« FIAT3000 1992年作品 | トップページ | アワ・フェイバリット・ショップ 4 »

2005-11-06

日曜日の作業日誌 25

雨模様の日曜日。朝から家族はそれぞれの用事で出掛けたので、私一人です。雨の中、用事も無いのに外出する程元気ではないので、プチ引き篭もりを決め込みました。

午前中は以前から予定していた塗装作業。と言っても、センスを必要とされないルーチン作業です。
まず、AMR33のデカールがテカって浮いていたので、ハンブロールのマットコートを吹きつけ処理。次に、最近組み立てたKV戦車の金属部分とキャタピラに、ラッカー系溶剤で溶いたメタルプライマーを吹きつけ。

ここでやめておけば良かったのですが、自宅に持って帰っていた、クレオスのⅢ号戦車の再塗装に急遽チャレンジしてしまいました。

冬季迷彩の仕上がりが今一つだったので、いずれは塗りなおす予定でいたのですが、こういう作業は思いつきでヤッツケてはいけません。計画が重要なのです。
手元にあったハンブロールのジャーマンタンクグレーをムラムラに吹いてみたら、ますますショボイ見掛けになってしまいました。先ずはベースの白を活かして、チッピングを行なえば良かったかも、です。
一応来年の静岡HS要員のつもりでいますが、どうなりますか・・。

午後は、県高校サッカー選手権常葉橘vs静岡学園のTV中継などを見ながらM46のキャタピラ工作。
常葉橘の長澤監督(ジュビロの初代監督)って、女優の長澤まさみ(タッチ、セカチュー主演)のお父さんなんですね、彼女が磐田出身だと言うのは知ってましたけど。へえ~。
閑話休題。AFVクラブのキャタピラはとにかく組むまでの処理に手間が掛かっております。先日は押し出しピン跡を消すのに数時間、今日はゲートとパーティングラインをきれいに処理するだけで2時間ほど掛かってしまい、組み立てまでは行きませんでした。

どうも模型の神様は我が家に居ないようで、今日も目立った進捗がありませんでした。眠るまでには時間が有るので、もう少しやっつけてみましょうか・・。

|

« FIAT3000 1992年作品 | トップページ | アワ・フェイバリット・ショップ 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6929361

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の作業日誌 25:

« FIAT3000 1992年作品 | トップページ | アワ・フェイバリット・ショップ 4 »