« 今月のAM誌 11月号 | トップページ | 富士山 »

2005-10-13

M40 75/18の作例を探す。

昨日書いた『北アフリカ戦線と言えば・・』で、肝心なイタリア戦車を忘れていました。
先日ディティールアップパーツを購入したばかりですよ。自分としては、こちらの方が順位が上でした。


資料を探す為に書棚をひっくり返して見ると、北アフリカ特集のお手本のような模型雑誌を見付けました。2年ほど前に発刊された仏・MODEL誌の2号です。
内容はロイモデルのマーモン・ハリントンMkⅢ、アカデミーのM3スチュアート、ベスペモデルのハンバースタッフカー、イタレリのM40 75/18、M13/40、クルセーダーMkⅢ、タミヤのマチルダMkⅡ、アキュリットアーマーのスキャメル・タンクトランスポーターなどなど・・。何と素晴らしいラインナップ!こうでなくてはいけません。と思うのは私だけかも知れませんが・・。
M40 75/18とM13/40の作例は、両方ともロイヤルモデルとモデルヴィクトリアのアフターパーツを使っていますが、カリカリで無く、さらっと作った印象です。
ribetto2_012

ついでに、ミュンヘンのPasing駅構内雑誌売り場で買った独・kit誌を見たところ、2cmFlak38搭載のホルヒ1aと、MVのインテリアパーツを組み込んだM40 75/18の作例が載っていました。セモベンテはちょっと塗装が昔風ですが、工作とマーキングはかなり参考になりそうです。

ところでM40 75/18を再び作りたくなる切っ掛けであったショップ不良在庫のモデルポイント砲身ですが、店長情報に依ると、何と肝心の多孔式マズルブレーキの穴が開いていないのだそうです。一度現物を確認させて貰う必要がありますが、事実ならば何とも間抜けな製品ですよねえ・・。

|

« 今月のAM誌 11月号 | トップページ | 富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6385592

この記事へのトラックバック一覧です: M40 75/18の作例を探す。:

« 今月のAM誌 11月号 | トップページ | 富士山 »