« 日曜日の作業日誌 22 | トップページ | AMR33のデカール。 »

2005-10-16

溶接砲塔型の工作完了

今朝の記事にコメントを頂いたお陰でフリウルKVキャタピラの疑問も晴れ、午後はすっきりした気分(外はずっと雨ですが・・)でリメイク作品の塗装を開始しました。

今日はアドラー装甲車の車体に、テレピンで薄めた油絵の具のアンバーを塗りましたが、一見して「塗った」と判るようではダメだし、かといって薄すぎると何時までも色が付かないし・・でこの方法は結構面倒くさいです。
しかも次の色を塗る時に濁らないように、何日か乾燥させなければなりません。AMR33はデカールを貼っていなかったので後回しです。今夜、アルコールが残っていなければできるかも(←飲まなきゃ良いのでは)。
写真は、もう少し進んでからにします。塗装編に入ると、急に模型blogらしくなるので不思議ですね。


nitiyoubi01_001と言う訳で溶接砲塔型の工作完了写真です。砲身はファインモールド、キャタピラは問題のフリウル。それ以外はご覧の通り、プラ成型色のままです。ある意味、ここで紹介するような写真ではありません・・。
工作は先日の鋳造砲塔型と同じ。装甲板の表面は、リューター+極小ビットで、よく見ないと判らない程度に荒らしてあります。
 nitiyoubi01_003
・・・あ、機銃付けるの忘れた

|

« 日曜日の作業日誌 22 | トップページ | AMR33のデカール。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6424991

この記事へのトラックバック一覧です: 溶接砲塔型の工作完了:

« 日曜日の作業日誌 22 | トップページ | AMR33のデカール。 »