« 日曜日の日誌 6/18 | トップページ | お知らせなど »

2006-06-20

W(杯)の悲劇

高い場所から物凄い速さで落下していて、地面に叩きつけられる寸前なのに「大丈夫、まだ生きている。何か方法はある筈だ」と考えるのは何があっても諦めない、強い意志の持ち主なのでしょうか。
私は、どちらかと言うとそうなる前に、出来るだけ高い場所からは落っこちないように努力した方がいいと思います。

いえ、興味ない方にはどうでも良いサッカーW杯の、日本代表チームのことなんですけどね。
まぁちょっとだけお付き合い下さい。

クロアチア戦を「どうせ勝てない」と口では言いながらも、内心期待を込めて観ていました。
で、守備陣が踏みとどめて前半0-0で終えた時点で、監督は後半(初戦のオーストラリアのように)パワープレーに出てくると踏んでいました。

だって、次の日本の相手はブラジルですよ。対してクロアチアは、日本とそれ程力の差が無いオーストラリアが次の相手なので、最悪引き分けでもまだ目があります。日本は引き分けでは死んだも同然(死期が延びただけ)なので、後半から失点を覚悟で攻めに出てくるはず、一体いつやるんだと思っているうちに…終わってしまいました。

「ブラジル戦は点を取りに行く、システムをいじる、3トップ云々」などとマスコミから伝わって来ますが、もしそれが可能ならば、何故日曜日の試合で思い切ってやらなかったのでしょうか。ドイツまで戦いに赴いている選手達の才能と努力を、しっかりと理解し、最大限に生かす方法が執られていたのでしょうか?……はぁはぁ、ぜいぜい。ごほごほ。

日本がブラジルに3-0で勝利し、オーストラリアが僅差で負ける。
そうすれば日本チームは決勝トーナメントに進むことが出来ます。確かに可能性は0ではありません。

でも現実から目を逸らさず、一体この(史上最強とまで言われた)チームに何が足りなかったのかをしっかり見極めるために、「今大会最後の」日本代表の試合を見るべきです。本当に残念ですが。

|

« 日曜日の日誌 6/18 | トップページ | お知らせなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日の日誌 6/18 | トップページ | お知らせなど »