2021-12-31

New Year's Eve

本年最後の投稿です。

昨年も良くない出来事がいろいろありましたが、コロナ禍は今年1年間の方が生活にさまざまな影響がありました。

コロナ以前の2019年の暮れはどんなだったかなと過去記事を探してみたら、12月の投稿がごっそりありませんでした。とほほ。

当時はこんな世の中になるとは想像していなかっただろうし。来年はどんな年になるんでしょうね。

いい年になると良いなあ。心身が穏やかなら模型も進むかもしれません。

T_p5020168 

↑今年は作り始めて完成まで至ったのは1ZMだけでした.....

 

さて皆さま、今年も「me20の模型工場」をご覧いただきましてありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

| | コメント (4)

2021-12-19

SEMOVENTE M42 da 75/34

タミヤ/イタレリのセモベンテM42 75/34(セモベンテの砲身の長いヤツ)の足回りだけを組んでみました。

最近発売されたイタレリのセモベンテM42の2種類のキットは車体、インテリアや機関室上部など新規パーツが多いものの、足回りは70年代のセモベンテM40 75/18のままです。

キャタピラもいわゆるポリキャタピラ。素材だけは接着・塗装可能に変わり、硬さも昔に比べれば随分柔かいですが...コレ何とかならんかったのかなあ、というのが正直な感想です。

というわけでポリキャタピラはポイして、現在入手が一番簡単そうなタミヤのカーロアルマートのキャタピラ(Xパーツ)がそのまま使えるのか検証してみたのでした。

※タミヤの起動輪/キャタピラはピッチがアレだというのはこの際おいておきます

Img_20211029_222235

板バネパーツのパーティングラインや若干の型ズレがキビシイですが、50年近く前のパーツなので仕方ない。文句を言わずに粛々と処理していきます。画像は処理後で、処理前の写真は撮り忘れました。

ついでに板バネの端が丸められている表現をノミで彫り込みます。5台ぶん行った定番の工作なので慣れてます。

Img_20211123_131832

転輪はテーパーが付いているためモーターツールに噛ませて整形します。また、ボギーを組むと若干上側がすぼまる感じがしたので、プラ板を挟んでいます。

Img_20211203_211411

起動輪も軸を加工してタミヤに替えてみました(ⅹパーツに含まれています)。

キャタピラを巻いてみると、規定数だと画像の通り若干短かく、予備の1リンクを足すと長すぎて誘導輪部分で浮いてしまいます。

上部で弛ませたいところですが、上は一枚ものなので難しく、もう1セット用意して切り貼りすれば可能ですがこれを3セット買うのも....。

最後の1リンクを短く加工して足して誤魔化すのが簡単で現実的ですかね。

MA誌の75/18のニューキットレビューでもタミヤのキャタピラを使っており、その記事では予備の一枚を使えば行ける、と書いてありましたが、起動輪側と誘導輪側に少しずつ逃がしたとしても結構浮いてしまうと思うけどな....。

| | コメント (2)

2021-12-17

CARRO ARMATO P40 【20】

イタレリのカーロアルマートP40の製作再々開、その4回目。またまた大きく間が開きまして、ようやく塗装に入っております。

基本色のグリーンのみを塗った画像を探したんですが、マーダーと一緒の頃に塗って撮ったはずなのに残っていません。

足回りの迷彩をバッチリ塗ってあるのに上側が単色なのが間抜けで面白かったんですけども。まあいいか。

Img_20211122_151735

ハンブロールで迷彩パターンを下描きしています。私の場合これを省略してフリーハンドで描くと、一つづつの縞が大きくなりすぎ雑に見えてしまうので。

「実物はもっと雑」とよく言われますが、セモベンテはともかくP40はかなり細かいパターンの物もあります。

迷彩が目立たなくなる程リアルなウェザリングを施せばよいのでしょうが、私はアート方面のセンスがない(笑)ので、細かく丁寧に塗ってアピールするしかないというわけで。

Img_20211211_163550

エアブラシで茶色の部分を簡単に塗りつぶします。これから黄色の帯を筆で下描きするので、アタリ程度に塗っています。

この迷彩は、キットの冊子にあるような「大きな茶と緑の縞が黄色の帯で細かく区切られている」ではなく「黄色帯で縁取られた茶と緑の小さな縞が交互になっている」のがキモであると私は思っているので、面倒でも上記の方法で塗っています。

※個人の感想なので正解ではないです、冊子の方法のほうが簡単で、たぶん見かけも大して変わりません。

感じ方は人それぞれなので言葉で表そうとすると難しいですね。この迷彩を塗るのがこれで5個目なので多少は見られるようにしたいものです。

| | コメント (2)

2021-12-15

MARDER Ⅰ(TAMIYA 1/35) ⑤

「TAMIYAフェス」参加作品 マーダー1 その5。

前回の投稿からなんと2か月半ほど経ってしまいました。すみません。

マーダー1の作業は10月半ばの状態で止まっております。

冬季迷彩も「ふざけたパターン」にするとか言ってたくせに、ごくありふれたエアブラシでモヤモヤ模様を描いてみたよ、の仕上がりになってしまいました。

Img_20211016_143533

最初は「パテを伸ばしてふりかけて偶然にできる自分が意図しないパターン」でマスキングしようと思っていたのでした。

ところが珍しく事前にテストしてみたところ全く上手くいかず、急に面倒になりフリーハンドでモヤモヤに塗ってしまったというわけです。

もともと、こういうテキトーな塗り方も楽しいよ!などと掲示板を賑わせるために考えた方法なので、そこに拘る必要がなくなったのもあります。

あとは細部を塗り分けてウェザリングして組み立てれば完成なのですが、他のことを始めてしまったので、完成もいつになるやらですね....。

| | コメント (0)

2021-09-28

MARDER Ⅰ(TAMIYA 1/35) ④

「TAMIYAフェス」参加作品 マーダー1 その4。

塗装を終え履帯を巻いた足回りを丁寧にマスキングしてから、戦闘室の装甲板を一旦テープで仮組みしてみます。

2021092219010300

だから何だという画像ですが、こんなふうにのんびりと進めていますということで。

最近のタミヤAFVは超々お手軽に組めるよ!というアピールを私がする必要はないので、時間を掛けてストレート組みしていきます。

2021092518494500

仮組みの状態で戦闘室の内側を塗ってから、再度ばらして塗り残した箇所を吹きます。

見えないところまできっちり塗りつつ接着面を残すのが目的ですが、完全に組んでから塗っても大した違いはないし見えないところは所詮見えないので、特に意味はありません(なぜやるのか.....)。

2021092615062700

戦闘室の装甲板を接着し、ようやく組んでいないパーツはこれだけになりました。

この状態でふざけた冬季迷彩を塗ろうと思います。さてどうなるかな。

| | コメント (2)

2021-09-15

MARDER Ⅰ(TAMIYA 1/35) ③

「TAMIYAフェス」参加作品 マーダー1 その3。

タミヤフェスは中止になりましたが、製作は粛々と進めていきます。

 

さて、塗装済みの足回りを組み、履帯をいわゆる「C組み」で組立て、塗装後に再度巻き付けました。

Img_20210911_214946

この画像は少し前で、現在は戦闘室装甲板と砲以外は接着出来ています。

自己流でふざけて組んでいるため、本来はパチピタのはずなのに親切なダボが邪魔して合わなくなったりして、使う必要のない頭を使いました。

小ネタとしては左右のポジションライト?全体をグロスの白で塗り、ガード以外のライト部分をマスキングしています。

 

毎回一枚、開き状態の写真でストレート組みなりに面白く過程を紹介するつもりでしたが、今後はグダグダになりそうです......。

| | コメント (2)

2021-09-06

MARDER Ⅰ(TAMIYA 1/35) ②

住友たかひろさん主催の「TAMIYAフェス」参加作品その2。

あまり間を開けるのもよくないなーと思い前回から今日までの様子をお伝えしようと思ったのですが、ストレート組みをテーマにしているのであまり良い絵がありません。

取りあえず最新の画像を一枚だけ。

Ehulxfucam899f

サスペンション類はすべて基本塗装してから組みます。

いつも通り、組んでから塗っても大して塗り残しは起こりません。こういう気分だっただけで、特に意味はないです。

塗料はGSIクレオスの515番、退色したジャーマングレイ。ゴム部分はタミヤのラバーブラック。

パーツの接着シロはテープとゾルでマスキング。転輪のゴム部分はテンプレートでマスク塗装しています。

これらのパーツを組んでからキャタピラを組み、塗り、巻き付けてから「接着するだけ」にしてある上部の構造物をパタパタと組みます。

| | コメント (4)

2021-08-22

MARDER Ⅰ(TAMIYA 1/35) ①

住友たかひろさん主催の「TAMIYAフェス」に参加しています。期間は8月1日から大晦日まで。

タミヤの新製品、4号戦車G型の発売を記念したネットコンペですが、ドイツ戦車に疎い私には有難いことに敷居が低くて、タミヤAFVなら何でもOKです。

個人的にはこの機会に挑戦したいキットも無くはなかったのですが.....それでもあまり古い製品もなあ、と思い在庫で一番新しい、昨年発売のマーダーⅠをチョイスしました。

35370_p1

マーダーⅠは十数年前にRPMのキットを組んでおり、RPMベースとしては「やり切った」のでもう良いかな、という思いがありました。

それでも購入した動機はかば◎さんと同じく、ロレーヌ牽引車に先祖返り出来ないかなという一点でした(笑)が、箱を開けて数分パーツを眺めて諦めました。これはたぶんRPMのロレーヌ37Ⅼ(絶版)ベースにタミヤの足回りパーツなどを組込んだ方が早いです、やりませんけど。

というわけで長々とマーダーⅠを選んだ理由を述べましたが、特にああしたい!こうしたい!という事も無いのでストレートに組みます。

 

さて、スタートから20日ほど経った状態がこちらです。

足回りのパーツは写っていません。各パートをバラバラのまま組んで、塗ってから全体を接着組立てしようと思っています。

特に意味はないです。

E9ssswsvcaahvf5 

たった一枚の写真ですみません。これまでに3枚写真を撮ったのですが、絵面に変化がなくあまりにも地味だったためボツにしました。

ストレート組み。模型におけるストレートとは何なのかを自分に問いながら組んでおります。

| | コメント (2)

2021-07-24

ギャラリーのお知らせ ※追記あり

何年か前のココログの仕様変更でアルバムがおかしくなって以来(タイトルが表示されないなど)、ギャラリーの更新はやめていましたが、手を入れずにそのまま残して置くのもなあ、と思い、ここ最近の完成品画像をアップしました。いやー時間掛かったー。

途中画像や細かな説明文は省略しています。見る立場としてはあった方が有難いんですけどね。それはまたいつか(いつなんだ)。

T_dsc02073

宜しければご覧になってください。

 

追記※タイトルが表示されなかったり、掲載順がバラバラになってしまう件は解決しました。私の理解不足でした、ココログさんすみません。

更新後は新しい作品が上に来るようにし、今まではブログに掲載した順だったりした90年代の過去作品もすべて年代順に並べ直しました。

見てもらいたい順にタイトルに番号も振りました。よろしくお願い致します。

| | コメント (5)

2021-07-10

CARRO ARMATO P40 【19】

イタレリのカーロアルマートP40の製作再々開、その3回目。少し間が開きましたが、工作はほぼ完了しました。

E5bqrpmvoaohgvm

迷彩塗装の邪魔になりそうなものは外した状態で塗っていくので、工作の方は「ほぼ完了」になるんですね。

ぜんぶ並べて工作いちおう終了の記念撮影をしてみたんですが、後で見たらいろいろ忘れていたので追加で撮りました。

E5cbi3dvoamsfw

ブラチモデルのキャタピラも随分前に組んで洗浄して、乾かしたままにしていたので存在を忘れていました...。

E491o8bvuamwbgd

マフラーカバーは付属のhauler製PEを丸めるよう指示があるのですが、何故か真ん中で厚みが異なり(半分薄すぎてペラペラ、半分厚すぎて曲がらない)どうやっても折曲がりの跡が付いてしまうため、アルミ板で作り直しました。

E5az6pmvgaq9g9d

同じくキット付属PEのジェリカンラック。上の画像の十字を折り曲げるだけなのですが、タミヤとイタレリの組み説を見比べたところ、折り曲げ方向が一部異なっています。折り畳んで重なる部分がタミヤだと後ろ側になり、イタレリだと内側になります。

そもそもこのパーツ自体がかなり簡単な作りで、どう曲げても実物の構造にあまり似てない上に車体にはイモ付けの指示なのですが、少なくともタミヤの曲げ方だと車体への取付け部品(上下に白プラ材で追加した部分)が付けられません。

E4138uruyaidure

履帯調整工具は上半分がタミヤのカーロアルマートより、下のフック部分はプラ材削り出し(タミヤのパーツの下半分はただのコの字になってしまっている)。フェンダー上の固定具も現存車輌の写真から推測して簡単に再現してみました。

ドイツ戦車やシャーマンだとこの辺はもう3Dプリントのパーツが出てますよね。まあ、そんなふうに誰も来ないので私なんかが作れてるんですけども。

 

さて、これから塗装なんですが今日の静岡は気温36度で、もう本格的な夏ですよ。わたし、夏は塗装しません(きっぱり)。だって暑いもん。

秋ごろには塗れるといいな...、と思いつつ今日、住友さんのタミヤコンに応募してしまいました。8月スタートです。これについては次回に。

| | コメント (2)

2021-06-15

CARRO ARMATO P40 【18】

イタレリのカーロアルマートP40の製作再々開、その2回目(判りにくい)。

3年前に再開したもののたった一回で挫折した苦い経験を乗り越えることが出来ました。いえまだ2回で挫折するかもですが。

Img_20210614_130213

前回の最後の写真と同じじゃん!と思われるかも知れませんが、地味に面倒な「乗っかった戦闘室にフェンダーが貼りついてますよ」の表現を済ませました。

あと、見えにくいですが排気グリルの後ろ端が短すぎて上のボルトに対して下のナットを表現する幅が無かったため、少し延長しています。

Img_20210613_151319

車体に目途がついたのでフェンダーに乗るものなどを組んでいきます。

7年前、箱の類は抜きテーパーが付いているので全て正確な寸法を割り出して作り直すつもりでしたが、また止まりそうな気がするのでキットのパーツを修正して使います。

横長の二つは車体の後ろ左右に並びます。手前左は恐らく煙幕発生装置で下から上に開くのですが、上に蓋のモールドがあるなど問題が隠れているので調べつつ進めます。

まだまだ先は長いな...。

| | コメント (2)

2021-06-07

CARRO ARMATO P40 【17】

イタレリのカーロアルマートP40の製作を再開します。

7年前の2014年に製作を中断し、3年前の2018年に再開しますと宣言したものの、一回限りでまた中断していました。今度こそ再開します。するって言ったらするんだから。

どこまで出来ていたのかが気になるという奇特な方は、↑のリンク先かサイドバーのカテゴリー「Italian tanks」をご覧ください。

Img_20210512_150700

3年前に車体下部の迷彩の黄色部分をざざっと塗ってそのまま中断していたのですが、なぜ中断していたのかと言えばマスキングしながら仕上げの塗装をするのがめんどくさかったからです。

ビフォー写真は並べませんが、↑こちらがアフターです。いざ始めてみれば2~3日で出来ちゃいました。そんなもんですね。

7年前に使った塗料が何か分からなくなってしまったので、結局全て塗り直しになりました。1色、1か所づつパンツァーパテで覆って吹き付けしています。

Img_20210512_212816

今更ですが紹介しますとリーフ式サスペンションと起動輪、履帯はブラチモデルのレジンパーツです。

履帯は、嵌めにくい且つ外れてほしくない時にぽろぽろ外れてしまう(あるある)クリッカブル。長さは片側94枚でした。

ブラチのサスペンションは見栄えは確かに良いですけど、中途半端に可動なので向きや水平がガタガタになりやすいです。

キットのものに手を入れて、履帯はフリウルにするのが良かったかも。イタレリの起動輪は出来が良いので、ピッチさえ合えばそのままでも問題ありません。

Img_20210515_075307

車体下部の塗装が済んだのでサイドスカートを取り付けます。先にこれを付けると足回りの迷彩が極端に塗りにくくなるので(経験済み)この工程にしたのですが、結果として7年間寝かすことになりました…。

機関室上部はポリパテを塗っただけだったのでサンディング、スジ彫りしてマスタークラブのリベットを打ち直しています。

Img_20210516_155120

そしてようやく戦闘室が接着できたので、砲塔も載せて記念撮影。

面倒な工程や塗装を挟んだりすると作業が止まりがちですが、今度こそは年内にかんせ...いえ、まずは謙虚に次の記事のアップを目指します..。

| | コメント (4)

«Lancia 1ZM (Criel Model 1/35)【完成】