT

【つれづれ】
5年ほど履いたパラブーツのシャンボード用に、ビルケンシュトックのインソールを購入。
T_dsc_0991
シャンボードの購入時は適正サイズだと幅がありえないほどキツかったので、この歳で足を靴擦れだらけにして履き慣らすような無理はしたくないわいと思い、敢えてワンサイズ上を買ったのですが、それほど履き込まないうちに沈んでガバガバになってしまいました。

あまり緩くなると足が靴の中で遊んで、こんどは足の裏にマメができるんですよね。こうならないと判らないので、革靴のサイズ選びって難しいです。

足に合わせる為に何か良いインソールがないかなと思ってたんですが、たまたま新静岡セノバのビルケンシュトックがセールをやっていたので、いろいろ試着させて貰って、ある程度厚みがあって固いヤツにしました。事前のイメージは薄い低反発のだったんですけどね。

まだ慣れないので、まるで新しい靴を履いてるみたいです。背も高くなったような気がして何だかお得感。

| | コメント (0)

2018-01-04

MUJI slip on sneaker

【つれづれ】
無印良品のスリッポンスニーカーを購入。
Dsc_0985
メレルのジャングルモック(20年物)が入院中にソールが分解してしまい捨ててしまったので、その代わりになる「ちょっと近所に買い物」用の紐なし靴が欲しくて。

定番のキャンパスではなく、冬季限定のスゥエード調(ポリエステル)。なので正月のセールでお安くなっていました。
履き口が小さく甲が長く、幅が狭く、そして黒のスゥエード調。観察するとスリムでドレッシー、良いデザイン。

加えて、何と言っても、インソールが装備されているのが大きなポイントです。
同じような仕様のスニーカーがセレクトショップだとメーカーのタグが2か所入り、インソールにロゴが印刷されているだけで、おそらく価格は3倍になるでしょう。

ジャストサイズだとワイズが狭くキツイため、ワンサイズ大きめ、履きやすさ優先で。革なら伸びてフィットするんですけどね。

| | コメント (0)

2018-01-01

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
2018年もweblog 『me20の模型工場』 をよろしくお願い申し上げます。

昨年は模型的に低調で、完成品は一つだけでした。
夏が過ぎたら作りかけからもう一つくらいは出来るだろう、とか甘い考えでいたのが…。
やっぱり締め切りがないと作れない体になってしまったのかなー。

と反省から始まりました2018年ですが、今年もお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (3)

2017-12-31

end of year, New Year's Eve

【つれづれ】
今年最後のご挨拶でございます。

模型生活的には結局、今年の完成品はCV33のみでした。
T_dsc01827_2
あとは手を付けてもいないという…。そして模型的買い物は、塗料とコロニアーレのディティールアップパーツくらい。
ちょっと気持ちが切れちゃったかな…。
まぁ、夏に肩の手術という切っ掛けがあったからですが、それにしてもモデラー失格と言わざるを得ません。

ホビーショーまでには何とか一つ、「新作です」と言えるものを持参したいと思っております。強く強く思っております…。


それでは皆さま、今年も『me20の模型工場』にお付き合いを戴きましてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2017-12-23

SANDERS PUNCHED CAP DERBY SHOE

【つれづれ】
英国ノーザンプトンの老舗シューメーカー、SANDERSのミリタリーシューズ。
一見なんでもない靴ですが、ブローグのキャップトゥがオシャレで良い感じです。

さて、履き慣らしのため街まで買い物に行ってきました。
T_dsc_0977

静岡パルコのタワーレコードではお目当てのCDは売っておらず。
新静岡セノバの書店では大日本絵画「フレンチタンクス&アーマードビークルズ 1914-1940」を立ち読み。

何となくイラストがこの本と同じような気がするんですが。
自分が持ってるのは2冊とも軽戦車のみでしたが、シリーズの合本かなんかでしょうかね。違うかな。

買おうかな~どうしようかな~と思ったのですが、シャロン装甲車のイラストの車体色がカーキっぽい上にタイヤが黒くて(たぶん、ロシア軍仕様)、何となく気分悪いので止めときました(笑)。

うう、珍しくかかとが擦れて痛みが…。

| | コメント (2)

2017-12-12

お知らせ ※訂正あり※

ブログについてのお知らせがあります。

近々、プロバイダを変更する関係で、アドレスが変更になります。
引っ越し先はたぶんココログフリーになると思います(現在はTNCのココログベーシック)。

突然見られなくなると思いますが、お手数ですが検索で探してみてください。

※引っ越し予定先のアドレスは一旦削除しました

よろしくお願いします。

【訂正】

すみません、よく判っておらず慌ててお知らせしましたが、どうやら引っ越しの必要はないようです
しばらく様子見ですが、少なくとも突然アクセスできなくなることはないみたいです。

引き続きよろしくお願いします。

これを機会にバリバリ更新…できれば良いな…。


| | コメント (2)

2017-12-10

イタリアの豆戦車写真集

吉川和篤(よしぞうmaro')氏著『イタリアの豆戦車写真集(イカロス出版)』を購入。
Dsc01842
とにかく写真がクリア。他の写真集で見たことのある写真も鮮明で、見易い見易い。

物凄ーく恥ずかしながら、自分の製作したCV33の側面装甲板が実際はリベット接合であり、見た目が電気溶接のように平らに処理されていた事実は良く知らなかったので、やはり日本語で解説が読めるのは大事だなーと思った次第です。
電気溶接されていたのは天板と後ろの三角形の部分だけだったそうですが、そんな面倒な事をしていたら、そりゃCV35でリベットだらけに戻るわけで腑に落ちました。


作る前にこの本があったなら…いやいやもしかしたら、永遠に完成しなかったかも知れません。
この本を参考書としてもう一台作るにしても、ブロンコのキットは履帯のハードルが高すぎるので無理です…。
どこか他のメーカーでリリースしてくれませんかね…。

| | コメント (4)

2017-11-19

タミヤフェア2017

大変ご無沙汰しております(生存報告です)。

珍しく風邪をひいてしまい、直前まで寝床で行けない…と思っていたのですが、Twitterのタイムラインを見ていると行きたいな~短い時間なら大丈夫かなー思いたち、タミヤフェアへ。
着替えも含めて15分で会場前に(笑)。

Do9ajo7voaa21vh
まずはラウペンモデルのブースにお邪魔しました。
イスラエル国防軍水ジェリカンの実物展示と、それをスキャンした新製品のテストショット。

ポリタンクなので実物も成型品(ブロー成型)なのですが、原型のモールドがかなりヨレヨレで、それもすべてそのまま再現されています。
超精密なスケールモデルにもかかわらず、昔のレジンパーツっぽく見えてしまうのが、とても不思議な感覚です。

Do9c_9dvwayfz9t_2
スジ彫り超硬ブレード。0.1~0.3と0.5の四種類とホルダー。

ああ、0.4があれば…という場面があるかもとモデラーあるある的に思ったり(笑)。
スジ彫り工具はあまり種類を持っていないので、これは買おうかなと思ったり思わなかったり(どっちだ)。



Do9d6peu8aa8g_d_2
基本塗装はMrカラーとガイアノーツのいわゆるラッカー系派なので、タミヤという選択肢が増えるのは歓迎です。

意外とグロスの基本色を持っていないので何色か買おうと思ったのですが、まだ売っていないとの事でした…。
お聞きしたタミヤ社員の方も風邪をひいているご様子で、静岡は風邪が流行ってますね…。


Dsc_0955_2
会場発表のシャーマンE8朝鮮戦争仕様(RICE'S RED DEVIL)。
何と研究者によりカラー写真などで新事実が判明したそうで、前面が赤地に悪魔の顔になっとります。
従来は目と口の中のみが赤というのが定説で、かつてのドラゴンモデルの製品もそうでした。
こうやってこれから様々な事実が解明されていくんでしょうね。

他にもゴリアテなどのビックリ新製品もありましたが、さすがにフラフラしてきたので30分ほどで会場を後にし、布団に逆戻り。
ああ、何も買わなかった…。シクシク…。

| | コメント (6)

«DUNKIRK