« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006-07-30

日曜日の日誌 7/30

蒸し暑い中、こまごまと模型製作上のルーチンワークをこなした日曜日でした。

◇今日は、焼津市民文化センターで県吹奏楽コンクール中部地区大会(中学生の部)が行なわれたため、愚息の中学の部を応援(聴いてるだけ)に行きました。
順番が24校中の後ろから何番目かだったので夕方に出掛け、1時間ほど中学生で満員の会場をうろうろ。
愚息は家では、だらしないだけのダメ小僧なのですが、ステージ上で真剣に楽器を奏でている姿は普段、親が見ることの出来ないものでした。親が知らないところで頑張ってるのかな。ギターも練習してるし、男子は少数派の部活なので、これから結構モテるかもなあ(←たんなる親バカ)。

◇昨日の日記に「私は出戻り以来、これ程素晴らしい箱絵に出会った記憶がありません」と書きましたが、ジャケ買いは以前にもありました。
T_t70_1
TOKOのGAZ-AAです。夜を表した色が良い、味のある絵がさらに良い。正しく「ボックスアート」です。
白バックでは表せない風情がありますね。メーカーは無くなったようで、残念です。

| | コメント (0)

2006-07-29

お買い物いろいろ

今日は仕事の土曜日でした。
午前中は浜松で会議だったので、早めに終わったら浜松市美術館で開催されている「田宮俊作展」に行ってみようかなと思っていたのですが、会議終了と同時に沼津でトラブル発生の連絡があり、静岡県を横断する羽目に。
サボり計画は敢え無く失敗で、タミヤ社長展はお預け…。

ブログのネタが無くなってしまったので、先週からの模型的買い物を披露することにしました。

T_blogphoto1_002

先ずはMASTER BOXのフィギュアセット「German Captives,1944」です。私は出戻り以来、これ程素晴らしい箱絵に出会った記憶がありません。完全なジャケ買いです。illustration A・Karaschuk(←誰?)。

T_blogphoto1_003

パンツァーグラフ!夏号。良い意味で今までの模型雑誌の規格にはまって居ないような気がします。
D-DAY特集ですが戦車中心の作例が少ないし、編集長はスカイダイビングしちゃうし(すごい)。

TascaのブローニングM2重機関銃セットBは、メーカーより通販で購入。裸眼でモールドを確認しようと思いましたがムリでした。現在製作中のブツが終了したら、M46用に組んでみます。

M42ダスターの資料本も購入。Letterman PublicationsのAFVISUAL[ THE DUSTER]です。
ボブ・レターマンって、ヴァーリンデンの作品集とかでスーパー(デカい)ディオラマを作ってた人だったっけ?
意外とまとまった資料が無い戦後米軍車輌なので、小さい本(つまり写真も小さい)ですが助かります。
しかしこの「旅の絵葉書帳」みたいな装丁は何とかならんかったのかな…。

T_blogphoto1_004


工具も2点。シェブロンのエッチングフォールドと、シリウスの エッチングニッパーです。
どちらも、長年使用してきた工具が破損した為の買い替え。腕は道具でカバーしたいので、この辺りの出費は惜しみません(と言いながらずいぶん悩んだ)。

| | コメント (0)

2006-07-25

メル馬鹿

昨日の日記のシメに「だから調べると面白いのですけどね」と書きましたが、これは間違いだったので訂正します。正しくは「教えて貰うと面白いのですけどね」でした(笑)。ただ今私は教えてクン状態です。自分で調べて楽しむ域には達しておりません。ちと反省…。

  さ    て

レバノンはかなりきな臭い事になっています。
「ヒズボラ徹底抗戦を表明」とか、「一般市民に死傷者多数」とかのニュースを目にすると、何とかならんもんかな~と日本・静岡在住のオヤジは心を痛めるのですが、いざテレビにメルカバの姿を発見すると「おおぉ~」とか不謹慎な雄たけびを上げてしまうのですね。事の重大さは充分理解しているつもりですが、それとは別に、モデラー魂が疼く訳です。

さて、ショップの店長がHPでレジェンド・メルカバMk-Ⅳ塗装前写真を新たにアップしたのでお知らせします。
更新しないので有名(俺調べ)なショップのHPですが、この所の更新続きで九州では大変な大雨でしたよ(←無関係)。

メルカバは異形のメカでコアなファンが多いのですが、ネットでも細かく手を入れた作品は、余り目に出来ないような気が。まぁ店長は私が認める(?)メルカバ馬鹿、略してメル馬鹿なのでアップ写真と解説で変態工作を堪能できます。ディティールフルなメルカバ模型の写真は、現用に興味の無い方も一度見て損はないかと思います。

しかしね、いつも思うのだけど一体「AEFよりマシ」とか「キットパーツの出来が余りにひどい」とか正直に書いて販売促進に繋がるのかどうなのか…。

| | コメント (0)

2006-07-24

T-70マニヤックスリターンズ

タイトルをご覧になって「またこれかよ」と呆れた方以外は、今回もお付き合い下さい(弱気)。
なお、リンク(サイドバーの下の方)させて頂いてる「GIZMOLOGIC CAFE」の掲示板を併せて読めば、より頭がこんがらがるのでお勧めです。

◇テクモド製T-70M(ギャラリー1参照)を製作した際に、用途が不明の車体後面の固定具が気になっておりました。破壊された車輛の記録写真には長方形のパネルが差してあるのが見受けられましたが、これが何なのか良く判らなかったのですね。
で、今回ギズモロさんにお答えを頂きまして、これは後ろ右上部に有るグリル用の、分割されたカバーと、その差込固定具だとの事でした。これで全て納得。
実車の写真を見ると確かにグリルの枠の周りには、ヒンジ付の可倒式ネジと蝶ナットを組み合わせた固定金具が幾つか取り付けてあるのが確認できます。初めはメッシュ自体が取外し式なのか、と思っていましたが、このパネルを固定するためのものだったわけです(パネルの両端にもネジ穴?が見える)。
写真を何枚か見ると、横向きと縦向き両方の並べ方が確認できます。メッシュを被せたグリル周りの枠は相当薄くて華奢な板で出来ているようです。
T_me20collection_034


さて、これを模型に反映させてみようと、先ずパネルと同じ大きさに切出したプラ板を、エッチングで作った車体後部の固定具にあてがって見ると…。見た目がもの凄く邪魔(爆)。塗装も面倒になるし、お尻も焦げ始めてるんで、手間対効果を考えなければなりませんね~。

◇もうひとつ教えて頂いたのが「吸気グリル下側出し排気管の初期型車体にも、後期型の排気管出し口位置に蓋が取り付けてある」事です。いやぁ~ますます意味が判りません(←考察は放棄かよ)。
戦車はメカなんで何か理由は有るのでしょうが、戦時に開発された車両ってこういうのが多いですね。T-70の場合も行き当たりばったりの改造で、どんどんヘンになっているような…。だから調べると面白いのですけどね。

| | コメント (2)

2006-07-23

日曜日の作業日誌 7/23

◇ついこの前までは「毎日暑~い」と書いていましたが、先週から梅雨寒の毎日です。こう急に涼しくなると、風邪をひいてしまう方も多いかも知れません。お気を付け下さい。

◇昨日こそは模型作業を一気に進めてしまおうと目論んでおりましたが、義母より「沖縄音楽の夕べ」的コンサートのチケットがあるので聴きに行くよう言われ、仕方なくグランシップに行って来ました。そんな事している時間はないのですが、私はこの方の申し出にはちょっと断れる立場にないのですね(義母はゴッドマザーっぽい)。
出演者が多く、聞き応えのあるコンサートで良かったのですが、沖縄時間と言いますか、開演が30分遅れ、予定時間がさらに延びたので帰宅が10時過ぎ。土曜日のうちに起動輪の修正を済ませる予定が、今日にずれ込みました。

◇昨日の記事の、フリウルATL-55も組んでいます。
以前、KV-1のキャタピラを組んだ際の日記で「軸に使うのは真鍮線よりもキットに付属している針金の方が良かったよ」と書きましたが、MMM最新号の山田卓司氏のハウツー記事内で、0・5ミリ真鍮線を使っているとの記述があり、気になっていました。写真ではきれいに組めています。

確かに真鍮線で組み立てた方が強度的に安心できるので、自分も今一度試してみようと思い(←自分のやり方に自信が持てないヤツ…)全てドリルで軸差込穴をさらってから真鍮線で20リンクほど組んでみましたが、やはり差込口方向に酷く曲がってしまいました。しかも軸が丈夫なので、逆に曲げて直そうと思っても簡単に真っ直ぐになってくれません(泣)。何かコツがあるのでしょうけど、仕方なく元の方法に戻しました。
付属の針金で組む方法は楽な反面、簡単に抜けてしまうので、もう少し太い軟鉄線などの素材を探さ無くてはいけないかも。まぁ当分フリウルは組まない予定なので、そのうちに忘れちゃうんでしょうけど…(学習能力なし)。

| | コメント (0)

2006-07-22

土曜日の作業日誌 7/22

緊急で重要なお知らせです。至急、お知り合いのモデラーの方々に以下の内容を連絡して下さい。
よろしいですか?

フリウルモデルATL-55 T-60/T-70用は、ミニアート1/35・T-70Mの起動輪とピッチが合いません。』

…………………………。

え~勿論キットのままの仕様では幅の違いでフリウルのキャタピラはNGですが、これを使った仕様もあるのですね(←もったいぶって言わんでもT-70用って書いてある)。

確かにフリウルATL-55 には起動輪もセットされています。
しかしながら、ちょっと実物のイメージと違うのですね。
T_blogphoto1

左がフリウル、右がミニアートに若干手を加えた物です。

ご覧のようにフリウルの起動輪は顔の部分が丸い感じで、言うなればキティちゃんとポンデライオンのごとく似て非なるものなんですね(←また伝わらん例えを)。
現在、キットの起動輪の歯を付け替える方法を検討中です。

「そんな事は作る前にきちんと確認しろ」という、全く言い訳出来ないもっともなご指摘はナシの方向でひとつ…(泣)。

| | コメント (2)

2006-07-20

しつこくお知らせ

最近、色々と忙しくなってしまい夜のブログ更新もままならないので、仕事中ではありますが少しだけ。

前回の補足ですが、今後ギャラリーをイタリア戦車、フランス戦車と増やしていく予定です。
フランス戦車の完成品って、1台しか無いんじゃん。まぁそれは置いといて。
イタリア戦車も数は3台ほどですが、写真を撮ってからアップしてみます。ホントは戦車じゃなくて全部自走砲なんですけどね。

ギャラリーを複数設けると、サイドバーが見づらくなるかな~と思い、ついにブログの象徴であるカレンダーを外してしまいました。

あれは書き込んだ日の数字の色が変わるので、実は今まで、密かに「今月は縦で揃った」とか「今週は横で揃った」とかの楽しみがあったんですね(ビンゴかよ)。
しかしながら最近は思うように更新できなくなったので、無くしてすっきりさせました。

両サイドバーのテンプレートに替えれば良いのでしょうが、全体的に見づらくなるような気も。だいいち、日記とギャラリー以外の情報も、別に持っていないし…。

ブログも模型製作も、こんな感じで可能な限り続ける予定ですので、フランス戦車のフォトアルバムも充実していく事でしょう。……たぶん。そのうちに。

※(小声で)密かにプロフィールも一部書き替えています。

| | コメント (0)

2006-07-18

ギャラリーのお知らせ

手短にお知らせですが、現在フォトギャラリーを整備中です。

以前より過去作品をごちゃ混ぜにしてアップしておりましたが、ちょっと見にくかったのですね。
写真も増えて来たので、国別にして整理いたしました。ギャラリー1がソビエト戦車、2がドイツ戦車、3がアメリカ戦車です。順次ギャラリーを設けながら、写真を増やしていきます。

また、時間は掛かると思いますがコメントをこれまでより60%アップ(当社比)していきます。差し当って、ギャラリー3のパーシングのコメントのみ工事しましたので今後はこんな感じで(ここまでで力尽きた)。

いや~こういう作業は手間が掛かりますが楽しいですねぇ。ブログをカスタムする人の気持ちが少し判ったかな。
でもカウンターとかアクセス解析ってイマイチ付ける気がしませんね。もし誰も見ていないのが判っちゃったら、がっかりしちゃうじゃあないですか(笑)。

| | コメント (0)

2006-07-15

Ⅰ号戦車A型 1998年作品

HiPMのⅠ号戦車A型です。

T_t_me20collection_128_1

今になって考えてみると、Ⅰ号Aほどのメジャーアイテムのキットが、このHiPMとKMRとイタレリB型よりの改造パーツくらいしか存在していなかったのは不思議です。まぁ昔のモデラーにとっては、B型→A型の改造など入門レベルなので、必要無かったのかも知れませんが。
確か私は出戻り直後にレオ/リンクスの改造パーツを使って一度作ったことがあるので、これは2台めです。


T_t_me20collection_130_1

HiPMのキットは結構好きでした。ボックスアートはしょぼいのですが、箱の作りや説明書のデザイン、デカールが良く、センスを感じました。ただキットそのものは「やけに彫りのきっちりしているタイヤキ」見たいなディティールなんですが…。おまけに、イタレリのキットを大いに参考にしていたようだし。


T_me20collection_134

この作品は、製作途中でエデュアルドのPEを手に入れたので、中途半端な工作になってしまっています。
そもそも「ドイツ車輌の塗装を解説するのが主な内容なので、ほぼストレートで」と商業誌の編集氏に言われていたと思うんですが。たぶん作り進めて行くうちに、ストレート組みの方が困難だと判ったんでしょうね…。

製作した頃は当然ネット環境に無く、集められる資料も限られていたので、この2色迷彩の色・パターンが全くわかりませんでした。本が出来てから解説を読んで(笑)、グレーと茶が2対1の割合だったとか、色が逆の場合も有ったことを知りました。その後洋書などのカラー図にこの迷彩が幾つか載っているのを見ましたが、大きく間違えていないようで安心しています(この本、何故かまだ売ってますね~)。

| | コメント (2)

2006-07-14

考えるひと

もう聞き飽きたでしょうが、今日の静岡は暑かったです。県西部方面の天竜や佐久間では、全国の最高気温をマークしましたよ。こういうニュースでは、何故か必ず名前が出てきますね、天竜。
天竜って、気温計測する機材がわざわざ特別暑くなる場所に設置してある、って本当でしょうか。

こう暑いと、車のエアコンの効きも悪くなります。周囲温度が高いので当然ですよね。
で、仕事中渋滞でのろのろ走行していると、ぼんやり頭で色んな事を考えます。
周りの車の運転手も、同じように色々考えてるんでしょうねえ。食べ物のこととか、異性のこととか、ギャンブルのこととか。カテゴリーとしてはあとクルマとか趣味一般ですかね(仕事もあるだろ)。

私はと言うと「T-70Mのマフラー直後のフェンダーステーが必要かどうか」とず~っと考えてたんですけど。

たまにカミサンにも「なに考え事してるの」と怪しまれますが、周りから見ると相当悩んだ顔つきをしているらしいです。
あっさり本当の内容を話すと「聞きたくねぇ~」という顔で嫌がられますが…。

| | コメント (0)

2006-07-13

あれこれ@机上

◇先週より書いておりますように、数日間ココログのレスポンスが最悪で投稿出来ませんでした。その状態のまま丸2日間のメンテナンスに入ってしまったので、記事を書きたくても書けなかったのですね。
決してブログに飽きてきた訳ではありません(ホントですよ)。
コメントも受けられなかったので、本来ならばメンテ予告しなければならなかったのでしょうが…。
現在はサクサク動いているので一安心ですが、投稿が集中する夜間は未だ怪しいので、机仕事の合間を縫ってテスト投稿しています(←仕事しろ)。

◇先日、ショップにてチェコ・MBI の本「PRAGA EXPORT TANKETTES」 を購入しました。
同時に入荷していたヘッツアーと38tの本は間違いなく普通のモデラー向けなんですが、プラガ社の輸出用タンケッテ本が、将来私の模型作りの役に立つ時が来るんでしょうか。記憶している限りキットは出ていないですよね。若しかしたらフェアリー企画の製品に有ったかも知れませんが…(←あくまで独り言)。 
模型の役に立つかどうかはともかく、内容が濃く見ていて飽きない良書です。

アドラーズネストのCal.30機関銃銃身を購入。今のところ未完成のM47にしか使えるキットは持ってませんが、ちょっと一点だけ豪華すぎかも。他の部分がグダグダなので…。
放熱スリーブは勿論ですが、銃口に切ってある溝の再現がイケてます。
しかしM24を作った頃には、この溝をエッチングソーで刻むのが、裸眼で出来たのになあ…。

◇サッカーファンには夢のような、それ以外の人には喧しいだけの1ヵ月だったサッカーW杯ドイツ大会は9日、イタリアの優勝で幕を閉じました。
私は3位決定戦ドイツvsポルトガルはしっかり観たものの、決勝戦は爆睡していて全く観れませんでした。
そういえば記憶に焼き付けられるような試合は今大会あまり無かったような…(殆ど寝ていたからか?)。

サッカー日本代表の再建は、監督人事よりも先ずは足元から。再開したJ1が楽しみ。
観ていて泣けて来るような、魂の試合を観せてほしいです。

| | コメント (2)

2006-07-09

Logan's glasses

T_cimg0358

今、日本のAFVオヤジモデラーの間で大流行のアイテム、ローガン鏡を購入しました。

以前より私は、車外装備品を塗り分けたり、機銃の先端に機銃口を開ける等の作業を裸眼で行なうのは不可能となっておりました。焦点距離が30センチ以上あるので、字は何とか見えるものの、その距離ではピンバイスドリルの先端が見えるはずもありません。

試しに「必要な時だけ使えばよい」と思いヘッドルーペや眼鏡型ルーペを購入し凌いでいたのですが、気が付いたらヤスる、削るなど殆んどの作業で使うことになっておりました。ルーペを長時間かけて作業していると、頭痛がするほど目が疲れます。
像が歪まない高価なルーペの購入も検討しましたが、先ずは「裸眼で見えていた状態を取り戻す」のが先決と判断し、速やかに眼鏡屋さんに直行しました……というのはちょっとウソです。

昨日、葵区の呉服町にたまたま出掛けたのですが、以前地元のCDショップの本店が入居していたビルが、丸ごと無印良品のショップになっていたのですね。その2階に眼鏡コーナーがあって、何気に見ていて気が付いたら検眼していた、という訳です。遠まわしに言っていますが要するに衝動買いですね。1万5百円。
近視用の眼鏡ならば適正価格ですが、ローガン鏡にしては少しお得感が足りない買い物でした…。

「模型製作用アイテム」と割り切れば、他の店でもっと安く買う選択もあったかも知れませんが、いいじゃん、気に入って買ったんだもん(と子供のように開き直り)。

| | コメント (3)

2006-07-08

土曜日の日誌 7/8

◇相変らず、夜間にココログが重いので更新が滞っております。
昨晩は、写真を店長に頂いたので過去作品でもご紹介しようかなと思っていたのですが、ログイン出来なかったので諦めました。
まあ、私の忍耐力を試されているのかも知れませんが(←違)。

◇先日ショップにて、エデュアルドのテクモドT-70用エッチングパーツを購入しました。
さすがにフェンダーは使えないものの、エッチングメッシュを一枚買ってもおよそ千円程度だし、プラス数百円でほかに無加工で使えるパーツが幾つか有れば…と思ったのですが…。

少し大きめだったから切り詰めれば使える、と思い込んでいた排気口メッシュは縦・横1mm以上小さくて使えず(泣)。
実際に大きかったのは、吸気口メッシュの幅だけでした(長さが短い)。このアバウトな性格は何とかならんものでしょうか…。
ああ~、やっちゃったなあと思っていたら、ギズモロさんで「エデュアルドよりミニアートT-70M用エッチングパーツアナウンス」のニュースを発見。画面をじっと見つめたまま数分間固まっていたのは言うまでも有りません。

◇今日の夜はクラブの例会日です。それまでに幾つか用事をこなさなければならないので休日ながら結構忙しい。模型製作の時間が取れないだろうなあ…。

| | コメント (0)

2006-07-07

模型話つれづれ3

◆一昨日からとにかくココログが重いので、更新が滞っております。
かと言って引っ越すつもりも今の所無いので、これ以上申しませんが。
まあ、訳あって現在の模型製作について書くことも出来ませんので、丁度よいかなあと。

◆長雨が続き蒸し暑い日々ですが、めげずに模型を作っております。ホントですよ(しつこい)。
正確に言うと、作りかけの模型を眺めている時間が殆んどですが(爆)。

基本的に私は「実物の正確なスケールダウンを再現したい派」では無く「基本は踏まえた上で、それっぽければオッケー派」(←ノーテクニックモデラーの言い訳か?)なので、「これで良いだろ」と言う落とし所を自分で持っているわけですが、現在それが分からなくなり混乱しています。同じ部分を何度も作り直したり。かと言って、必ずしも「リアル」に近づいている訳ではないのですが。うーむ。
…ちょっと伝わりにくいですね~。私も、モデラーとしてもう一皮剥ければこんな事グダグダ書かないのでしょうけど。って、剥けてないのか、まだ?

◆寝不足です。W杯、正直早く終わって欲しい(←なら見るな)。
2日連続で普通に2時頃寝て、4時頃起きてぼんやり準決勝を眺めてたんですけど、不思議と得点シーンは見てるものの、その他の時間はうとうとしてるんで、起きる意味なし。でもあと一試合、頑張って見ます(3位決定戦は?)。

12年前のアメリカ大会の決勝イタリアvsブラジル戦は、東京のビジネスホテルで見ていた記憶が有ります。
あの頃は模型作りも早かったなあ…(遠い目)。

| | コメント (2)

2006-07-02

日曜日の日誌 7/2

◆先週は、2度の更新に終わってしまいました。殆んど内容の無い日記書きでもそれなりに掛かる時間を、ちょっと模型製作の方に振り分けている訳ですね。
それにしても模型以外は余り書くことが無く、寂しい生活を送ってるんだなあと再確認。

◆昨晩(今朝)はW杯準々決勝イングランドvsポルトガルを見ていたのですが、この辺のクラスは守備も半端ではないので点がなかなか入りません。延長~PK戦と3時近くまで見てしまったので、ブラジルvsフランスを見逃してしまいました。目が覚めたらブラジル負けてましたよ…。
あ~、ブラジル代表でも無得点で負けちゃうことがあるんだ、と変に納得。しかしベスト8止まりだと国内の評価が厳しいでしょうね~(←余計な心配をする日本人)。

◆土曜日、ショップにプラストラクトの1・3mm丸棒を排気管用(←謎)に購入。前回と同じ1・6mmでもいけると思っていたんですが思ったより太かったので(←さらに謎)。

ついつい、こんな物を買ってしまいました。
T_hana_002


topmodel collectionJaguar C-Type Carrera Panamericana 1954 です。

良く見るとバリがそのままだったりしますが、色がきれいなので(かなり)以前から気になっていた長期不良在庫商品でした。残り物には福があるって言いますよね。とても良い買い物だったと本人は思ってるんですが、クラブのメンバーによると「全く意味の判らない買い物」との評価でした…。

◆繰り返しでしつこいですけど、またまたお知らせでございます。
滅多にされない筈なのに、先週に引き続いてショップのHPのギャラリーが更新されました。
お陰で静岡は朝から大雨が断続的に続いてますよ(笑)。
私のチャーフィーの完成形のみならず、かなり以前の作品までアップしてくれました。ありがとうございます。

当ブログの、写真を放り込んであるだけのかなりしょぼいギャラリーも、店長よりこのデータを戴いて近日中にもう少し見やすく整理し、気が利いた製作コメントを付ける予定ですので宜しくお願いします。

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »