« 土曜日の作業日誌 10/15 | トップページ | 溶接砲塔型の工作完了 »

2005-10-16

日曜日の作業日誌 22

昨日のフリウルキャタピラショックを引きずって、休日の朝からいろいろ考えてしまいました。

① 確かフリウルのキャタピラは、ピンを差し込む穴は車体内側に向いて、良く見える外側にはボルトのモールドが有るのが通常の筈。あれ、もしかして自分が勘違いしてるだけなのかな・・(←自信無さすぎ)。
② どこかに両方左側の製品が売ってないかなあ・・(←あるわけない)。
③ ええと、車体側のボルトのモールドを削って平らにして、外側にプラ板をボルト型に打ち抜いたのを一つ一つ高粘度瞬着で貼り付けて・・(←考えただけで挫折。ここで頑張る意味を見出せないよう)。
④ ○ミヤさんに「あのー、両方右側の組み立て済みキャタピラが入ってたんですけど」と言って取り替えて貰う(←ウソはいかんよウソは)。

まあ、ショックとか言ってますが、ブログのネタになって結構おいしいかなと(オトナの結論)。
昨日の清水の試合結果(清水0-5大分)に比べれば、全く問題になりませんね。
試合を見ていないので(見たくも無い)はっきり言えませんが、2試合で9失点、DF崩壊は深刻です。
残りのカードを考えると、いよいよJ2行きが現実味を帯びてきましたね・・。

|

« 土曜日の作業日誌 10/15 | トップページ | 溶接砲塔型の工作完了 »

コメント

私の購入したパンター用フリウルキャタも同一の方向のものしか入っておりませんでした。 その件を仙波堂の店主氏にお伺いしてみると、Ⅳ号用などの数機種は左右用があるそうですが、それ以外のラインナップは同一方向しかないとのこと。 もしかしたらKV用も同一方向しかないのかもしれませんね。(確証はありませんけど:笑)

投稿: ガニャン@AMOS☆Tokyo | 2005-10-16 13:21

フリウルのKV用は,内袋こそ2つに分かれてますが内容は一緒ですね。ピン差し込み穴は,片側は外側に向いてしまいます。
連結には付属の針金が最も適してると思うんですが,径が細いのでピン差し込み穴と隙間が空くのが気になるといえば気になる部分ですねー。

投稿: セータ☆ | 2005-10-16 14:35

おお、これはだいひょ~様ではありませんか、
田舎のひなびたblogへようこそ!

>同一の方向のものしか
そうですね、私も虹天さんに確認してみますが、手持ちのゴミのように小さいT26用には右左が有るのですよ。それしか持ってないので私にも確証は無いですけど(笑)。もしかしたら、古い製品は同一なのかも知れません。

先日から、"ganyan's note"に『まるで模型ブログのようですね』という突っ込みを入れたくてウズウズしていました。キャタピラ発掘(←違)頑張ってください。
改めてまたお邪魔致しますので、宜しくお願い致します。

投稿: me20 | 2005-10-16 15:03

>セータ☆さん
情報有難うございます。そうでしたか、『初めからこう言う製品だった』という結論は、①に近かったですね。しかしそれならば『両方左側』の方が向きとしては有難かったのですが・・(←拘り過ぎ)。

フリウルKV用は確か若い製品番号でしたから、初期の製品は右左が無かったのでしょうね。MPの砲身もそうですが、出始めの製品は注意が必要かもです。

投稿: me20 | 2005-10-16 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6421519

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の作業日誌 22:

« 土曜日の作業日誌 10/15 | トップページ | 溶接砲塔型の工作完了 »