« ダーティーハリー(1971) | トップページ | FIAT3000 1992年作品 »

2005-11-03

文化の日の作業日誌

曇り空の朝、駿府城址の公園周辺で今日から開催されている「大道芸ワールドカップ」会場へ、カミさんと従妹とその子供を車で送って行きました。
この大規模なイベントは、ハマる人はとことんハマってしまうようで、パンフレットを買ってタイムテーブルを確認し、後ろからでも観賞できるように二人とも脚立を持参して行きました。
とにかく街中、何処にこれだけの人間が居たんだ!と思ってしまう程の人出なので、何かと待つのが苦手な私にはムリです(数年前からこの期間は、行き帰りの運転手に専念)。

そのまま真っ直ぐ帰宅すると、今日オープンの例のショッピングセンターの開店渋滞にぶつかってしまうので、回り道。ついでにショップに立ち寄り。

以前注文して置いた、モデルヴィクトリアのITALIAN "SEMOVENTE" M 40 - 75/18 S.P.G. conversion kit, resin and photoetched parts for Zvezda model(←だから長いんだってば)が入荷していたので、即購入。
おお~い、十年前の俺、お前が想像してるのよりずーっと素晴らしい出来のセモベンテの改造キットが十年後に出るぞ~っ!そして買うぞ~、ちょっと高いけど
と教えてやりたい程の想像以上の出来、そして内容。いや~、マジでコレは凄いです。
ロイヤルモデルのディティールアップセットやRCR MODELSのPEも持っていますが、殆んど必要ありません。
今までこの手のキットには散々煮え湯を飲まされて来たので(←いつも内容を確認してるのに何故・・)すが、コレは間違いありません。ブラチの足回りと併せて、必ず完成させる事が出来ます(ああ~、言っちゃった)!
mv_001


ところで。買うときも店長と話したのですが、このキットの最大にして唯一の問題が。
↓これ、説明書ですか?それとも、シニアの間で流行ってる絵手紙ですかあ?

mv_003


|

« ダーティーハリー(1971) | トップページ | FIAT3000 1992年作品 »

コメント

絵手紙の「34」と「35」は間違いなく「握り寿司」ですね。
一旦そう思えばもう寿司以外には見えませぬ。
ところで最近,下のような本が出たようです。まるまる1冊AMR-33本ってスゴイですねー。
http://livres.histoireetcollections.com/publication-1531-les-automitrailleuses-de-reconnaissance-tome-1-l-amr-33-renault-vm.html

投稿: セータ☆ | 2005-11-04 00:50

>握り寿司
ええ、ネタはエビ、もしくはシャコかと。
ほのぼのとした描き手の人柄を偲ばせる、味の有る良い絵ですね(←違)。

>AMR-33本
情報ありがとう御座います。ううむ、読みたさ65%、恐さ35%の本ですね。理由→読んで直ぐに塗りかけのNKCのキットを再度バラバラにしてしまうかも。

投稿: me20 | 2005-11-04 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/6881927

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の日の作業日誌:

« ダーティーハリー(1971) | トップページ | FIAT3000 1992年作品 »