« KV-2砲身って。 | トップページ | 砲身放心状態 »

2005-09-08

ツカレテ模型オヤスミ(言い訳)。

今日は、台風一過でとても暑い一日でしたが、こういう日に限って屋外で納品業務(自分で決めたので誰にも文句は言えませんが)。日焼けしてしまい顔が酔っ払いの小父さんのようです。
仕事先は川根町の家山という山の中の町で、観光用のSLが日に数回走る大井川鉄道の沿線です。家山駅は、度々映画やドラマ、CMなどの「昭和初期~中期の駅、または思い出の田舎の駅」に登場しているので、どなたも一度は目にしている筈です。

     *で、話題チェンジ*

昨日、ショップからの帰り道にはタ○ヤ本社の前を通ると書きましたが、以前地元紙に「タミ○本社に模型販売コーナーを併設」と言う記事が載っていたのを思い出しました。
工場を見学した人たちから「模型をお土産に買いたいので売って欲しい」と言う意見が多かったからだそうですが、そんな人を相手に、会社の営業日(4時まで)だけでどれだけ売り上げがあるのか疑問です(余計なお世話ですが)。ショップが目と鼻の先に有るのですけれどね。
でもブログのネタに、一度ここに行ってみたいですね。一見の客なので、塗料を一本買って帰ろうかな。
「KV-2の初期型はまだ発売していませんか?」と聞いてみたりして(嫌がらせ)。

こちらのギャラリーにはSHS開催の度に行かれる方も多いと思いますが、ほぼ毎日のように前を通っている私は、余り入った事がありません(得てしてそんなモノですが)。最後に行ったのは、10年以上前にどうしても急ぎで欲しいパーツを直接買いに行った時でした。受付のおねえさんに、にっこりと笑顔で「この次は、必ず電話してから来てくださいね~(いきなり来るんじゃねえよこのドシロウトが!←意訳)」と言われた事を覚えています。

|

« KV-2砲身って。 | トップページ | 砲身放心状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/5851464

この記事へのトラックバック一覧です: ツカレテ模型オヤスミ(言い訳)。:

« KV-2砲身って。 | トップページ | 砲身放心状態 »