« KV3台、その後 | トップページ | 日曜日の作業日誌 14 »

2005-07-30

トラペKVって。

今日は土曜日ですが出勤。周りがお休みモードなので、渋滞が多く、仕事が捗りませんでした。

夕方、カミさんから「仕事が終わったら花火大会に送って行って」との指令が下りました。今日は、市内の安倍川で行なわれる花火大会の日です(私は見ない人で、アッシー君ですが)・・。明日は、息子の吹奏楽部の大会を観に行く約束をしているので、この週末は模型が捗りそうにありません(とほほ)。

 さ て
既に様々なサイトで語り尽くされているとは思いますが、昨日トラペのKVを触っていて、改めて感じました。
1つの模型会社が、同じ戦車の模型を6(7?)タイプ、数ヶ月の間に次々リリースすると言う事実の凄さ、それが出来る(だろう)メーカーの末恐ろしさ。

従来のメーカーならば(KVなら)、3~4タイプを数年間でキット化する位が普通でしょう。それに私の記憶では、戦車型のみで六つのバリエーションが有るインジェクションキットなど、今まで無かったのでは(Ⅳ号?シャーマン?どこかのメーカーで有ったかな)。
パターンの違う転輪や、微妙に幅の違うフェンダーなどの部品を比べて見ていると、嬉しい反面、一体今後、このメーカーは何処までやるんだろう、と考えてしまいます(←考えてばかり)。手掛けて欲しいアイテムは幾つも有りますが、これ以上インパクトの有るモノ(シリーズ)が出せますかね・・。

今回のKVの品質がトラペの奇跡なのか、それともこれがスタートで、より高い品質に変化していくのかは、次回作のLAB-25で占ってみましょうかね。何しろ、以前JS-3M(タミヤJS-3の酷いP子品)でかなりガッカリさせられてるので、ここに至っても今一つ信用出来無いのですよ。ピラニアは、自分の興味としては微妙ですが、他キットを精密に計測したような出来ではちょっと・・。

|

« KV3台、その後 | トップページ | 日曜日の作業日誌 14 »

コメント

ええと、Ⅳ号の場合は実車がA~Jまで10種、キットに恵まれなかった初期型が
半分くらいなので、まず1社で6種と言うのは無いですね。
正直、シャーマンは判りません、細かい分類をすれば実車で約30種ほど有りますし、
そう言えばタミヤでも6種ぐらいは出ていましたっけね(←調べろや)。
と言っても20年くらいの間の話だし、今回のトラペの発売スピードの異常さとは
比べられませんね。

投稿: me20 | 2005-07-31 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/5232817

この記事へのトラックバック一覧です: トラペKVって。:

« KV3台、その後 | トップページ | 日曜日の作業日誌 14 »