« BRASIL | トップページ | TRUMPETERのKV-1 »

2005-06-23

模型クラブ

以前も書きましたが、私の所属している模型クラブ「AFVモデラーズクラブ・ランナーズ」はショップをホームベースとして15年前に結成以来、5名のメンバーは全く変わらず、現在に至っています。

当時はバリバリと模型を製作していた各メンバーも、年齢を重ねるとともにペースがガクッと落ちているのが現在のクラブとしての悩みです(とは言え五月のクラブ合同展にしか参加しないので、それほど深刻な事ではないですが)。

模型クラブには幾つか種類があり、広く門戸を開放して会員を募り、技術や情報の交換を頻繁に行い、他クラブや有名モデラーと交流し、展示会やコンペを主催または積極参加したり、HPを運営してネット上の活動を盛んに行なうクラブがあれば、ウチの様にメンバーを増やさない、イベントに参加しない、PCに詳しい人ばかり(←私を除く)なのに極端な非ネットの、言うなれば閉じているクラブもあります。

他クラブには見習うべき部分も多くありますが、失礼ながらこのところの某クラブの様子を見ていると、余り門戸を開いて人数を多くすると、軋轢が生まれてしまうのかなあ、とも感じます(余計なお世話ですが)。楽しそうな大人の集まりだと思っていたので残念です。

結果的に考えてみると、我がクラブがメンバーを増やさず、クラブ合同展の参加のみに活動を絞ったのは正解だったのでは。人間関係のストレスを感じてまで、趣味の世界を広げる必要は無いし、複数の作品展をこなすのは作品数的にも、気力的にも無理なので(きっぱり)。背伸びをすれば、疲れて長続きしないですし。

マンネリであろうと、閉じていようと、人の口の端に上らなくても、15年以上も同じメンバーで、トラブルも無く、クラブを続けて来たという事実だけは、誇って良いのではないでしょうか。

「会費なし、会則なし、ノルマなし」  覚えてますか、メンバーの皆さん。この所、ノルマが無かったのが響いています。少しは作りましょうね。・・・あ、約一名は、手が使えるようになってから。


|

« BRASIL | トップページ | TRUMPETERのKV-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/4679832

この記事へのトラックバック一覧です: 模型クラブ:

« BRASIL | トップページ | TRUMPETERのKV-1 »