« Deutsches Museum | トップページ | カウントダウンSHS »

2005-04-26

デパートの模型売り場

ドイツ博物館の話の続き。
軍艦(さすがに模型が主)、軍用機などの収蔵品はあるのですが、陸軍兵器関係はMe262を引張っていたケッテンクラ-トしか見当たりませんでした。

やはりナチスのイメージと結び付きやすいのでしょうか。そう言えば模型店を探さない代わりに、ミュンヘン中心街に在るデパートの玩具売り場(の模型コーナー)をチェックしたのですが、ドイツレベルの軍艦、軍用機のキットは有ったものの、戦車はありませんでした。
そこは鉄道模型、ラジコン、ペーパークラフト(驚くほどの種類。ものすごい大判だったので買って帰れず)など、ちょっとしたホビーショップほどのスペースなのにも関らずどこにも戦車が見当たらないので、国内では人気が無いのかなあ、程度に思っていたのですが、宿泊先近くのPasingという小さな駅の構内の雑誌売り場(八畳くらい)を覗いてみたら、何とTankogradや、スチールマスターがいっぱい置いてあるじゃ有りませんか。その他第二次大戦史を扱った雑誌もかなりの数が発行されています。私の買った模型雑誌「KIT」も、なかなか充実したミリタリー特集号でした。海外に詳しい方には常識かもしれませんが、書店にはハードカバーの小説、写真集、絵本などしかなく、雑誌(殆どが大人向け)は雑貨店か、交通機関のこの様な店にしか売っていないようです。
ミリタリーへの興味及びミリタリー模型は大人のもので、玩具売り場に置いて子供の目に触れさせてはいけないのでしょうか?さわりを見ただけの私には、ちょっと良く分かりませんね。

|

« Deutsches Museum | トップページ | カウントダウンSHS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デパートの模型売り場:

« Deutsches Museum | トップページ | カウントダウンSHS »