« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006-02-28

反省→開き直り

日曜日の自分の記事を読み返してみると、一生懸命な割にはおかしな事を言ってます。そもそもカラー図やデカールが、実物のデザインと寸分違わないという保証はありません。全く間違っている可能性もあるわけで、それを正確にトレースしても仕方ないですよね。
まあそうだったとしても、私がフリーハンドで筆書きするよりはだいぶ見た目がマシでしょうが…。

KV-1に使ったデザインは、違う型式の車輌のものだったようです。
こういう点を気にするのならば(当然ですが)作り始める前から、はっきりした完成後のイメージを持っているのが重要です。取敢えず説明書通りのタイプに作ってから、マーキングを探して騒いでもダメですね。

と、自分の無計画を深く深く反省。まるで某議員のように(←時事ネタ)。

…で、反省はしたものの、昨日の砲塔マークはそのまま行くことにしました。作例やコンペではないし、これを塗り潰してデカールを貼るなり無地にするなりしても、自分模型史(?ナニソレ)に進歩が無いような気がしますので。

間違いを知らずに手を入れた作品を披露するのは『ズボンのチャックが知らずに開きっぱなしな色男』のような格好悪さを感じたりしますが、今回の場合は『チャックが壊れているのを知っていて平然としているおかしな奴』な訳ですね。判りますか(判るわけない)。

| | コメント (2)

2006-02-26

日曜日の作業日誌 2/26

70年前の今日は、静岡でも積雪していたそうですよ。

   *   *   *
土曜日の午後は、M26のマーキング作業。
必要の有無は判りませんが、とにかく私はデカールの余白は切り取る派なので、貼る場所の多いアメリカ戦車の場合は結構時間が掛かります(飛行機よりはマシ)。
で、さすがタミヤ。親切丁寧にも車外搭載物にマークがかかる部分を初めから切り欠いて印刷してくれてあるので、搭載物を外してラックだけの状態に作ってしまった私には、そこのマークが不足してしまいました。

急遽ショップに追加のデカールを買いに出掛け、帰りがけに思いつきで文具店に寄り、貼って剥がせる糊を購入。

日曜日。貼って剥がせる糊は、このように使用。
t_kv1houtou_001

「KW vol.2 」のカラー図を120パーセントに拡大コピーして約1/35にし、裏面に貼って剥がせる糊を塗り、自家製マスクを作りました。
マスキングテープに転写する、先ず白を塗ってから文字部分をマスクする(グリーンランド式)など方法についてはいろいろ考えたのですが、結局は元の字体を如何に正確に切り抜くことができるかが問題なので、一番簡単な方法を採りました。

最近の某記事には、実物も手書きだから「デカールを使うより手書きの方が雰囲気が増すのでオススメ」と書いてありましたが、レタリングに特に自信のある方ならば希望の字体を思い通りに拡大・縮小して手書きできるでしょうが、私にはとてもムリです。
私が字体に拘るのは、例えば外国人が見た目で描いた平仮名が日本人の書いた字に見えるでしょうか?という事です。数字にしても、特に手書きの場合はその国の特徴が現れると思うのです。キリル文字を全く理解していない私が見た目で手書きして、それっぽく見えるわけがありませんよ(はぁはぁ、ぜぃぜぃ)。
無責任に、オススメとか言ってはイカンな、と。皆さんこの部分は結構悩んでると思うんですけど(私だけ?)。雑誌社さんにはもっと、頭を使うか良い製品を紹介して欲しいもんです。

ああ、また頭の固さを露呈してしまった。拙ブログをご覧になっている賢明な皆様にはご理解戴けると思いますが、決して一般のモデラーに対してああしろ、こうしろと申している訳ではございません。
作っていて自分が楽しいのが一番です。実際、時間を潰して工作してみてもご覧のようにショボイ出来なので。
t_kv1houtou_005
偉そうなことを言っておいて、手書きと変わらんじゃないかと言わないでえ(哀願)。
いま一つ思ったような効果がありませんでした。改良が必要ですね……

……ああ~、これ、型式間違えてましたよ~!!ここまで書いてて今気が付きました!!ダメだ俺……(一からやり直しか?)。

| | コメント (0)

2006-02-25

RENAULT AMR33の完成

NKCの、小さな宝石のようなキットです。
ショップのショーケースに昔のいい加減な塗装のまま埋もれさせるのには忍びなく、簡単に塗り直そうと思って気軽に始めたのですが、かなり時間が掛かってしまいました。
t_amr33_001
誤算だったのは、キャタピラの修正が出来なかった事(初めは欠けたガイドを一つづつ直そうと思っていたのですね)。でもミラージュのUEのパーツに替えたお陰で見栄えも良くなり、結果的には正解だったと言えます。お金はかかりましたが(2台分使用)。

2色で迷彩した辺りまでは順調でしたが、
①マーキングでつまずく(砲塔の番号を3回貼り替えている)
②塗装でつまずく(2色迷彩はこの車輌には無い事実が判る)
③色でつまずく(慌てて塗り足した茶色が変)
④リカバリーでつまずく(結局砲塔の塗装、マーキングをやり直し)
と、いろいろ有りました。

今回も、塗料剥げ表現は行いませんでした。
う~ん、何でしょうねえ、求める「リアル」が違うとでも言いましょうか(←ただ面倒くさいだけ)。

t_amr33_004

フィギュアは、今更感が溢れるホーネットヘッド。但しエレールのヘルメットを被らせて改造。特徴のある顎紐を板錘で自作しています。胴体はエレールのR35の戦車兵。腕はパテ製、グローブはヴァーリンデンの手セット。塗装も改造も本当に久し振りです。
大昔に某Tミヤニュースで「簡単な人形改造の方法」の記事も書かせて戴いた過去もあるんですがねえ(遠い目)。いや、思い出したく無いほど酷い記事でしたが…。


| | コメント (2)

2006-02-24

参加クラブ確定案内

5月のホビーショーの参加クラブ確定案内が郵送されてきました。
今年の参加は140クラブです。

新規参加は見送ったそうですが、100クラブを越えた頃から会場の広さに比べて展示が多すぎる印象が有ったので、これは仕方有りません。

このまま毎年、新規クラブの参加をさせずに続けていけば、参加資格を得る為に休眠状態の老舗クラブ(ウチもそうなるかも…)の参加権が、高額で取引されたりして。年寄名跡みたいな。
あと、紅白歌合戦のように参加回数を( )表示すると面白いかも。やっぱり年齢と間違える人が居るかな(←いるわけない)。

参加表には目に馴染んだクラブ名も、全く印象に無い名前もあります。総じて言えるのは「長いクラブ名はイタい」ってことですかね。頑張って考えると長くなるのかも(←余計なお世話)。
ここでウチのクラブ名を見てみると、あれ~、長いですね。『AFVモデラーズサークル・ランナーズ』…。
でも、一回も『AFVモデラーズサークル』って書いたことは無いんですけどね。『AFVモデラーズクラブ』ですから(AFVの看板を下ろすのも時間の問題かも)。

何処で間違えちゃったんでしょうか?でもまあ大した問題でもないから組合さんにも伝えずに、そのままですけど(笑)。

| | コメント (0)

2006-02-22

ランプシェード

今日はとても暖かく、花粉対策で車の窓が開けられない私は、冷房を入れて走っていました。
しかし身体にとって不自然なのでとても気持ちが悪いんですよね。
ああ、早く花粉の季節が終わらないですかねえ(そうなると直ぐに静岡HSだっつーの)。

今日は模型を触らなかったので、小ネタ。しかも極小。
最近、仕事でオープンに関わった小さなケーキショップの変わった照明器具。
c0068695_16253776
これ、ランプシェードが銅のエッチングなんですね。
私も何枚か持っている、スケールリンクのエッチングプラントにそっくりです。

エッチングの植物は、今や情景に無闇に使うとちょっと古臭く感じます(←あくまで主観)が、額装してお洒落なインテリアとして売ったら結構イケルかも、と思いました。

ま、それだけの話ですが…。

| | コメント (0)

2006-02-20

ADLER kfz13の完成

弄っていてもキリがないので、完成とします。
フランス・アルビー社のレジンキット、アドラー装甲車(kfz13)です。
t_adler_001

如何なモンでしょうか。しつこいですがフィギュアを塗ったのは10年ぶりなので、何卒ご容赦を。

ほぼキットをストレート組み。かなり大らかな出来なので、華奢な実車の雰囲気はありません。
機銃もピーコのMG34が入っているだけだったので、今回(オモチャの?)MG13をでっち上げています。
塗装はMrカラーを混色し青っぽいグレーを作りました。油彩でウオッシング、パステルで仕上げ(簡単)。
十字マークはマスキング塗装、戦術マークはタミヤ4輪装甲車用(少し大きい)。部隊マークは時期的に合う物が無かったので、貼りませんでした。

フィギュアは、昔懐かしいジャロウフィギュア。当時ショップに売っていなかったので、わざわざ東京の店で買った記憶があります(遠い目)。
今の目で見ると顔が特に塗りにくく、ちょっと辛い部分がありますかねえ(←自分が下手なのは棚に)。

t_adler_003

| | コメント (0)

2006-02-19

日曜日の作業日誌 2/19

タ○ヤニュース422号に依ると、T社さんは昨年8月にクビンカに取材に出掛けてるんですね。
1/48のSU-122はその取材を元に設計しているとの事。
38tに乗ったり、収蔵されている他の多くの車輌も取材したと。

う~ん・・。全て1/35に生かされるならばこりゃ物凄く期待できる話なんですけどねえ(←1/35原理主義者)。
三突のように「出せば文句を言われる」状態が予想されるので、当分1/35MMは放置なんでしょうか?

   *   *   *
今日の作業。
AMR33はデカールがテカっていたのでマットコート吹き。
塗装ブースとコンプレッサーをセットし、ハンブロールのマットコートのボトルを開けようとしたら、キャップがバカになっておりいくら押して廻しても空回り。
無理やりこじ開けたらガラスが割れてしまい、片付けに手間取り・・(ああ、もうイヤ)。

重戦車3台分のキャタピラを黒く塗装。まとめて塗装するのは手間が省けて良いようですが、一つの工程に時間が掛かってしまい、効率はとにかく「やる気」が物凄い勢いで削がれますね・・。

KV2台とM26の車体塗装の続き。いつでも仕上げられるように、基本塗装までを終えておきました。

| | コメント (2)

2006-02-18

HOTCHKISS H39

BRONCO ModelのHOTCHKISS H39を購入しました。

仏軍戦車はまるでキットに恵まれていないのですが、H39はエレールに加えてトランペッターと競合するという幸運(不運?)なアイテムです。
トラペのキットは気になったものの見ただけで購入せず、じっと新興メーカーの製品を待っておりました(どうせ直ぐには作らないし・・)。
で、写真の状態までテープで仮組してみました。

t_hotchkiss_002

ご覧の通り、まずまず良い感じ。
トラペKVほどの合わせのシャープさは無く、ペーパーとナイフで摺り合わせが必要ですが、全くの許容範囲。
その気になれば丸1日で形になりそう(やりませんが)。
た・ だ・ し
ちょっとモールドがぬるい。砲塔上の小ハッチなどは作り直しが必要。
肝心の鋳造肌の再現は(恐らく)金型を磨かずに、ざらざらに表現しているだけなのでイマイチ。
また、砲塔、車体の鋳造部分のエッジが明らかに立ちすぎ。ペーパーで削ってやんわり丸くするのには結構センスが必要な気がします。

いや~でも、この位のサイズの戦車は良いですね。俄然作りたくなってしまいました。
現在、模型脳フル回転中。既に完成までの段取りを考えてしまいましたよ(←人はこれを妄想という)。

| | コメント (0)

2006-02-17

回復(未完成病は?)

毎日ちゃんとタリウムタミフルを服用しているので体調は回復しました。
しかし、こんな時でもなければ有休は消化できないので、あれこれ電話で指示(というかお願い)して日曜日まで休む事に。

私が寝ている間にも、社会は目まぐるしく動いています。えっ?模型の話ですが(←休みボケ)。
ショップには、ブロンコのオチキスH39やズベズダのマキシム機銃チームが入荷しているようです。買いに行けませんけど・・。

さらにネット上には、さまざまな新製品ニュースも。
ブロンコのコメットの全貌が明らかに。4in1って何じゃ?と思っていたら、マーキングとか追加パーツで4種類の個体が再現できる、という事なんですね(ええと、それって他社じゃ普通なんでは・・)。これは楽しみです。

先日ショップに入荷案内を見せて貰い、T-70Mを予約したMINIARTの今後のラインナップを見ると、「とにかくT-70とZIS-3でとことんバリエーションを作ろう」という判りやすいものになっています。某社のように、妄想に近いようなラインナップを見せられるより好感が持てます。
SU-76M は今までアランホビーしかなかったので、ディオラマ派には福音でしょう。大戦末期の東部戦線には欠かせない存在ですからねえ。
新金型とのことで、10年以上前の製品より良くなっているはずです(願望)。ああ、早くT-70Mのパーツを見てみたい。

で、グッバイしちゃったけど気になるひと。線画イラスト下の方はホント?妄想?でもヨンパチなんだよね・・。新設計でも関係ないや・・。

| | コメント (0)

2006-02-16

TVウォッチャー

何も出来ないので取敢えずテレビを点けています。
最近、これ程テレビ番組を見た事は有りませんね。
「世事に関係なく」綴ると宣言したばかりですが、あっけなく前言を翻して(←自分で言うか)感想をつらつらと。

◆以前、AMOS☆TOKYOのシャーマン馬鹿一代さんのブログに『チョコやバナナなどを入れてるのは静岡おでんでは有りませんよ』と迷惑にもコメントを入れさせていただいたのですが、昨日の朝のワイドショーで同じ店を扱っていました。
その店は何と、我が町内会で頻繁に利用する居酒屋の支店でした。本店は安いのだけが取り得みたいな店ですが、おでん専門の支店はチョコの入ったすり身や、バナナ、りんご、トマトのおでんが売りのようでした(知らなかった)。地元のローカル番組の静岡おでんチャンピオンとやらになったそうで、その繋がりで全国ネットに出てるんでしょうけど、静岡でこれが流行ってると誤解されるのに充分ですね。断言しておきますが、こんなタネを使ってるのはこの店だけで、これは静岡おでんを代表する物ではありません(←何ムキになってんの)。

◆冬季オリンピックをつけっ放しでだらだら観ています。
リュージュって言う競技も不思議だなあ、どうして男女の区別無くやってるの?と思って見ていたら、全員女性でした(爆)。
凄く太っている(体重別では無いらしい)おじさんが数人居ると思ったんですけど・・。ドイツが金・銀・銅独占。

◆カーリングって、暇なときに見ていると結構面白いですね(でも、見おわると疲れます)。
忙しい人がちょっとだけ見ても、試合内容が良くわからないかも。

◆日本人は(と言うよりも、日本のテレビ局は)メダルがまだ取れないのが最大の関心事のようですが、夏の五輪が出来すぎだったのでその反動でしょうか。ワールドカップサッカーの報道にも共通していますが、日本の選手だけがレベルアップしているような印象を与える報道が多いのは如何なものかと。選手は勿論他の国のレベルを知っているので、その温度差がプレッシャーを生むのかも知れません。

| | コメント (0)

2006-02-14

一 周 年

拙ウェブログ「me20の模型工場」は、本日めでたく一周年を迎える事が出来ました。

これもひとえに皆様のご愛顧の賜物かと存じます(未だにアクセス数判りませんが)。

一年前のあの日の夜も、確か安いワインで酔っておりました。早いものですね(遠い目)。

何方にも知らせずに(初めはクラブのメンバーにも黙っていました)、ひっそり始めてひっそり飽きて止めるんだろうなあと思っておりましたが、何と一年続きました。記事数: 283 (コメント数: 158) は、日記など生まれてから一度も書いた事の無い私にしては立派なものかと。あ、会社の日報は書いてますけどね。

しかし冷静に見てみるとその次の日に 「今製作中なのはM26とM46」と書いてあります。
一年経った今でもまだ完成していませんよ・・・。

さて、実は一周年記念に久々の完成品写真をアップしようと目論んでおりました。AMR33とアドラー装甲車はホントにあと少し塗るだけなので今晩中に仕上げるつもりだったのですが・・・・・。


こんな時に限ってインフルエンザに罹患してしまいましたよ~。
今朝あまりに辛いんで医者に行きましたら、もういきなりVIP 待遇で個室にどうぞですよ(←単に隔離されただけ)。

仕事が山積みなのにゆっくり休めって、一体どうしたら良いのかと思いますが、今は熱に浮かされてるので仕方ないですよね。取敢えずは、良く寝て直すよう専念します。

| | コメント (2)

2006-02-13

fever [fí:vr]

う~ん、上がってきましたよ。
上がってきましたよ、じわりと、熱が(倒置法)。

仕事中、『なんだか寒くてダルイな~、でも月曜日はいつもそうだし』と感じていたのですが少し様子が変です。体温を測ってみると微熱が。
大した事は無いんですが、私は平熱が25度ほどしかないので(←死体かよ)発熱に弱いんですよね~。

いや、困ったなあ、明日は超個人的に超大切な大イベントが控えているんですよ。

・・・いえ多くの皆様の想像されるように、聖バレンタインデーなんて言う、菓子業界が仕掛けたイベントに乗っかり、チョコが欲しい訳ではございません(カミサンが親戚のケーキ屋で買って来ますけど・・)。
だいたいそんなベタな話題で当ブログのページを汚す訳には参りませんよ(←もう充分汚れている)。

そういう事情で(謎)今日は模型製作もお休み。帰って早く寝ます・・って、こんな事やってないで早く帰れば?(仕事中)

| | コメント (2)

2006-02-12

日曜日の作業日誌 2/12

世の中はイタリアでやってる冬季五輪の話題でもちきりです。今テレビで観てて思ったんですけど、バックの山とかに殆んど雪が無いですねえ。東北地方の雪を差し上げれば?

或いはサッカー日本代表。昨日の試合、勝ち負けには全然興味なし。いいじゃないですか守備練習と思えば。野球場ですよ?
ま、以上のようなメジャーな事柄には触れずに、当ブログは淡々とオジサンの日常を綴ります。


昨日はクラブ会合にて思わぬ形で刺激を受けたので、昼頃よりネジを巻いて塗装作業しました。

KVを2台とM26の基本塗装。今まで重戦車を何台も一度に塗ったことなど無かったので、ブラシ用に薄めた塗料が直ぐに切れてしまい、塗っても塗っても終わらない感覚でした。

今日はハイライトまでエアブラシで塗り終えるつもりでしたが、アクシデントも有ったので疲れてしまい、ベタ塗りだけで終了。今思い出しましたが、まだキャタピラも塗っていませんでした。

気になったのが、鋳造砲塔型KVのドライバーズハッチ周りのパテが、先ほど見たら引けてしまっていた事。
横着してここだけポリパテではなくラッカー系パテを使ったので、塗料を薄めた溶剤が影響したようです。

見なかったことにしようか、今一度目立たないように処理しようか、思案しています(←書かなきゃ皆さん気が付かなかったのでは)。

| | コメント (2)

2006-02-11

建国記念日の作業日誌

静岡HSまでのカウントダウンが(自分の中では)始まっています。
夕べフトンに入ってから、『明日こそはやらないと』と悲壮な決意をしました〈←寝る前に決意しようよ)。
今までも気持ちは焦っていたのですが、なかなか手が動きませんでした。

朝から少しでも塗装しておこうと思い、先ずは息子に部屋の片付けを指令。
元々は私の模型部屋(兼物置)だった部屋なので、文句は言わせません。
・・〈片付けに1時間近く待たされる〉・・

すでにやる気が半分ほど失せてしまったものの、気を取り直してKVとM26の基本塗装。
KVは転輪を外して車体下部と影部分を暗い緑色にエアブラシ。何とかノッて来ましたよ。
続いてM26はスカート部分より下を、転輪とともに真っ黒に塗ってしまいます。
・・〈Mrカラーつや消し黒のビンが空っぽ〉・・

良く見たらロシアングリーンなども中身が固まっていました。
ショップに行けば良いのですが、今日はクラブの会合なので、2度行くのは面倒です。

殆んど使った形跡の無いツヤあり黒を発掘して、フラットベースを加えてヤッツケ塗装。
・・・微妙にツヤツヤした車体下部になってしまいました・・。
結局他の塗装も、塗料待ちで中止。午前中終了。

午後はKVのスローガンのマスクでも作ろうかなと思っていたのですが、カミサンの買い物に付き合ってしまい作業中止。アドラー装甲車の塗装を仕上げて一日が終わってしまいました・・。

夜8時過ぎより模型クラブの会合。1名欠席(で20%の欠席率)。
t_semobennte_002


写真がボケてしまいましたが、何とhideさんが作ってきたブラチモデルのSemovente 149/40 です。
いや~驚いた。さすが会長〈一応)。やるときゃやりますね。

これで明日は寝ていられますよ、私は。良かった良かった〈←良くないよ)。


| | コメント (0)

2006-02-08

むずむず

いや~来ましたね。
来ましたよ、今年も花粉が(倒置法)。

夕方から鼻のむずむずが止まりません。
ああいやだぁ~、杉花粉の無い国に行きたい。

そういう訳でこれから私の模型製作は停滞しちゃうと思いますが(←これ以上停滞する事も無いと思うが)、皆様生暖かく見守って下さい。

   *   *   *
むずむずを我慢して、食後に少しだけフィギュアの塗り。

思えばフィギュアと戦車を絡ませるのは、これ以来なんですよ。
昔は全く苦にならなかったフィギュアの塗りですが、長い事触れていないので完全に忘れており、たった2体なのに手順がでたらめです。
しかも顔以外のベース用に使っていたタミヤアクリルが全滅していたので、まず塗料の発掘作業から始める事態に(爆)。
結局基本塗装をハンブロールで塗った為、油彩で塗る前に完全乾燥させる必要が生じてしまい、またまた完成が遠のいてしまいました・・。

今の状態ではかなりみすぼらしいので、写真はもう少し塗れてから。

   *   *   *

横峰さくらのお父さんって、私より1歳下なんですね(結構ショック)・・。

| | コメント (2)

2006-02-06

ギターマン

先日パン屋のH君が、愚息のために古いギターアンプを無期限で貸してくれました。
H君は高校の同級生で、ちょっとだけ一緒にバンドの真似事をした事があります(この話は長くなるので改めて)。

持ち帰ると息子はたいへん喜び、にょさんから頂いたミニアンプは電池一個で使えるので学校用(?)にし、借りてきたグヤトーンのアンプをベットの横に据え付けました。

さて昨日、ツインメッセから帰ってベランダで作業していると息子の部屋から大音量のギター騒音が。
近所迷惑になるので音量は絞れ、と言ってあったのですが、どうもロッカーに成りきっている様子。

大概にしろと叱りに部屋の戸を開けると、息子がだらりとギターをぶら下げるスタイルで熱演中。

・・良く見るとギターストラップが、古新聞を束ねる為の紙ひも(しかも白いやつ)。
可笑しいのを通り越して呆れてしまう父。

父 『お前なんでこんなモノでぶら下げてんの』
子 『・・・立ったまま弾きたいから
父 『いやそうじゃなくて、どうして紙ひもなの』
子 『・・・ビニールひもが無かったから(←爆)』

息子よ。ビニール紐は古紙回収に使ってはイカンので、もう我が家には無いのだ。
じゃなくて。
息子よ。それは、何事も形から入ろうとする父への当て付けか?
それとも、お前は単にアホなのか?(たぶん後者)
ストラップなんて、千円くらいでも売ってるぞ。一体幾らだと思ってるんだ?


目標に向かって努力する心を養う為に、金額は伏せて上手く弾けるようになったら買ってやる事にしようかなと(←普通はテストの点数とかで取引しないか?)。しかしどうやら弾き真似に夢中になってるだけのようなので、上達しそうにありません。

| | コメント (2)

2006-02-05

日曜日の作業日誌 2/5

ツインメッセ静岡の北館で開催された『モデラーズフリマ』に行って来ました。

混雑を予想して自宅の近くからバスに乗りましたが、どうやら車で来ても問題無かった模様。
入場して直ぐに金子さんの作品展。
想像よりずっと広いスペースがとられており、かなり昔の作品も展示されていました。
kanekosann2
来客が多くてお忙しそうだったので、少しだけご挨拶。
作品数は70以上で、これ程の数を一度に展示したのも、ご自身で一度に見たのも初めてだそうです(笑)。

フリマの方は朝10時台ながら、かなり賑やか。結構たくさん買っている人も居ます。
高額プレミアが付いたキットが多く、組めない模型には(懐かしさは感じますが)全く興味が無い私には見所を探すのが難しい。
極め付けは何故かタミヤコーナーに鎮座していたイマイのエレファント
作ってしまったら価値が無くなる模型に、何と最低落札価格33万円ですよ。ふぅ~。

毎回仲間と出店している、中・高同級の友人M君(車の模型在庫が山ほど)に挨拶して巡回終わり。
大阪の有名クラブの出店ブースにブロンコのオチキス(イマイチ買う気が起こらず)を発見したくらいでキットの収穫は無し。

とは言え「目の色変えてお宝キットを探すなんて・・ふっ」とやさぐれていた私ですが、いざ来て見たら結構面白いイベントです。これ程沢山の模型を売ってる場所は、多分ここしか無いでしょうからね。

西山洋書のブースでCD付きのTK-S資料本『Model Detail Photo Monograph』(ポーランド語/英語)とレンドリース車輌の写真集(ロシア語)を購入。TK-Sの本は、これさえ有れば、ミラージュかTOMのTK-Sが直ぐにでも作れてしまう凄い資料です。しかしリベットがラウンドではなく、全て尖頭ボルトだったんですね・・(←資料さえあれば直ぐ作れると思うのは大きな勘違い)。

帰り際にアートボックスで先行販売していた金子さんの作品集を購入。サインを頂いてから失礼し、受付で本のおまけのプラ子マーク入りバックを貰い、バスで帰りました(往復440円・・)。

金子さん、サイン有難うございました。やっぱり土曜日にも来れば良かったですよ。

   *   *   *
帰宅後の作業は、以下の通り。AMR33の砲塔に貼ったデカールに皺が有るのを発見→補修、汚れる。M26とKV-1およびキャタピラ3種にサフェーサー吹き→何かザラザラになる。フィギュア2体の顔を塗る(!)→10年振りなのでとても見せられない状態になる(どうしよう)。アドラー装甲車のパステルワーク→やればやる程汚くなる(ああどうしよう)。こんなところです。

久々に充実した日曜日でした。良かった良かった(←良くないよ)。

| | コメント (0)

2006-02-04

土曜日の日誌 2/4

土曜日ですが、終日仕事。

今日と明日は、ツインメッセでモデラーズフリマが開催されています。
時間が空いたら覘きに行こうかと思っていましたが、仕事中に時間を作って行くほどの動機付けがなかったので取り止め。
模型を積んで置くスペースが無い!と騒いでいるのに、これ以上買うのは如何なものかと。

でも明日は朝から行って見るつもりです。
何だかんだ言っておいて、T社のコーナーで買い物するかも(←おい)。

   *   *   *
ニュルンベルグトイフェアの情報をネット上で幾つか目にする事が出来ました。
ドイツでやっている見本市の様子が日本に居てリアルタイムで判るなんて、全く凄い世の中ですね。
って『電脳炎』の課長かワシは。

凄いのはドラゴンの新製品攻勢。目玉は Sd.Kfz 234/2 Puma と Sd.Kfz 234/4 でしょうか。
かなり良さそうですけど禁ドイツの私には関係ない話・・。

もう私を救済してくれるのはminiartしかありません。
しかしT-70に加えてT-80

ええ?大戦中のT-80とは、砲塔にハッチが2枚有るT-70ですか(←凄く大雑把な言い方)。
嬉しいんですけど、ちょっと微妙ですね。このメーカーにはT-70に全力投球して欲しかったなあ。

とにかく早く写真を見てみたいですね。話はそれから(やや不安も)。


| | コメント (0)

2006-02-03

グッバイ、ミスターT。

ミスターT、あなたには今まで本当にお世話になりました。

子供の頃からずっと、私は(多分)あなたを追いかけて来ました。
実際あなたが居なければ、私は今の私ではなかったでしょう。

しかしあなたは30年以上の年月で変わってしまった。
今まで有難う、でもさようなら。もうあなたの事は気にしないようにします、ミスターT。

・・・こんな感じですかね、これに関しては。
私の早合点で有りますように。

   *   *   *
夕方、ショップに立ち寄り。
新製品コーナーに1/48のⅢ号戦車L、小さいけど出来が良いですね(棒読み)。

MiniArt社のフィギュア2種も在りました。
『ソビエト・タンククルー・アットワーク』と『ジャーマン・タンククルー・アットワーク』。

hakoe


それぞれクリーニングロッドを持つ戦車兵が主な内容です。
5セットずつ程購入して、豪華な東部戦線綱引きディオラマなどいかがでしょうか(←ダメだろ)。

決まったシチュエーションにしか使えないのが難ですが、ここは一つ、T-70Mに期待してお布施をしておきます。
坊主頭がステキなソビエト戦車兵セットを購入いたしました。

| | コメント (0)

2006-02-01

館山寺温泉にて

これから宴会です。ビールもたらふく!200602011833001.jpg


   *   *   *
【2月2日】写真を追加します。雨の舘山寺内浦・大草山です(←だから何)。
宿のロビーから見える景色。
t_kannzannji

| | コメント (3)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »