« 台風一過。 | トップページ | トラペKVって。 »

2005-07-29

KV3台、その後

いよいよやってきた本格的な暑さの為に、KV祭りの勢いもグダグダになってきました。
ここが踏ん張り所。諦めてはおしまいなので、細かい作業を後回しにして、今日は転輪やキャタピラなどのルーチンワークをこなしました。いや~、簡単でとても嬉しい。

もっと早く作業が進む予定でいたのですが、暑さと、この戦車シリーズの難しさで、製作中に長考に入る事もしばしばです。まあ、本当は何も考える必要無く、直ぐに出来てしまう良いキットなのですが・・。

ほぼ手放しで褒めてきたトラペのKVですが、余り気にならないレベルとは言え、車体前面と、前面の傾斜部分、後端の両側が軽くヒケています。パーツで隠れる場合も有りますが、こういうのは気になるのでパテで埋めておきました。まあ、儀式みたいなものです。
また、先日も書きましたが、車体パーツにターレットを含めた前上部を接着する際に両側に隙間が出来るので、裏側の噛み合わせの部分を削り、合いを甘くして対処しました。同じ理由で、機関室上部パーツのガイドピンは削って接着しています。・・今のところ、これくらいしかケチの付け所がありません。EECのことを考えれば、無いも同然ですね。

ディティールに於いては、セータ☆氏の考証系サイト[GIZMOLOGIC CAFE]のBBSで氏が手際良く纏めておられる、製作上のポイントを参考にさせて頂きましたが、一応大人のモデラーとしては、自分でも手持ちの資料や、ネットで調べてみるのが礼儀と言う物です。と言っても、私が判断出来るのは、溶接跡の形状などですが・・。
アフターパーツは使わずに(でも砲身は換えたい・・)、サクッと完成させたいですね。

既にお気づきの方も居られると思いますが、当初タミャの2台を含めた5台で作る積もりでした。然し、左右分割のタミャC型の砲塔を合わせて見たら、接着面がガビガビ。再販を重ねた後の製品ではありますが、かなり昔の美しい記憶と違う、・・でショックを受け、そのままB型と一緒に棚へと戻って行きましたとさ(←あ~、長い言い訳)。

|

« 台風一過。 | トップページ | トラペKVって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KV3台、その後:

« 台風一過。 | トップページ | トラペKVって。 »