« 日曜日の作業日誌 17 | トップページ | 三歩進んで・・・。 »

2005-08-29

まだやってますよ(半泣)。

昨日と今日、KV製作の続きをちょっとだけ(まだやっているのかと)。

面倒くさそうで後回しにしていた、鋳造砲塔型のフェンダーの前後にある、パーティングラインを処理。
一見モールドかと思うほど堂々としたラインなので、パテ埋め後、ペーパー掛け。
失われた極小リベットは、ビーディングツールの3番で打ち抜いたプラ版で再現。少し大き過ぎるのですが、これ以上小さいと、目が付いていきません。

砲塔後部、機銃架取り付けの円形の凹みが大き過ぎるような気がしたので小型化。一度きれいに施した鋳造肌が後ろだけ消えてしまいました。やり直さなければ・・・。
ベンチレーターのスリットが大き過ぎるような。タイプが違うとの記述も有りました。これも直すか・・。

そんなこんなで、ぜんぜん目立たない場所をちまちま処理しては、貴重な時間を浪費しています。
一体、KV-2まで完成出来るのはいつになるんでしょうか・・(ちょっとブルー)。
     
      *   *   *   *

イタレリのAB41のレビューが複数のサイトでアップされています。
それによると、砲塔の尖頭リベットが小さ過ぎ、または潰れているそうです。写真を見ると、斜めの装甲板のリベットも抜きの関係で形が流れてしまっています。

昔、『リベット星から来たリベット星人』を名乗って(コリン星じゃ・・)居たワタクシは、こういうのを見ると燃えるんですよね~。恐らくカステンの一番小さい尖頭リベットでも大き過ぎるので、他のイタリア戦車のリベットを削ぎ取るか、キットのちゃんとしたリベットを複製して再現するのが良いでしょうね。装甲板の合わせが悪い部分は、一旦リベットをきれいに削いで、成形後に再接着・・・・・・・(以下、妄想は果てしなく続く)。

|

« 日曜日の作業日誌 17 | トップページ | 三歩進んで・・・。 »

コメント

リベットといえば,仙波堂さんのページなどでも紹介されている「キャリバー35」製のレジン製リベットが店頭で見たところなかなか良さげでした。
特に0.5とか0.7なんかは,例えばルノーUEのリベットを全て植え替える場合などに重宝しそうです。書いてるだけで目がショボショボしますが…。

投稿: セータ☆ | 2005-09-01 23:20

セータ☆さま

キャリバー35のリベットは、とても気になっていました。
今まで打ち抜き系のリベット製作工具で、模型屋に流通する物は殆んど購入していましたが、出来て売っている物は高価で、買ったことがありませんでした。
でもこれは、350本入っているとのことなので、一度買って小さい車輌で試してみる価値はありそうです(←いつ使うのかと)。

ミラージュのルノーUEは沢山持っていますが(笑)このキットのリベット打ち直しをする場合の一番の障害は、白い成形色ですね。T-38もそうでしたが、本当に、じっと見ていると目が痛くなります。

投稿: me20 | 2005-09-02 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだやってますよ(半泣)。:

« 日曜日の作業日誌 17 | トップページ | 三歩進んで・・・。 »