« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005-12-31

大晦日の日誌

実りの有った様な無かったような、自分にとって評価の難しい2005年も今日で終わりです。
ブログを始め、自分用PCを買ってマメに更新して、自分の考えを発信出来たのは大きな収穫でした。
反面、PCに向かっている時間が増えたので肝心の模型製作は予定通りに行きませんでした。
KVを作り始めた頃の予定では、年内に3台の完成はイケていた筈だったんですがねえ・・。

来年は当ブログに作品を多数アップするのが目標(←夢に近い)。


年末の家事もひと段落したので、BSの「ロック誕生50年」の再放送(5時間くらい)をだらだら見ながら過ごしております。
いざ正月を迎えたらやっぱりヒマでしょうね~。
テレビは見たい番組が殆んど無いので、DVDでも借りて昔の戦争映画などを続けて観たいのですが、絶対家族に却下されるしな~。
ぁ、そうか模型作ってれば良いんだ(←アルコールさえ入らなければ可能かと)。


さて、2月にひっそりと始めて約10ヶ月。全く内容が無いにも関わらず、飽きずに当ブログにお越し頂いた皆様、本当に有難う御座いました。良いお年をお迎えくださいませ。

来年も宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-30

今年もあと1日。

今年の仕事も昨日で何とか無事に終わり、今日から正月休みです。

休みとは言っても、家を大掃除しなければならないし(オヤジは換気扇とかの、やっててキリが無い場所の担当なんですね)、のし餅を買ってきて角に切らなければならないし(これも何故か、一家の長の仕事らしい)で、仕事よりも忙しい1日でした。

明日も正月用品の買い物に出掛けるので、模型に触れずに年を越してしまいそうな予感。
家族を持ち、オーディナリー・ピープルの生活を営むのも結構ストレスが溜まりますねえ。

ああ、昼まで寝た後、のんびり模型の作り納めをしたい(←ささやかな願望)。

別にハワイで正月を迎えたいと願ってる訳じゃあないんですけど・・。

   *   *   *
サッカー天皇杯準決勝、清水はセ大阪を延長で退け、4年ぶりの決勝進出を果たしました。
球団が出来て14年程しか経っていないのに、何と4回目の決勝ですよ。
初タイトルもナビスコ杯だったし、つくづくカップ戦に(だけ?)強いチームですね。

若手がフィットするのに少し時間が掛かり今年はサポーターをいらいらさせましたが、現在のチーム状況ならばJ1屈指の攻撃力を誇る浦和が決勝戦の相手でも、充分勝機があります。

是非、4年前と同じように元旦に旨い酒を飲ませて戴きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-27

FIAT3000 mod21購入

ふと気が付けば、今年もあと4日しか有りません。仕事的には『まだ2日もあるんだ・・』なのですが。
ああ、気付かないまま、来週を迎えてしまえば良かった(←そうもイカン)。

今年もダメモデラーのまま一年を終えてしまいそうですが、然し当ブログを始めて作品の発表の場を得られた事は、来年に向けてのより一層の弾みになるので収穫があった年でも有りましたよお~と纏めたかったのだけれど、やっぱりダメですかそうですか。
はあ~。

と  こ  ろ  で  。
昨日、久々にプラモデルを購入しました。

t_t_maxim_011そうなんですよ、勝手に絶版だと思っていたタウロモデルのフィアット3000が私に断りも無く再販されていたんですよ旦那。
しかも、メタル銃身、レジン足回り装甲(?)パーツ、PE、チェーンが入っているタイプがお安く売ってたんで、これをついカッとなって買ってしまいました。

砲塔に機銃が2丁搭載されている型がFIAT3000 mod21ですが、同じmod21でもこのキットは、銃身が砲塔の上端に移され、銃身カバーが付けられた後期の型を作れるようになっています。
因みに37mm砲が搭載されているのは、FIAT3000Bです。

しかし考えてみれば、こんなキットを喜んで即買いするような人間が、タミヤの新製品について文句を言える立場なのか?と。
多少の期待外れはあろうとも、Ⅲ突はストレートに組めば立派な模型に見えますが、タウロのキットは立派な民芸品にしか見えません(しかも木製に素焼き陶器パーツのマルチマテリアル)。

買ったからには出きるだけ「模型らしく」作る所存ではありますが、問題はキャタピラですね。昔作った際には諦めてキットのキャタピラをそのまま使ったのですが、きっちり1リンク短いんで結局手間が掛かるんですね。
確か北海道のクラブのサイトで、自作キャタピラを履かせた製作中の作品を見た事が有るのですが(←考えただけで萎えるなあ・・)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-26

アワ・フェイバリット・ショップ 7

夕方、ショップに立ち寄り。

タミヤのⅢ号突撃砲B型が新製品コーナーに。
う~ん・・・。発表当初は出来が良かったらば、禁ドイツを破って購入しても良いかなあ、と密かに考えたアイテムなんですが・・。購入していないので具体的に述べる権利は有りませんが、ひとことだけ。
『マニアが納得し、ビギナーに優しい、間違いない品質』を意味する『タミヤスタンダード』は、そもそも1/35MMに対して送られた言葉だった筈では。
それに、成型色の濃いグレーは止めたほうが良いかと。かなり見た目でも損をしています。

タイガーI 極初期生産型・501重戦車大隊 完成品の箱に「製作・ドラゴンモデルス」と小さく書いてある件。何でそこまでしてこの製品を作り、そして売りたいのか?という疑問が(←ちょっといろいろ文句言い過ぎかな)。

    *   *    *
plusmodelのmaxim4連装機銃を購入。今まで購入したマキシム4連装の中では一番安く、一番作れそうなキットです。参考までに、3社のキットを比べてみました。t_maxim_004plusmodelは説明書が小さ過ぎますが、それ以外は特に問題無く、普通の入門編レジンキット、と言う感じです。パーツに変形や気泡は皆無ですが、小さなパーツにも大きなゲートが付いており、削りにくそうなのが気になりました。

t_maxim_006昔購入した、RESICASTです。こういうタイプが有るのか分かりませんが、トラックの荷台に取り付けるベースと、プリンカップ型水タンク?の形状が他と違います。何より、組み立て説明が一枚の絵(写真に写っている)しかありません・・。

t_maxim_009armor in scaleのマキシム4連装機銃搭載GAZ-AAにセットされていたメタル製機銃。柔らかいホワイトメタル製のため変形が目立ちますが、修正して磨いてやればかなり良くなる筈(だと思いたい)。何しろこれが一番高かったので、何とかモノにしたいのですがねえ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-24

クリスマスイブの日誌

今日は仕事。
早めに帰宅後、息子のエレキギターの玄を張り替えて、クラブのにょさんから頂いたフェンダーのミニギターアンプに電池を入れて繋いでやり、今年のサンタ役は終わり(←安っ!)。

喜んだ息子の『スモーク・オン・ザ・ウォーター』のイントロの真似事に、チリの白ワインでへべれけになってしまった私はバカ受け。いやー、成りきっています。来年は、バンドを組むと言ってるのが楽しみ(親馬鹿・・)。

なんだ、クリスマスイブって、すげえ楽しいじゃん(←お~い酔ってるぞ)。
嫌いじゃあ無かったのかよ、と一人ボケ突っ込み。


挙句に、『クリスマスイブなのに、碌なテレビ番組やってないなあ』と、86年、87年に放映された伝説の番組『メリークリスマスショー』のビデオを引張り出して、延々と流し始める始末。
今では考えられない出演者と番組内容に、改めて驚き。センス良いなあ。皆若いし、勢いを感じます。
でも、車のコマーシャルが流れるとさすがに古さを感じますね・・。


酔ってしまったので、今日も模型を触れず・・・(ダメじゃん)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-23

天皇誕生日の作業日誌

朝9時頃よりずっと、クリスマスデコレーションケーキをぺたぺた、ぐるぐる塗っていた一日でした。

立ち仕事に慣れていないので、正直腰が痛くてしんどいです。あとパレットナイフを持って肘を上げて塗るので、右肩も痛いですね~。

昔に比べれば作る数もかなり少なくなったので、もっと楽に終れて良いはずなんですが、体が言う事を聞かないので結局疲労度は変わりません。
とても模型どころでは無い状態なので、今日の作業はお休み(昨日はフェンダー内側の工作をやりました)。

因みに、手伝いに行った小さなケーキ屋は、フィナンシェ(アーモンドパウダーが入った焦がしバター風味の焼き菓子)が絶品です。年間数億円の売り上げを誇る某超有名店のフィナンシェよりもはっきり言って美味しいのですが、それ以外のメニューはまあ普通ですかね(←褒めてるんだか、けなしてるんだか)。

今年もあと8日です。あ~、焦りますね。
皆様、年末進行の上に大雪で大変ですが、楽しい正月を迎える為に、もうひと頑張り致しましょう(年末から正月までずっと仕事の方も居られますけど・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-21

アイ・ヘイト・Xマス(ケーキ)!

今週末はクリスマスイブですが、私はこの行事が嫌いです。

寂しいイブを過ごした思い出が~とか、宗教が云々~とかのベタな理由では勿論有りません。
パティシエを目指して地元のパティスリーのスタッフになった(と言うと綺麗に聞こえますが、要するに手に職を付けたくて洋菓子屋に就職した訳ですな)18歳の時から、毎年この時期は忙しいだけの苦痛の日々なのです。

結局洋菓子職人は僅か3年で挫折したのですが、その年に自宅の近くに開店した兄弟子の手伝いに行ったのが運の尽きで、以来ずっとクリスマス前にはケーキ作りをする羽目になってしまったのです。

正直やりたくないのですが、20年前からはその兄弟子とは親戚になってしまったので断れなくなりました(←とほほ・・)。
年号が平成に変わってからは、23日が祭日になったお陰で、朝から一日中ずっとケーキをナッペ(塗る)しなくてはなりません。

今の仕事も菓子業界に関係が有り、今日の夜八時にメンテナンスに入った店のスタッフ(女性)は、『午前3時~4時終了がここ10日ほど続いている』と言ってました。私が働いていた頃の(徒弟制度の名残があった?)ごろつきの集まりのような世界と違い、現在は女性の職場と言ってもいい位華やかに変わっているのですが、この時期の忙しさだけは変わらないようですね。

でも何故、この時期にケーキを予約してまで食べたいんですかねえ?
実は繁盛店ほど、普段の製造能力を超えたオーダーを抱えるので、前もって作り貯めしているんですけどね・・。
しかも普段より高いし(苺が高騰するので仕方が無いですが)。

クリスマス(ケーキ)反対!
私はクリスマス(ケーキ)が嫌いだ!

(今日も模型を触れず・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005-12-18

日曜日の作業日誌 30

朝寝坊したいのを我慢して、早朝より1時間ほど町内会の公園・街路清掃に参加。凄まじい風と寒さで、仮死状態に(←大げさ)。

終了後、身体を温める間も無く、愚息を吹奏楽のコンテスト会場の清水区まで送る事に。どうも話を聞くと彼は戦力外のようなので親としては送っていくのも空しいのですが、本人は遠足気分で楽しそうです(さすが俺の子)。

とにかく昨日から寒くて体が動かないので(ジジィ)、部屋を温かくして軽い引き篭もりを決め込みました。
TVを点けると、全日本実業団女子駅伝の中継。横殴りの大雪の中、ランニングシャツ・パンツで激走!こんな環境で激しい運動をして、身体に悪い影響が出るのではと変な心配。

    *   *   *

昨日のクラブ例会の前に、以前より欲しかったtankogradのKV-1本、上下を迷わず購入。
これでKV-2本と揃い、妙に安心。
個人的には、トラペのKV-1製作はひと段落してしまったので、これからフル活用すると言う訳でも無いのですが、メガネ系お姉さんOLがよく言う『今年一年頑張った自分への御褒美(はあと)』ってぇヤツですか?え(←一体誰に聞いてるのか)?

無知ながらも写真を見ていると、思いの外クリアな写真が多く、アングルも悪くないですね。
特にエクラナミ、良く見るとやはり格好良いですね~、製作は当分先だと思っていましたが、いやー、作りたいなあ・・・・イカ~ン!イカンぞう~。
今作ってるのを完成させなさ~い!

なるべく考えないようにしていたんですが、ホビーショーまで、あと約5ヶ月なんですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-17

模型クラブの例会 12/17

寒波が日本列島を襲っている土曜日、冷え切った工場内でメンテナンスの仕事(ブルブル)。

終わって直ぐにショップに直行、今日はいつもより一週間遅れの模型クラブの例会日です。

仙人は夜勤で欠席、もう一名は引き篭もり風邪で欠席。
僅か3名なので何時もより楽しい寂しい会となってしまいました。

話題の一つはT社の新製品で、どうも初期のⅢ突のメカ感に欠けるのではないか?と言う話が。
hideさんによると、「フェンダー前部泥除けの跳ね上げ構造」と、「戦闘室装甲板の埋め込みネジ」の2つがこの車輌のキモなのに、ここが全く再現されていないからだ、と。
なるほど確かに、雑誌の裏表紙の完成写真をみても、ディティールが割とあっさりしているように見受けられます。
自作するのは簡単では無いだけに、パーツが少し増えたとしても再現して欲しかった部分ですね。

模型の話はコレ位でしたが(爆)。

t_200512180014000


本日の唯一の作品、hideさんのメルカバ。砲塔はAEFデザイン、車体はレジェンド。
ドリルで開けた穴は埋め込みボルト?のディティールを加える為らしいです(←もっといろいろ説明して貰ったけど・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-15

T-38 軽戦車

t_t38_5
T-37と同時に製作していた作品です。
当時は思い入れが薄く『資料が同じだから、ついでにコレも作ろう』とT-37を作り始めてから購入したLF/FortのT-38ですが、案外良いキットで驚いた覚えがあります(←AERと比べて)。

船の様な車体を持ち、フロートを兼ねた大きなフェンダーが特徴的なT-37と比較すると、単純な構造で面白みに欠け、どうも水に浮くイメージが湧きませんねえ(だから何)。

t_t38_7

モデルカステンのT-37/38、Kシリーズキャタピラは、大昔に自社でリリースした台湾製T-37レジンキット用なので、ガイドがきつくて転輪が嵌りませんでした。
本来ならば『転輪と誘導輪が厚めなので薄くするべし』と発想するのがモデラーとしての正しい姿なのですが、私はその点チャランポランなので、キャタピラの方の全てのガイドを薄く削ってしまいました(爆)。

因みに、2セットで片側が組めるほど余ったので、恐らく4セット買えば5輌分組めるのではないかと。
現在、日本でこれが4セット買えるかどうかは分かりませんが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-13

COLD WAVE

寒いですね~。

冬でもアイスが食べたくなるほど(←しつこい)温暖な気候の静岡市でも、ここ数日は風が強く寒い日が続いています。
特に今日は、フロンガスが抜けて冷えが悪くなったチルド室の中よりずっと(分かりにくい例え)寒かったです。
とはいえ、平地では10年に1度、しかも数センチしか積雪しない場所ですから、現在降雪している他県に比べればかなり暖かいのは確かですね。


手がかじかんで模型が上手く作れない(←コラーッ!)ので、今日のM46の工作はフェンダー上のクリーツ(小フック)PEを貼りつけた後、キットパーツに幾つか手を加えてお仕舞い。無理をせず、BSの『ロック誕生50年史』を見て感涙に咽んで居ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-11

日曜日の作業日誌 29

M46の工作の続きを少し。
特徴的なフェンダー上の雑具箱、蓋のロックハンドルはTMDのレジンパーツに交換。特別出来が良い訳ではありませんが、キットのパーツそのままよりはマシかと。
蓋の把手は0.4mm真鍮線をグラブハンドラーで折り曲げて取り付け。マフラーにも少し手を加えました。

写真はもう少し作業が進んでから撮ってみます(←終わるの早っ!)。

   *   *   *
ドイツW杯の1次リーグ、日本はF組でブラジル、クロアチア、オーストラリアとの対戦が決まりました。
早くも『2位で勝ち抜け可能』とか『困難な組に入ってしまった』とかさまざまな意見が。

シロウトとしてはポット2(オーストラリア、アンゴラ、ガーナ、コートジボワール、トーゴ、チュニジア、エクアドル、パラグアイ)の中ではガーナとオーストラリアが最強で、トーゴなど初出場のチームの方が楽に勝てそうな気がするのですが、専門家は『データが無い国よりも対戦したことの有る国のほうが対策が立て易く、また日本は伝統的にアフリカのチームに弱いのでこれで良かった』と言ってました。そんなモンなんですかねえ。
G組のフランス、スイス、韓国トーゴと言う組み合わせが気になります。スイスは予選でフランスと五分だったそうですが、他のポット3の国(クロアチア、チェコ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スウェーデン、スイス、ウクライナ)と比べてどうなんでしょう?昨日の朝見たときは思わず『神の見えざる手』という言葉が浮かんでしまいましたが・・。

・・・・。
毎回チラ裏的な事柄ばかり書いていると、ちょっと後悔しますね。
初心に帰って、模型製作についてもっと書かなくては・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-09

ローガン

マイケル・フォーチュナティーの『ギブミー・アップ』がFMで流れてかなり久し振りに耳にしました。
この曲とかバナナラマの『アイ・ハード・ア・ルーマー』とか大流行した80年代のユーロビートって、当時イヤでも一生分聞かされて身体に染み込んでいる感じがします。いつの間にか体が動くのが悲しい・・(別に好きなジャンルの曲では有りませんでしたが、齢とって聞くと結構良いかも)。
因みにこの2曲はどちらかがパクったと思えるほどイントロやサビが良く似た曲なのですが、作曲者が同じなんだそうですね(だから何)。

   *   *   *
夏ごろ納品したスウェーデン製の機械の内部照明が点かなくなったとの事、配電盤は機械を退かさなければ見れないので、若い衆と2人で点検に。
輸入代理店に聞いたところ『この機械は初めてなので、メンテナンスはメーカーでないと判らん』つまり日本に一台しかないと(実績が有るって言ってたのに・・)。

仕方なくあちこちバラしてみると何のことは無い、バルブ(電球)が全て切れていました。小さな差込式のものだったので、外して何ボルトで何ワットなのか確認したのですが、何も書いてありません。

私『仕方ない、スイッチ入れてソケットにテスター当てて、電圧計ろう』
若『・・・え、何でですか』  
私『だって何も書いてないから』
若『書いてありますよ、24V/20W、81204・・』 
 私『え、書いてあるの』
若『書いてありますよ、ちゃんと。読めないんですか』 
 私『読めない、って言うか見えない』
若『・・・ローガンっすね』  
私『・・・』

これから戦車のOVMの塗り分けや、何と言ってもフィギュア塗りに再挑戦しなければならないのに、一体どうしたら良いのでしょう。取敢えず、拡大鏡の導入や、作業場所の照明アップを検討しなければなりません。
顔の変なところに皺を発見したり、老眼を指摘されたりと、オッサンを実感する今日この頃・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-07

アワ・フェイバリット・ショップ 6

夕方、ショップに立ち寄り。
店長と「なかなか捌けない商品」についてグダグダと話していると、taskaのY田さんとばったり。
いろいろと興味のある話を2人でお聞きして、買い物の邪魔をしてしまいました。

話題の中心はD社のⅣ号戦車について。本物のプロの目を通したこの製品の分析は、非常に興味のあるものでした。何故あのような評価のキットになってしまったのかが、私にも判ります。

私の感想を述べれば、実車に対する愛情を持っているスタッフがD社に居たのかな?という事です。
頻繁に写真を見てプロポーションを熟知していたならば、起こらないようなミス(そもそもミスと認識しているかどうか?)なのでは。

Y田さんもⅣ号戦車の実車サイズを計測されているようなので、いっその事taskaさんでやればよかったのに(←無責任発言)。

肝心の新製品、シャーマンの車種や進捗については、シークレット(当たり前)。
発売はシャーマニアの皆さんの予想より遅くなるかもしれませんが、短いキット開発期間で、想像より良いキットが出た例は今まで有りません。
長~い間待たれたシャーマンの決定版キットなのは間違いないので、もう少し待って見ても損は無いかと。


今日の買い物は、KV戦車の写真集Wydawnictwo Militaria 『KW vol.Ⅱ』です。写真・カラー図が多く、1/35の5面図も付いていてリーズナブル。
KVは今ちょっとお腹が一杯状態ですが、魅力あるマーキングも載っているのでKV-1Sの新キットなどが出たら(←EECは無視ですか・・)とても役立ちそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-06

8台目の携帯

2年ぶりに携帯電話を機種変更。
今まで使用していたのはドコモの「251is」でカメラはショボイのですが、電話とメールの機能には全く不満はなく、そこそこ使いこなしていました。
しかしアンテナがおかしいのか、たまに通話が途切れてしまい、仕事上不便を感じるときがあります。

仕方なく買い換えに電話屋さんに行って見積もって貰ったら、思ったより少額で済みそうだったので、その場で考えていたより一つ新しい機種にしてしまいました。ハセキョーが夏ごろCMやってたヤツですね。


持ち帰って直ぐに使いこなせると思っていたのですが・・・。
いや~・・・。
オッサンになってしまったのを痛感。
機能が多くなってくると『新しい=使い易い』では決して無いのですね。
加えて今までの機種の使用法が抜けず、今日は電話をかけるのに手間取り、メールも満足に打てませんでした。
とほほ。

通話がクリアで、番号呼び出しが簡単で、メールが早く打てて(デコメールはいらんぞ)、画面が大きくて、カメラが高機能で、軽量で、格好良いシンプルな携帯電話ってないですかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-05

T-37 A 無線指揮車

瀕死のデスクトップPCより最近救出した塗装前写真です。
作り始めたのは数年前ですが、ブログを始めた今年2月以降に塗装を終えて完成、ホビーショーに持参しました。


t_t37_1

T37は、フレームアンテナが付いていた方が断然格好良いですね(←大丈夫かオレ?)。
幸いキットにはアンテナポストのパーツがきちんと入っていたので助かりました。入っているだけ、なのですが・・。
実車のアンテナポストは後ろに向かって少しずつ短くなっている筈なのですが再現が難しく、一番後ろの長さを誤魔化してしまいました。
戦闘室上部装甲板のオーバーハング具合が無視されて居たので、プラ板を縁に貼り付け、さらにその縁をペーパーで薄くサンディングして再現。

然し、改めて見てみると足回りはカステン以外は最悪ですね。
スプリング細すぎ(引っ張りバネを使った為)、起動輪は玩具っぽくディティールが少ない。何故コレでオッケーだったのかが良く判りません。
他社のパーツで使える物があれば良かったのですが・・。

t37a-2

当時はビーディングツールを買ったばかりで、3台まとめて軽戦車のリベット打ち直しを楽しんでいました。
まったく苦にならなかったのを覚えています(今はムリ・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-04

日曜日の作業日誌 28

こんばんわ、ウェザリングマニアです。【WM】と呼ぼう(←何を流行らせようとしてるの)。
例えばTDLなどの設備やセットにウェザリングが施してあったりすると、じっと見入ってしまいますね。まあ、自分の模型に全然反映出来てないのがダメダメですが・・。


従妹の子供ズ(小2と3歳児)が昨晩泊まりに来て、そりゃもう大騒ぎ。全く模型どころではありませんでした(寝顔は天使なんですが・・)。
自分の子供が小さな頃には構わずに模型製作していたんですが、他人の子だと気を使いますね。
そういう訳で今日のM46は、パテ処理と幾つかPEを取り付けてお終い。クリーツ(小フック)はアベールのPEセット。久し振りなので、以前あみ出した曲げ方法をすっかり忘れてしまいました。


   *   *   *   
J1清水は、最終節のアウェイ広島戦に負けて年間順位15位。3年連続でチームワーストの成績を書替えてしまっているのですが、これ以下だとJ2入れ替えの順位になってしまうので来年こそは何とかして欲しいですね。
でも今期優勝を争ったセ大阪や浦和など、一度J2に陥落しても、チームが強くなって帰って来る例も有るので悪い事ばかりではないのかも。

今期で退団する10番、澤登選手にはご苦労様のひとこと。数々のプレーでシビれさせてくれました。結局、彼の全盛期にチームが一番強かった訳なのですが・・。

カルロス・サントスコーチも今期で母国に帰るそうです。これから清水にとってのジーコの様な存在になって欲しいと思っていたので残念。家庭の事情だという事なので仕方ないですね。因みに、彼の末娘のJちゃんはウチの息子と幼稚園で同級でした(←こんな話ばかりですな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-03

実写版の三丁目。

久し振りの邦画『三丁目の夕日』を観賞。
映画の時代設定は、私が生まれるちょうど1年前です。

鈴木オートのミゼットのウェザリングはちょっとやり過ぎ。ミゼットの発売は映画の設定の一年前で、初期型はバーハンドルの型の筈(映画に出てきたのは4年くらい後のタイプ)。型はともかく、昔の人は商売道具を大事にするし、そもそも自動車は庶民にとって高嶺の花だったので、あんなに汚している筈はありません。
町並みも昭和33年にしては汚し過ぎかな、と。戦後13年くらいでは、粗末でも新しい建物が多かったのでは。

出演者若すぎ。原作ではタバコ屋のばあちゃんも、宅間医師も、茶川先生も皆、年寄りです。本物の老人が出て来ないとリアルでないかも。鈴木一平君は、ベーゴマとメンコの達人のはずなので、その辺りもフォローした方が良かったかと。あと淳之介君は、眼鏡をかけてないと。六さんが女の子なのは別に構いませんが・・。

・・・・。
気になった事は幾つか有りましたが、当時の生活のディティールが異様に細かく、自分の子供の頃のエピソードとシンクロしてツボに嵌り、鑑賞中は心の中で以上のようにケチを付けて居なければ結構ヤバかったです。

映画やTVの『泣かせよう的なシーン』では何も感じない方ですが、例えば一杯飲み屋の店内が、子供の頃父親に連れて行かれた店にそっくりだったり、また飲んだ後に子供に土産を頼んだりする(昔の酔っ払いオヤジは必ず土産の折りをぶら下げている)シーンを見たりすると、しんみりしてしまいました。

原作の漫画の通り単純な話で、映画を見ずにストーリーだけを聞くと何じゃそりゃ、なのですが、見るとCGだと判って居ても当時の風景にぐっと懐かしさが込み上げてしまう、不思議な映画でした。原作は長期連載でエピソードは山ほど有るので、パート2も出来るかもしれません。


どうでもいいですが、「ALWAYS」って言うタイトルだと、飛行艇カタリナの出てくるゴースト物の映画の方を思い出しちゃうんですけど(たしかヘプバーンの遺作。それこそ見た後に何じゃこりゃ、だった様な記憶が)・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-12-02

今日のパットン

このところココログが激重だったのは『トラックバックスパム』とやらの悪さで、現在対策中だとの事。
数日間は写真をアップするだけでも30分近く掛かり困っていました。現在はかなり快適です。
全く世の中には、迷惑な事に頭を使う人が居るものですね・・。

M46の進捗はこんな感じです。

t_m46totyuu_002

はあ?コレって素組の作りかけでは?などと仰らないで下さい(←そりゃほぼその通りなんですが)。

防盾カバーは、TRAKZのタミヤM26用をM46用風に改造。正直言ってパテで作った方が簡単だったかも。


砲塔の形状・大きさはタミヤと比べると結構違いがあります。タミヤがシャープで、ドラゴンが無骨な感じ。
私はどちらかと言うと、ドラゴンのほうがダサ格好良くて好きです。上海ドラゴンのM26(ボア・エバキュエーター付き砲身、ダブルピンキャタピラ)A1も作ってみたいと思ってしまったり(←似たようなもんばっか作ってどうしたいのか)。この後、フェンダー上のいろいろを工作しなければなりません。

M26~M47系は一般のAFVモデラーにとっては稀に見る不人気車種(←俺調べ)なのですが、私はどうもこういう可哀想な模型は放っておけないのが困ったもので・・。

(小声で)でも、ちょっと飽きてきましたねえ・・。イカンイカン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-01

模型工場はお休み状態

本日のカローラ号の走行距離は400km近く!さすがに疲れました。模型はオヤスミ。
静岡-三島-沼津-伊東-網代-熱海-函南-また沼津・・(温泉巡りでは有りません、仕事です)

しかも今週は悪名高い(←俺調べ)『東名高速集中工事』が行なわれています。月曜日は沼津からの帰り道に、うっかり東名に乗ってしまったら普段40分程しか掛からない距離が何と3時間!もうヘトヘト、今日はさすがに国道で帰りました(それでも2時間)。しかしこんな時でもドライブしているカップルが居ます。信じられん・・(怒)。

天気に恵まれて、海沿いの景色がとても良かったのがせめてもの救いですね。


<今日の変な人>
コンビニの駐車場でコーヒー休憩していると、太ったおばさんが私の車の窓をコンコン叩いて、
「あなた、仕事ある?無いなら、話を聞いて欲しいんだけど」・・と。
あの~、見ての通りこれは、社名入りの営業車なんですけど。

それ程はっきりと、私、ニートに見えました?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »