« 日曜日の作業日誌 28 | トップページ | 8台目の携帯 »

2005-12-05

T-37 A 無線指揮車

瀕死のデスクトップPCより最近救出した塗装前写真です。
作り始めたのは数年前ですが、ブログを始めた今年2月以降に塗装を終えて完成、ホビーショーに持参しました。


t_t37_1

T37は、フレームアンテナが付いていた方が断然格好良いですね(←大丈夫かオレ?)。
幸いキットにはアンテナポストのパーツがきちんと入っていたので助かりました。入っているだけ、なのですが・・。
実車のアンテナポストは後ろに向かって少しずつ短くなっている筈なのですが再現が難しく、一番後ろの長さを誤魔化してしまいました。
戦闘室上部装甲板のオーバーハング具合が無視されて居たので、プラ板を縁に貼り付け、さらにその縁をペーパーで薄くサンディングして再現。

然し、改めて見てみると足回りはカステン以外は最悪ですね。
スプリング細すぎ(引っ張りバネを使った為)、起動輪は玩具っぽくディティールが少ない。何故コレでオッケーだったのかが良く判りません。
他社のパーツで使える物があれば良かったのですが・・。

t37a-2

当時はビーディングツールを買ったばかりで、3台まとめて軽戦車のリベット打ち直しを楽しんでいました。
まったく苦にならなかったのを覚えています(今はムリ・・)。

|

« 日曜日の作業日誌 28 | トップページ | 8台目の携帯 »

コメント

素敵です。プラ板が経年変化しているあたりに,工作にじっくりと時間を掛けて仕込んだ様子が表れていますね(^^;)。
車体上部などに現れている素材の「マーブル模様」は,ひょっとしたらメーカーが「水流」を表現しようとして意図的にやったのかもしれませんね(絶対違う)。

私も作りたいんですが,リベットを全植え替えしなきゃならないのが辛いですねー。

投稿: セータ☆ | 2005-12-06 23:26

ありがとうございます。
当時作ったり、止めたりしているうちにプラ板は黄色くなり、真鍮は錆びて無塗装で実車の雰囲気が出ていました(T38はもっと黄色いです)。
仰るとおりパーツ状態では、正に大理石のように綺麗な模様だったのですが、残念ながらポリパテで所々覆ってしまったので良く見えないですね(←お~い大丈夫か~)。
>リベットを全植え替え
そうですね~、コレもリベットのモールド自体は良かったのですが、とにかく合わせが悪いので、全てサンディングで消えてしまった覚えがあります。

投稿: me20 | 2005-12-07 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/7481462

この記事へのトラックバック一覧です: T-37 A 無線指揮車:

« 日曜日の作業日誌 28 | トップページ | 8台目の携帯 »