« 日曜日の作業日誌 19  | トップページ | 余計なことを。 »

2005-09-19

miniarm KV-1キャタピラ

息子が中学の吹奏楽部で演奏デビュー(trb)すると言うので、昼前に学区の敬老会に出掛けました。
3年生は夏で引退しているので、よれよれの演奏を覚悟していましたが、然程でも無く一安心。ただお年寄り相手なので、懐メロばかりなのがちょっと・・。


以前よりショップに注文してあったminiarmのKV-1キャタピラ(B35019)を土曜日に購入したので、片側だけですが組み立ててみました。

嵌め込み組み立て式の可動レジンキャタピラのキモは、①に成型状態、②に軸の強度だと考えます。
数少ない経験ではありますが、以前組み立てたWWⅡプロダクションのパーシング用と比較してみますと。

①について・・WWⅡはとにかく埋まってしまっていた穴の掘り起しが大変で、時間が掛かりました。但しモールド自体はシャープ。
miniarmは組み立てながら、ゲートの跡を少し処理するだけでOK。勿論モールドも良好。

②について・・WWⅡは下拵えさえ終わってしまえば、全くコツ要らずで何処でも組み立てられます。また、数回付け外しても軸が破損する事はありませんでした。少し緩めですが、動きもスムース。
一方miniarmは、組み立てには気を使いました。嵌め込む時に軸を折ってしまうケース(慣れれば大丈夫かも)があり、その場合は軸部分の加工が必要になります。また一旦組んだ後で外すと軸が減ってしまい、外れやすくなります。嵌りが少しキツく、動きはいまひとつです。
この違いは、材質に因るのかも知れません。WWⅡは柔らかく、miniarmの方が少し硬い感じがします。

一長一短ありますが、手間さえ掛ければ満足の行く仕上がりに成るのだけは間違いありません。

|

« 日曜日の作業日誌 19  | トップページ | 余計なことを。 »

コメント

最近のトラックバックが気になります。

投稿: hi-jagt38t | 2005-09-21 20:24

>hi-jagd38tさん

あらら。早速削除致しました。
済みません、ここ数日体調が悪くて
(思いっきり早く寝てしまうので)
管理出来てませんでした。有難う御座いました。

こう言うトラックバックって大概、ライ○ドアから来ますねw


投稿: me20 | 2005-09-21 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6019589

この記事へのトラックバック一覧です: miniarm KV-1キャタピラ:

« 日曜日の作業日誌 19  | トップページ | 余計なことを。 »