« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006-04-29

みどりの日の作業日誌

今日は朝から木製ベースのオイルフィニッシュ。
オイル仕上げは拭き取りながら何度も塗るので、手間がかかります。
以前使用していたオイルは、缶入りで粘度が高く使いにくかったのですが、昨年、邦人氏のHPで紹介されていた和信ペイントの製品に変えてからは、キャップが受け皿になっていたりと手軽な為、少し楽に塗れるようになりました。ついでにステインも同社の製品に変えたのは良いのですが、使わなくなった塗料の缶類が実に邪魔。不燃ごみには出せないし…。
それらは元々、趣味で作った家具を塗る為に父親が揃えた物だったので、量が多いんですね。

私の父親は昔、家具職人だった(鏡台などの家具は静岡の地場産業でした)ので『模型用の厚手の木の台が欲しいんだけど、高価い表札用の板しか売ってないんだよね』と頼むと、安い端材を買ってきて、接着して固定し、カンナをかけて厚手の板材を簡単に作ってくれました。小さな台だと、頼みもしないのにノミでふち飾りを掘り込んであったりして、イメージに合わず困りましたが…。

ふち飾りは、凝ったもので無ければトリマーを掛ければ何とか出来ますが、イメージに合う厚さの板材を作るのは、結構面倒なんですね。父親が亡くなってからは、不本意ながらカワイのアガチス材デコパージュを買ってきたり、または旧作品の乗っていた台を使いまわしています。形見なんで、模型より大事にしなければ(笑)。

そ し て 午 後
ショップに行き、さかつう0・3mm洋白線を購入。M26パーシングのアンテナ付け直し用。
「5センチ位だろ~」と適当な長さに切断して取り付けてあったアンテナですが、実は1/35で10センチ程(長っ!)必要な事が判明したからです。ちゃんと資料写真を見ながら作りましょう。
真鍮線だと塗るのが面倒なので、洋白線に直接「ガンダムマーカー」のグレーを塗って取り付け、お仕舞いです。
しかし今日の作業は、何れも「模型作り」の範疇では無かったような気も…。

| | コメント (0)

2006-04-26

Polish Field Bakery

tanxheavenに、ポーランド軍のパン焼き車輌を発見
温調計器を見るとそれ程古くないものでしょうが、軍用パン焼き車の写真は結構珍しいかも知れません。
燃料は?実物を見ないと良く判りませんが、長い煙突が見えるので、ガスでは無いようです。配管が華奢なので灯油とかかなあ…。油臭くなりそうな気も。
黒くて四角いケースがパンのケースで、出し入れ口のトレーに並べられています。恐らくその複数のトレーが観覧車のように焼成室の中を1周回転してパンが焼ける、リール式のオーブンかと思われます。

  さ  て
先日購読したパンツァーグラフ!のフィールドキッチンの記事にはドイツ軍の製パン部隊について紹介されていましたが、ミキサー車輌で捏ねた生地を、どうやって現地で焼く前に発酵させていたのかが良く判りませんでした。
これは(SMAから「製パンミキサー車」のキットが発売された頃の)昔から、自分にとって結構謎なんですね。
暖かい場所なら屋外でも発酵するかも知れないけど、寒い土地だったら醗酵室車輌とかも必要なのでは?発酵力が無さそうだけど、一晩くらい時間が掛かったのでは…?
う~ん、判りませんね~(←いずれにしろ大した疑問ではないし模型に関係ない)。

パン焼き部隊は前線には居ないだろうし、敵に一発も撃つ事無く、パンだけを焼き続けたドイツ兵も居たかも知れませんね(笑)。

| | コメント (0)

2006-04-25

サムライフィギュア

模型クラブメンバーのhi-jagd38tさんより「掛川に七人の侍あるよ」との情報が入ったので、5体ほど保護してもらうことに。
「有るだけ買っといてくれや~」と言うのが正しい大人買いなのでしょうが、ちと守りに入ってしまいました。

いや~しかし見るほどに良い出来ですね。これが315円で、しかも完成状態で手に入るとは。1/32とか1/24と違い、見慣れたサイズなのでとても良い感じ。
T_samurai_003

←勘兵衛がボケてしまいましたが、手前の生き残り組3人が揃いました。
一番欲しかった久蔵が色付きで手に入ったし、コンプリートを目指してる訳ではないので、ほぼ満足(菊千代はポーズがいま一つピンと来ない…)。ああでも、五郎兵衛欲しいかなあ…(オヤジの物欲は留まる事を知らない)。

   *   *   *
夕方、清水方面から草薙球場前の幹線を通ると、大勢人が集まり、かなり賑やか。
そう言えば、今日はプロ野球ナイター横浜vs阪神戦があるのでした。
回りはホントに男も女も縦縞の人ばかり。皆さん元気ですね~。

一応、横浜の主催ゲーム(大洋時代から、静岡で年間2~3試合行なっている)なんですけどね。
ベイファンはどの位居たのかな。試合より、スタンドを見てみたかったですね。因みに試合は阪神の大勝。

| | コメント (0)

2006-04-23

日曜日の作業日誌 4/23  

朝食後に木製ベースのオイルステイン塗り。小雨模様で乾きが悪そうなので、これ以上の工程は取り止め。
作りかけの模型も進めたいところですが、気分転換に出掛けることにしました。

大型ショッピングセンターのカフェでのんびり。その後無印良品で、ホビーに利用出来そうなものを探索。
完成品を単品で収納する箱を探したのですが適当なものは無く、代わりにこんな物を発見。

T_hako_002
ちょっと判りにくいですが、4つに仕切られたアクリルのCDラックで、150×100サイズの木製ベースが2段に4個収まります。1600円。
昨年静岡HSで展示した私のロシア軽戦車3台が丁度このサイズなので、あと1台同じサイズのロシア戦車を製作してコレに飾ればオシャレだな~、などと暫し妄想(おかしな客)。

ふとツインメッセで静岡クリエイト(模型フリマ主催)が手芸系フリマ「クラフトアベニュー」を開催しているのを思い出し、模型展示に使えるモノは無いかと立ち寄ることに。
西館の2階はホビーショー時には休憩室に充てられているスペースですが、かなりの繁盛振りで、お客さんも出店者も(当然)女性が殆んど。予想に反して趣味の完成品を販売している店ばかりだったので何も買わず。
タミヤも工作グッズで出店中。作業台付きルーペをのぞいていたら、事細かに説明してくれました(苦笑)。

帰宅後、覚悟を決めて(?)ドラゴンM46の工作の続き。
ほぼ完成に近いのですが、細かなディティール再現が面倒くさくて放置中でした。
前後の泥除けを吊っている支持棒を製作、取り付け。
後部は長いロッドですが、前部はターンパックルで張り調節できるようになっており、これもプラ板で作ります。もしドイツ戦車にこの部品が付いていたら、とっくにどこかのメーカーで商品化してるだろうな~と無駄な妄想…。
工作がもう少し進んだら、写真を撮ってみます。

| | コメント (0)

2006-04-21

題字板

実はいつも悩んでいるのが、タイトルプレートです。
去年の完成品は、悩んだ?末に取り付けずに終わりました。

雑誌に載っている作品を見ると、豪華な感じの「真鍮版、もしくはアルミ板ベースに黒文字」が主流ですが、やはり人と違う表示方法を選びたいところ(頑張り所を間違えてる感が…)。

そこで今回は、黒いカッティングシート地に白文字のインレタで作り、プラ板に貼ってみました。
狙いは、「ブティックの小物の価格表示」風です。思い入れがない・無機質で素気ない・必要な情報を表すだけ、という工業製品的な感じ。

T_titleplate_004

で、出来上がったのがコレ←なんですけど。文字ガタガタ、プラ板の切り出し失敗、で手作り感丸出し。工業製品的には程遠いモノになってしまいましたよ。ガックリ。

でも出来上がってみると、ヴァーリンデン製品のラベルにも似て、悪くはなかったかも。
ホントはもっとクールな字体にしたかったんですけど、白文字のインレタって種類が少ないんですよね。

黒字に白でタイプライター文字とか、有れば結構良い感じだと思うんだけどなあ(←もはや模型の妄想ですら無い)。

| | コメント (2)

2006-04-19

バースデープレゼント

大きな声では言えませんが、実は今週の月曜日は私の誕生日でした。

4月17日はめざましテレビの占いが1位だった(新たな出会いが有ったらしい)のですが、ばたばた忙しいだけで終わってしまい、特にハッピーな出来ごとは何もなく。
近所の電気屋さんが粗品を呉れただけで、この歳になるとプレゼントにも無縁なのですね(うう~、寂しい)。

と言う訳で今日の夕方、ショップに立ち寄り、2日遅れの自分へのプレゼントを購入しました(ある意味、もっと寂しい)。
↓これですよ。
T_t_topolino_002

モデルヴィクトリアのFIAT mod 500Aトポリーノです。
以前より欲しかったのですが、購入する良い切っ掛けになりました。

帰宅して、早速ゲートを削り仮組してみましたが、収縮の関係か、合いがいま一つ。
ドアが閉まらなかったので擦り合わせ。あと写真では判りませんが、シャーシも調整しないとボディがうまく載りませんね~。でもたったこれだけの部品なので、それ程問題なく組めそうです(バラトンモデルに比べれば100倍マシ)。
と言ってもホビーショーには間に合いませんが…。

*   *   *
超遅ればせながら、先日クインビーガーデンの食玩『七人の侍』を県東部のコンビニで初めて購入。
見たら1/35のフィギュアとしてはかなりの出来なので、幾つか欲しくなりました。
でも私の良く利用するコンビニには、すでに?置いていないのですね。
なので『何故かオタク濃度の高い客筋なので食玩が異様に充実している、競輪場近くのセブン』にショップの帰りに寄ってみたのですが、やっぱり売り場にありませんでした。無いと探したくなるのが困ったもんですが…。

ちなみに、競輪場はT社の向かい側です(←これ使ったの2度目だな)。

| | コメント (3)

2006-04-16

KV-1 1940年型〈溶接砲塔〉の完成

トランペッター1/35、KV-1 1940年型〈溶接砲塔〉が完成しました。

T_kv1weld_003

砲身はファインモールド、キャタピラはフリウル。それ以外はキットのままです。
工作も塗装も先日の鋳造砲塔と殆んど同じ内容なので、新たに書ける事がありません(弱気)。
鋳造砲塔に比べて、塗装を少しだけ黄色系に振ったかな?だけの違いでしょうか。

とにかく今回は数をこなそうと勢いで作り始めたので、吸気グリルのメッシュなどに敢えて金属を使わなかったのですが、そう思いながら割り切りも出来ない中途半端な作品になってしまったのが反省点です。
やはり、私には数をこなすのは無理かなと。しかし気付くの遅すぎ。

T_kv1weld_007

ええと、左側の起動輪ですが、工作が進んだ状態で間違いが判ったので、ここも実はキットのままです。
何故か完成してから気になりだしたので、やっぱり直して置けばよかったと激しく後悔。
私は「七つの間違い」とかの間違い探しが不得意なんですよね~(←そういう問題ではない)。

…あ、キャタピラの塗料剥れてる。これ位は直さなきゃあ…。

| | コメント (0)

2006-04-15

PanzerGraph!誌 春号

PanzerGraph!誌の春号を購読。

特集はタイガーⅠ型。既にあちこちで語りつくされてしまった感があるお題ですが、敢えて正面から挑戦した意味が紙面を見ると良く判ります。
完成品写真は大きめなカラー写真で見易く、ライターさんの工作途中写真は小さめながら枚数を多くと、雑誌のサイズを生かした、かなり上質なハウツー本になっていると感じました。
ドイツ戦車、しかもタイガーなのでこれ以上の感想はありませんけど(ご免なさい)。

裏特集はフィールドキッチン。これは結構楽しい企画。
もしかしたら取り上げられるかな?と予想していたコスミブロート(軍用パン)がやっぱり載ってましたね。
『コスミブロート』でネット検索しても他には引っかからないので、恐らく日本ではオリヂンカワモトさんしか焼いていないのではないでしょうか。川元さんは清水区でドイツパンの専門店を営んでおられて、私も仕事絡みでよく存じてます。実際行くとホントに小さな店で、皆さん驚くのですが(笑)。

あとは79ページ上段の「製パン車輌」写真に激しく興味あり。
オーブンの燃料は一体何でしょうか?他の写真で、廻りに薪が山積みになっている様子を見た事がありますが、薪燃料にしてはこの車輌は炉に当たる部分が無いように見えます。しかも2段なので、一体どういう構造になっているのでしょうか。ガスオーブンだったらこの形も判るのですが…。

パン自体の形も、サイドはきっちりと角が立っているので、写真には写っていませんが何らかの焼き型で焼いていると推測出来ます。前後の端がダレているパンが見受けられるので、長くて四角い、雨どいのような型で焼いたのではないかな、と思うのですが……え?誰もそんな事気にしないって?いえいえ、製パン車輌とは言え立派な(人気の)ドイツ軍車輌の端くれですから、きっと詳細を知りたい人が沢山居ますよ(←居ないと思うが)。

| | コメント (0)

2006-04-14

お待ちかね

KV-1完成品の写真を3枚、マイフォトにアップしました。
あと、今までのコメントもちょこちょこ変えています(内容を思い出しながら書いているので)。
もし宜しかったら、改めてご覧になって下さい。

と こ ろ で

ようやくタミヤからB1が発表されましたね。とても楽しみです(←微妙に棒読み。で、今度はどの部分がダイキャストなんだろう)。

なかなか良さそうなキットだし勿論自分は買うでしょうが、いざ出るとなると『これはタミヤが開発するべきアイテムなのかなあ』との思いがふつふつと。

何故ナスホルンやⅣ号、T34、KV、タイガーのリメイクじゃあ無くてB1なのか、と(どれも今からでは遅いかな)。
Ⅲ突の件と言い「1/35の土俵から降りてしまってる」感が強まったような。

でも、このキットを機に仏軍車輌が充実したりする事があったら、タミヤさん大いに見直しちゃいますよ。
いえ、私に見直されてもどうなんだ、って話ですが(笑)。
48の11CVも、1/35で出てもおかしくないし。ラフリー装甲車なんかも出たら凄いなあ。
一気にマイナー路線を突っ走ったりして(←絶対ない)。

| | コメント (0)

2006-04-13

KV-1 1941年型〈鋳造砲塔〉の完成

トランペッター1/35、KV-1 1941年型〈鋳造砲塔〉が完成しました。

T_kv1cast_002

金属砲身はファインモールド。キャタピラと起動輪はminiarmレジン製。
ご覧の通り、それ以外は素組に限りなく近いです。しかし思えば去年の7月が組み始めですよ。
勿論ず~っと作っていた訳ではありませんが、やたら時間が掛かりましたね~。何ででしょう。

塗装はクレオスMrカラー、ロシアングリーン他数色でグラデーション→油彩数色でウオッシング(一回づつ乾かして数回)→パステル数色でウオッシング補正。こんな所です。

世の中「チッピング」流行りなのにも関らず、毎度変らぬ90年代風の塗装法ですが、これもまた良いか、と開き直っております(←あ~イタいオヤジ)。
T_kv1cast_010


砲塔のマーキングは、資料のカラー図を1/35に拡大コピーしてマスクを作成し、エアブラシでマスキング塗装。

スキャンしてデカールにプリント、とかで無いところが『電脳炎』の課長に言動が限りなく近い私らしく、ローテクで良い感じかなと。

| | コメント (2)

2006-04-09

M26パーシングの完成

何方にも問題なく作る事が出来る、タミヤのパーシングがようやく完成しました。
M26~M46系列は稀に見る不人気車輌(←俺調べ)なので、全く興味の無い人にとっては『無駄に出来が良い』の見本のようなキットかなと。
M26

防盾カバーとマズルカバーはTRAKZのレジンパーツ。T81シングルピンキャタピラはWWⅡのレジン製。
小フック(クリーツ)はアベールのPE。但しPEはこれしか使わず、ライトガードなどはキットパーツを薄く削り対処しました。まぁ『ちょっとハズして作った』ってとこですか(←手抜きの言い訳け)。

T_merukaba_011

仕様はキット説明書にある通りの、朝鮮戦争時の海兵隊所属車輌。釜山に駆けつけたばかりといった感じで車外に装備品が少なく、また戦後型の特徴として、後部に車外通信機が付いてます。
どんな車輌でも大戦時仕様で無いとがっかりする方も居られますが、私はどちらかと言うと戦後仕様に興味があるんですね。

   *   *   *
日本平スタジアムにJ1リーグ、清水vs大分戦を観戦に行きました。
とても良い天気で暖かく、ピクニック気分でサンドイッチを頬張り。ああ、小さな幸せ。

13時キックオフ。終始清水が押す展開。とても攻撃陣の動きが良く、何とFWが3点、攻撃の中心が1点取りました!スタジアムに来て、こんなにゴールシーンを見られたのはホント初めてですよ(←疫病神?)。

清水4-1大分。危なかったのは終了間際の失点の時だけ。ここは課題として残りますが、とにかく連敗を3で止め、勝ち点3を取り、得失点を3点プラスしました。良かった良かった。

| | コメント (0)

2006-04-08

模型クラブの例会 4/8

風が強く、雨が降ったり晴れたりと安定しない天気の土曜日でした。
屋外に模型を持ち出すのは危険なため、予定していたパーシングの写真撮影は中止。

代わりにベランダで木製ベースの塗装。一度に3枚のサンディングを行ない、オーク色のオイルステインで刷毛塗り、拭き取りを数回したところで息切れ(泣)。まだ杉花粉飛散が多いのか、アレルギー症状が酷くなってしまった(黄砂がアレルゲンか?)ので作業中止…。

夜から模型クラブの例会。
我がクラブの最大にして唯一のイベント、静岡HSまであと42日ですよ。
今日の持ち込み作品はにょさんの潜水艦と会長のメルカバMk4(写真)です。


T_merukaba_001


何とか工作だけでも間に合いませんかねえ…。

あ、因みに後ろに写っているソースかつ(菓子)は、会長が時折無性に食べたくなるそうで、私も一枚戴きました。
味は、そうですね~。う~ん、何に例えれば良いんでしょう…。

| | コメント (0)

2006-04-07

週末の予定

先日パーシング用に購入した、さかつうの2.5mm径ライトレンズが出目金状だった件。

そのままライト本体に貼り付けてしまうと、トホホな表情になってしまうので、かなり硬い素材でしたが、サンドペーパーで根気良く削ってみました。
削って荒れた表面は、2段階に磨いてタミヤエナメルのクリアーを塗ったら違和感が無くなり、ボリュームダウン成功。まだ数枚残っているので、同じライト部品を取り付けたM46にも使えます。良かった良かった。

これにてパーシング本体は(やっと)完成。
明日晴れていたら、屋外で写真撮影(部屋の中は照明が足りないので…)して、ついでに木製ベースの塗装(サンディング→ステイン→オイル仕上げ)に掛かる予定です。

明日は久々の土曜休み、夜は模型クラブの例会日。作品を持って行けるかな。

因みに日曜日はJ1リーグ、清水vs大分戦を日本平スタジアムで観戦します(ヤッホー!)。
あ~楽しみ、ですが3連敗中なのでちょっと心配かも…。

| | コメント (0)

2006-04-05

マイフォト(※追加あり)

me20の写真帖』と題した過去作品のアルバムを製作しましたので、もし宜しかったらご覧下さい。今後少しづつ増やしていく予定です。

なかなかデザイン変更が反映出来なかったので時間が掛かり、今日も模型はお休み(←ダメじゃん…)。


◇ 4月6日追加 ◇

今日もマイフォトの手直しなどで模型を触らず。
結構楽しい(←ますますダメじゃん…)。

| | コメント (0)

2006-04-04

今日の買い物 4/4

夕方、ショップに立ち寄り。

先週注文してあった、さかつうのライトレンズ2.5mm径を購入。パーシングのライト向けです。
しかしそこはカーモデル用の悲しさ、良く見たらプロジェクター・ライトなので出目金状になっていました(がっくり)。
少し削って磨く等の工夫が必要かな~と。今日は眺めただけですけど(←やらねば…)。

MODEL誌を購入した際に見送っていた、AFV modeller誌27を(遅ればせながら)購入。
禁ドイツではありますが、表紙のグリレHが載っていれば買う価値があるかなと思っていました。
車輌改造、ディティールアップの王道。現在揃えられるパーツを全て駆使した、強烈な作品です。
…自分には真似できないなあ~。同じパーツを揃えるまでは出来るけど(爆)。
テクニックは勿論、強い意志が無ければ絶対に出来ない作品です。


   *   *   *
静岡HSまであと45日ですよ。
参加される皆様方、製作は捗っていらっしゃるでしょうか(何気にプレッシャー)。

| | コメント (0)

2006-04-02

日曜日の日誌 4/2

今週末は市街で静岡まつりが開催されているのですが、一日中、大雨の日曜日でした。
この雨では殆んどのイベントが中止されたと思われます。子供が小さかった頃は、花見を兼ねて会場の駿府公園(駿府城址)に良く行きましたが、最近は用事もないので、我が家には特に予定変更は有りません。

かと言って自宅で模型三昧とは行かず、家族の買い物に運転手で駆り出されることに…。
出掛けたついでに楽器店で、息子にギターストラップと弦、プラグを購入してやり進級祝いのプレゼント。いや~喜ぶ、喜ぶ(合計2千円弱、安い奴…)。帰宅してから、全身を映す鏡に向かってポーズをとっていたのは言うまでも有りません。

   *   *   *
Missing-lynxに『ルノーUE,TRC36,AMR33 & 35のキャタピラはユニバーサルキャリアーの物と同じ』との記述を発見。
ええ~、そうだったかなあ。幅はほぼ同じですが、上下長が違ったような。ピッチも、パターンも似ているけど違いますよ、確か。
ユニバーサルキャリアーの方がパターンがはっきりしているので、ルノーUEに使ったらここだけ目立ってしまうような気が。

でも、使っても変では無いならば使いたいですね…。モデルカステンのは未だ買ったことは無いですけど、見てみようかなあ…(←結局考証よりも見た目か?)。

| | コメント (2)

2006-04-01

4 月 1 日 。

土曜日ですが仕事。見積り作成の合間にGIZMOLOGIC CAFEを閲覧。
オブイェークト279試作重戦車のNewkitがMihiartから発売されるという大ニュースで、目が覚めました(←仕事中なのに寝てたのか?)。
むむむ~。この調子で行きますと、ASU-57空挺自走砲の決定版キットが同社よりリリースされるのも時間の問題ですよね。今後ミサイル自走砲系も期待できますねえ~。

あれ?…あと数分で今日が終わっちゃいますね…。遅すぎ…。


【今日のJリーグ】
仕事から帰って、清水vsG大阪のBSの中継をつけてみたら、決勝点を取られた瞬間でした。
清水2-3G大阪。清水は3連勝の後、3連敗。次ですよ、次っ。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »