« 反省の続き。 | トップページ | 進みません。 »

2005-08-22

トラペのKVって。その2

巨大掲示板にて、『トラペのKVの上部転輪は、間隔が実車と違う』と言う記述を発見。
概出だったのでしょうか?でも、自分の見た目では、全く分かりません。
間隔の違いが2.5対1.5だったり、見るからに後ろ下がりだったら直ぐに分かりますが、こんな僅かな違いが良く分かるなあ、と感心しながら(KV者ならば既に知っている事なのかも知れませんが)、一応調べてみました。

手持ちの資料の中で新しく、信用できるのはTankograd-Soviet Special KV-2の四面図しか有りません。スケールは、1/35です。芯⇔芯で測ってみました。
第一転輪⇔第二転輪・・・・53mm
第二転輪⇔第三転輪・・・・50mm 
        TOTAL・・・・103mm

トランペッターのキットの場合。同じく芯⇔芯で測りました。
第一転輪⇔第二転輪・・・・51.5mm
第二転輪⇔第三転輪・・・・51.5mm 
        TOTAL・・・・103mm

30年も前のキットですが、タミヤのKVも調べました。
第一転輪⇔第二転輪・・・・54mm
第二転輪⇔第三転輪・・・・49mm 
        TOTAL・・・・103mm

本当に僅かですが、トラペのキットは第二転輪が前過ぎるようです。キャタピラ一枚の長さは約5mmなので、1.5~2ミリ程ずらすと、垂れ下がりが再現してある組み立てキャタピラが使えなくなるかどうかは、組んで見なければわかりませんが・・。

ただ、この事で『やっぱりトラペだなあ、落とし穴が有ったよ』とこんなに素晴らしい、ロシア戦車好きにとって夢のようなキットを全否定してしまうようでは、良い大人のモデラーとは言えません(きっぱり)。私は2台はキットのままに組みます。・・やや遅れているKV-2にはフリウルを奢る予定なので、1台だけはこの部分を直してみようかな(お小遣いが無いので・・って言うかやっぱ直すんじゃん←静岡弁?)。

|

« 反省の続き。 | トップページ | 進みません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラペのKVって。その2:

« 反省の続き。 | トップページ | 進みません。 »