« 模型 お休み。 | トップページ | 日曜日の作業日誌 15 »

2005-08-06

暑い中で作業。

広島に原子爆弾が投下されて、今日で60年目です。
私が子供の頃、家にあった雑誌に『ヒロシマから四半世紀』と言う特集があったのを覚えています。思い出してみると、確か「まだまだ戦争、核の爪あとが大きく残っているものの、時間が経ち記憶の風化も問題になっている」、と言う内容だったと思います。
それから35年も経ちましたが、このテーマは、何か解決し、進歩したのでしょうか。相変わらず近隣でも核が問題に成っていますしね。

  さ  て
午前中から暑い中、KVの鋳造砲塔を弄ってみました。

①鋳造肌の部分をリューター(プロクソン・ミニルーター)に極小のビット※を取り付けてざっと荒らす
②ハンブロールのリキッドポリ接着剤を小面積に塗って歯ブラシ※で叩く→繰り返し
③キットの砲塔パーツの接合部に伸ばしランナーを貼り付け、接着剤で柔らかくし、ニードルで跡を付ける
④後部の湯口跡をエポキシパテで強調する

取敢えず今日はここまで。以後は、
⑤歯ブラシで叩いたままだとやり過ぎなので、ペーパーで大人しくさせる
⑥もう一度リューターで部分的に荒らした後、スチールウール※で様子を見ながら撫でる、の予定です。

※極小のビット・・師範の『悪い例』のようなやり方で無く、丹念に、まじめに行なう。
※歯ブラシ・・旅館のノベルティーの、普通に使えそうも無いヤツがgood。
※スチールウール・・台所用(爆)でなく、一番目の細かい工業用。

「タミヤパテの方が効果的で楽でしょ?」と言われそうですが、あれって、Mrカラー派の私にはいまひとつ信用が置けないんですね。あと、塗装前の姿が気に入らなくて気持ちが萎えるんですね、パテで覆っちゃうと(←自分だけ?)。

|

« 模型 お休み。 | トップページ | 日曜日の作業日誌 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑い中で作業。:

« 模型 お休み。 | トップページ | 日曜日の作業日誌 15 »