« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006-08-28

ボールペン

昨年のドイツ出張での事。
初日に泊まった宿での会議で、持ってきたボールペンを失くしてしまったのに気付きました。
休憩時間が長かったので、宿の近くの小さな商店街に筆記具を売っている店がないか探しに出ました。

Rotari

こんな感じの街です。これが中心にあるロータリー。
薬局、書店、雑貨屋、何処を見ても適当な筆記具を売っていそうに有りません。

少し歩いて、カフェの隣に如何にも古そうな文房具店を発見。欲しいのは、書ければ何でも良い、例えばビックみたいな100円くらいのボールペンなので(1ユーロ以下のつもり)敷居がちょっと高い感じ。

…店の商品棚を探しても、物凄く高いペンばかりで困惑。店員は、突然やってきた笑顔が怪しい東洋人に困惑(笑)。
Lam_l218_l
↑これが欲しくなりましたが、結構高い。
初日なのでムダ使いは控えたいため、もっと安いペンを探して購入。それでも4ユーロくらいでした。

さて、先日、思い出して自宅の棚に放置してあったそのボールペンを使ってみました。
ノックの感触がカッチリしてドイツっぽい。もしかしたら結構良い物かなと思い、メーカーを検索してみました。
で、初めに欲しかったハリがねっぽいクリップのペン(上の画像)を発見。ラミー社のサファリというシリーズで、結構人気のようです(2500円)。でも、幾ら探しても自分が買った安いラミーのボールペンは見つかりません。
T_ooo
ううむ、結果的に日本未入荷?のレア物を買ってしまったかなぁ。俺って買い物上手?

で、替え芯だけ売ってました。750円(送料別)…。
見掛けが100円ボールペンだけに、さて大事にして良いものか、どうなのか…。

| | コメント (0)

2006-08-26

STEELMASTERS 76号

STEELMASTERSの76号を購入。
シャーマンクラブ(ネットでも見掛けた)とドラゴンの234/4が表紙です。

しかし何と言っても、いま巷で話題沸騰中(←俺調べ)のプラガ・タンケッテAH-ⅣのGK完成品が載っているのが高ポイントですね。実に素晴らしい。
T_ooo_001
(←万が一この車輌が頭に浮かばない方のために記事を写真に撮らせて頂きました。)

どれどれ、メーカー名は……『オチキスH39 ブロンコモデル』……って、前の記事のと間違えてるんじゃん。おいおい(怒)。記事がフランス語なんで、タイトルの横にしっかり書いておいてくれてないとメーカーが良く判らないんですよ(恐らく以前セータ☆さんに教えて頂いたI.R.Hobbyというメーカーかと)。

表題がプラガAH-Ⅳ-HBなので、どうやらHBのキットをルーマニア仕様に細かく改造してあるようです。
う~~ん、マニアック!でも、戦車模型専門誌にはこんな記事も求めれれてるんじゃないでしょうか?キット組み立てや塗装のハウツーも確かに必要ですが、そればかりでは喉が渇きますよ。マイナーは誰も知らないから載せない、のではいつまで経ってもドイツ軍メジャー車輌ばっかりでいつかは飽きられてしまいます。
閑話休題。先日MBIのプラガ社タンケッテの資料本を購入したばかりだし、この記事には運命的なものを感じました(←感じすぎ)。ちょっと好くない傾向ですが、ショップの店長に「このキット入る?」と聞いちゃいましたよ。残念な事に、パンツァーショップ扱いのキットならば入るかも、だそうですが……。

スチールマスターは広告も楽しいです。アズムットのタミヤB1bisをB1に改造するキット、25ユーロ。
REDUXというメーカーのノームローヌサイドカー、19.9ユーロ(価格的にインジェクションだけど、エレール製?)。
BESTVALUEというメーカーの、sdkfz251DにオチキスH35の砲塔を載せた(!)ゲテモノのキット。
シャールB1bisのデカールセットや、ディティールアップセットも幾つか載っています。
…フランスばっかりじゃん。さすがは自分大好きな国(笑)。

| | コメント (8)

2006-08-24

コレクターへの道 2

コレクター」と言うのはもちろん冗談で、本気でミニカーコレクションをしたいと望んでいる訳ではありません。
この道に嵌ったらもう出口は無く、有り金を全て叩いてしまっても抜け出せず、止めるのは家族の協力を得てリハビリ施設に収容させるより他に手が有りません(←大げさ)。
まぁ私も傍目から見れば同じような趣味にハマって居るのですが…。


昨日購入したミニカーシリーズは箱車が人気で、中でも不人気なのがディスカウントに流れてきているのですね。従って価値は殆んどありません。玩具やの売れ残りが思わぬお宝だった、なんておとぎ話の世界ですよ旦那(←だから誰?)。

などと言いつつも、我が家に昔からあるミニカーがお宝なのではないか、と予てから思っていました。
T_t_minicar_002
T_minicar_004
メーカーはENGLANDのLONE STARです。ROADMASTER FLYERSというシリーズの、GRAN TURISMO、スケールは1/56。ごらんのようにとても良い出来で、金属板バネ式のサスペンション。

今から40年近く前、父親の商談に東京まで付いて行き、帰りに大丸デパートで買ってもらった物です。
箱は既に無くなっていますが、派手なデザインだった記憶が。今まですっかり忘れていたのを昨日の記事書きで思い出し大捜索、ついに発掘。
早速ネットで検索。……。するとイーベイに同じ製品の写真が。
…箱無し、子供が外で遊んだのか私のよりもかなりガタガタの状態で1・75ユーロ
う~~~む、これはどう考えても100円スタートで300円くらいの値が付いている状態、要するに燃えないゴミだと。何か夢が破れたなぁ…。

こんなのも発見しました。
T_minicar_007
T_minicar_008
やはり同じ頃父親に買ってもらったDINKY TOYSのウニモグトラックと、M3ハーフトラックです。
小さい頃からミリタリーか…。キャラクター付きの製品だったら、かなり値が付いただろうになあ…。
ウニモグは幌とスペアタイヤが残っており、ハーフトラックは機銃とゴムキャタピラが無傷です。余り遊ばなかったんでしょうかね。

お気づきかも知れませんが、ハーフトラックの迷彩はオリジナルではありません。
小学生当時の私が、レベルカラーのダークイエローでぼかし筆を使い描いたものです(笑)。

| | コメント (0)

2006-08-23

コレクターへの道

ディスカウントストアーで、ミニカーを購入。

T_oden_005

100%HotWheelsの長期売れ残りです。もっと値が下がらないかなあと思っていたんですが、根負けしました(笑)。でもオークションよりも安いです(定価の3分の1)。

何年か前にトイザらスで見掛けて、買う寸前まで行ったのと同じシリーズ。
その時何故買うのをやめたかと言うと、一緒に居た息子も欲しがったからでした(ヤツに弄られるくらいなら、買わないほうがマシ)。

手前が[1937 CHEVY]、奥左が['34 FORD LAKES COUPE]、奥右が[FUEL ALTERED RACER]です。

直ぐに箱から出して、箱は邪魔なので処分。高値で転売するならミント状態を保つのが基本でしょうが、1個500円で買ってきてそんな事考えてたらバチが当るっていうもんですよ旦那(←誰?)。

で、問題は何故こんな物を3個も買ってきてしまったのかと今頃後悔している事なんですけど。
ううう、コレクターへの道は険しい…。

| | コメント (0)

2006-08-22

模型に関係ない話

◇テレビのバラエティー番組やドラマには殆んど縁がないのですが、先程放送されていた阿部寛主演の「結婚できない男」(でしたっけ?)は、カミサンと一緒に少しだけ見てました。
はじめに模型を作るシーン
阿部寛がドイツレベルのタイタニック号のバラバラの甲板部品をエアブラシで塗装しているのですが、次のシーンでは何と組み立てて細部塗装も済み、殆んど完成していました。
物凄い早作り。一体どんな手を使えばデカい艦船がこんなに早く作れるのでしょうか(笑)。秘訣を教えて欲しい。

◇今日の静岡新聞の夕刊に『静岡(しぞーか)おでん 全国区定着へ期待ふつふつ』という記事がありました。
ビールのコマーシャルに便乗して、静岡独特のおでんを全国区にしたい人たちが居るらしいです。

その記事によると、静岡おでんは「大正時代から伝わる富士川・大井川間の地域限定食品」で、定義は「①黒はんぺんが入っている ②黒いスープ ③串に差してある ④青のり、だし粉をかける ⑤駄菓子屋にある の5か条」だそうです。

私は、青のりやだし粉は余り好きではないので、何もかけないけどなあ。ダメなのかな。
あと、おでん鍋が置いてある駄菓子屋…って、静岡では駄菓子屋自体がほぼ絶滅状態だと思いますけど…。

| | コメント (2)

2006-08-20

シャーマン(追加あり)

おっと、法事で大事なことを忘れてましたよ!!今日はTascaさんのシャーマンの発表の日でした。

この時間ではもう既にご存知の方ばかりでしょうが、ファイアーフライⅤcです。

う~ん、凄いですね、早く実物(製品)を見てみたい。

しかしショップの店長の予想通りでしたね。なんだか悔しいな~。


   ** 以下、11時30分追加 **
下の記事で、『割り切っちゃった作品はブログならともかく、掲示板には出せないなぁ』とか無邪気に他の方に対して書いておりますが、思えば以前の私の作品、特にタミヤMMの70年代のリモコン時代製品を作った場合なんかはまさしく割り切りの固まりでした。しかも、ネット以外の場所で多くの皆様の目に留まってる訳で、『お前がソレを言うか』とつっ込まれても仕方ありません。
先程(入浴中に…)気が付き、大いに反省しました!

| | コメント (3)

日曜日の日誌 8/20

◇今日は私の父の7回忌法要の日でした。
長男の務めですから仕切るのは当然ですが、はっきり言って正直(←繰り返して強調)しんどい。
こういうのは、いつまで経っても慣れません。しかも物凄く暑かったし、もうヘトヘト。
まぁでも、何とか無事に終えたので肩の荷が下りました。


ミニアートT-70M後期型のアナウンスがありました。
こうして見てみると、車輌キットの開発が初めてという事情が有るのでしょうけど、別々にするよりいわゆる2in1にしたほうが良かったのじゃないかな、と思ったり…。
先に出たT-70M初期型の作例が無いかとMissing-lynxでざっと探してみたんですが、探し方がヘタなのかこの作品くらいしかヒットしませんでした。これは現在、基本塗装まで進んでいるようですね。
「砲塔が非対称(?)なのは知ってるよ」とか書いてあります。こういう割り切り方は羨ましい。私なんか気が小さいので、割り切っちゃった作品はブログならともかく、掲示板には出せないなぁ。
他のサイトにもあると思うので、もう少し探してみます。「T-70」を作ってる人が居るかどうか、ちと気になるんで(←ヤらしい奴)。

◇法事を終えてひと段落した後、近所のショッピングセンターに夕涼みに出かけました。
模型売り場にタミヤ専用の完成品(非売品)ショーケースが有るのですが、中に置いてあったB1bisの塗装が結構上手で驚き。
Oden_004

キャタピラの塗りとか、ウェザリングとか、チッピングとか良く見ると割としっかり塗ってあります。
専門店以外の場所に貸し出してあるメーカー完成品は、昔から「メーカーの指定通り」に塗らなければならなかったので全く面白くない完成度だったんですが、ウェザリングマスターなどの製品が発売されたので事情が変わったのですね。私は昔から塗り方が殆んど変化していないので、うかうかしていられません。
あ、写真の後方の鏡に怪しい男が写ってますけど、気にしないで下さい…。

| | コメント (0)

2006-08-18

スローモデラーに暗雲

ようやく平穏なスローモデラー生活を回復したのも束の間、またもや大きなニュースで私ののんびりモデリング計画に暗雲が立ち込めて来ました。

放置状態だったリメイク・セモベンテのリベット植え替えにはタミヤ・B1bisの車体のリベットがイケテルかも!とか、ブロンコ・オチキスのキャタピラはやっぱりカステンよりもフリウルがいいのかなあーとか、トラペ・KV-2のキャタピラに『敢えてのWWⅡ、文字を全部削り取るの術』とか楽しい妄想を膨らませていたのですけど、さてどうしましょうかねえ…。

人間、必要とされているうちが華ですが、私はついこの前「俺はもう駄目だぁ~、下手くそだぁ~、こんな下手なヤツはいねえよぅ~」と大いに自分の力量の無さを嘆いたばかりなんですよね…。
自信喪失してナーバスになっちゃってる訳で、こんな状態で一体どうなの私??なんです、はい。

………………。

判りにくくて思わせ振りな話で大変申し訳有りませんでした(汗)。単なる独り言なんでお気になさらずに…(←んなら書くな)。

| | コメント (0)

2006-08-16

連休最終日の作業日誌

毎日暑いですね。
私の夏休みも今日でお仕舞い。幸い、仕事絡みで出勤したのは、月曜日の午前中だけでした。
この日は家に居たところでアクマ姉弟の子守に付き合わされるだけだったので、却って快適に過ごせました(笑)。

さて、さすがに今日は模型も少し触らねばと思い、手元にあるブロンコのオチキスとトラペのKV-2の箱を開けてみたりしましたが、眺めている時間が長くてなかなか進みません。暑い日はやはりダメですね~。

取敢えず、アベールのKV-2砲身をキットパーツにフィットさせる用意だけ行なうことにしました。

T_kougubako_007

キットの砲身パーツの根元を、アベールの砲身の長さに合うように調整して切断します。
切断には、店長よりお借りしている「Harp パイプ切断冶具」を使いました。

プラスチックや金属のパイプ、丸棒を正確に切断するだけの為の工具です。
最近完成させた某戦車の砲身はこれで作りました。
因みに店長はここの通販で購入したそうです(ショップでは取り扱っていません)。
この機能だけで1万円かぁ…。エアブラシや高機能のリューターとほぼ同じ金額ですから、ちょっと考えてしまいますが、エクザクトのアルミ製垂直・45度切断用工具に比べると正確さが違うんですよね~。

あ、忘れてたけど、コレそろそろ返さなきゃぁ…。

| | コメント (0)

2006-08-15

8月15日の日誌

今日は終戦記念日。
本来ならば静かに過ごすべき日なのですが、朝から我が国の首相の行動で大騒ぎでした。
ネット上でもあちらこちらで様々な人の意見が飛び交っています。昔ならせいぜい新聞や雑誌の投稿欄に手紙を送る位しか個人の意見を述べる方法が無かったと考えると、良い時代と言えるのかも知れません。

でも私はそのような意見はここでは書きませんけどね。
当ブログでは世事に関係なく模型中心で(?)進めますが、だからと言って、この歳になっても全く何も考えて居ないアホでは無いのでご心配無く(←どなたも気にしていない)。

   *   *   *

模型中心と言いながら、今日も製作ネタはございません。
但し、予定通りギャラリーを更新しました。半日掛けて米戦車コーナーにM41を追加し、ロシア戦車コーナーの解説文を書替えてあります。
解説は製作時を思い出しながらなので、正確かどうかはわかりません(間違いがあれば、随時訂正します)。
もし宜しければご覧下さいませ。

| | コメント (0)

2006-08-14

工具箱

東京では今朝、大停電がありました。
私はテレビのワイドショーで停電の第一報から見ていましたが、家族に「こりゃテロだ」と断言してしまいました。
良く考えれば、お盆休みを狙う訳無いですよね(日本の風習を知らないテロリストかも…)。

  さ  て
私は現在、(ダメモデラーにとって一番幸せな)「次は何を作ろうかなあ~」とまったり考えている時期です。これが長くなると積みモデラーだの、コレクターだのと後ろ指を差されてしまう訳ですが、全然構いません。
アイアム・スローモデラー
早く作ろうと試みても、イライラするだけで碌なことはありません。今回身を持って実感いたしました。
夏には夏の、模型への親しみ方があるのでは。例えば涼しい部屋で横になって製作構想を練るとか…(←寝てるだけ)。

T_kougubako_004
与太話だけでは大変申し訳ないので、整理した工具箱の写真を撮ってみました。

参考になるかどうかは判りませんが、私はこの箱ひとつで殆んどの工具を収納しています。
これ以外に持っているのは、チョッパーⅡ、プロクソンのリューター、半田ごてセット位ですね(もちろん塗装系は別ですが)。
一回の作業(食前数時間とか、寝る前数時間とか)を終えるごとに、出した工具を全てこの箱に仕舞っております

…別に自分が収納上手だの何とかマジックだのと、昼の奥さん向け番組に出てくるヒトみたいな事を言いたいのでは有りません。私が言いたいのは、
「あ~、自分専用の作業机を持ってる方が羨ましいよぅ~」
これだけなんですね…。

| | コメント (0)

2006-08-13

連休2日目の日誌

◇昨日はお盆連休の初日。やや涼しくなった夜は、模型クラブの例会がありました。
一番の話題は「カレーとラーメン(謎)」。季節柄、私はゴマダレ冷やし中華を…(←何??)。
って、模型の話題は無いのかいな、このクラブは。結論が「ホビーショーまで、あと9ヶ月しかないよ~」だもんね。
まぁ、懸案の作品数は、年明けには何とかなるでしょう。…たぶん。

◇6月より続けていた模型製作は、昨日で完了しました。やれやれ。
やはり、日本の真夏は模型の塗装に向いていない、と再確認。

これは感覚的なものかも知れませんが、高い湿度と気温がエアブラシ塗装に影響し、塗膜が必要以上にざらついてしまうような気がします。
さらにウェザリング時に使用する油絵の具の溶き油が、暑さのため筆でこねているうちに粘り付き、乾燥後にテカリが消えない現象が起こりました。こちらは深刻で、解消にかなり手間取ってしまいました。う~む。

…ナニ、『作業場所にエアコンを装備すればよい』。あ~、そりゃあ仰るとおりだわ…(或る日の作業場所室温、摂氏40℃)。

◇今日は朝から、カミサンの従妹の子供2人(女の子小3、男の子小1)が泊まりに来ています。2人とも顔はかわいいのですが、性格は悪魔のように我がまま(笑)。要求は貫くは、好き嫌いは多いは、言葉使いは悪いは…。一体この先、何人の異性を泣かすのか、先が思いやられます(余計なお世話)。
でもカミサンには泊まりに来るくらい懐いていて、何処でも一緒に行くんですね。昼は近くの市営プールに行き、今は大型ショッピングセンターに遊びに行っています。まぁ何処に行くにも、私がタクシー代わりなんですけど…(おちおち昼寝も出来ん)。

| | コメント (0)

2006-08-12

フランス重戦車と夜店市

金曜日は沼津で仕事。既に盆休みに入っている会社も多いらしく、首都圏から伊豆を目指すマイカーで大変な混雑でした。何とか宿題を残さない程度に早めに仕事を終え、例によって帰りにショップに立ち寄り。

モデルアートのスーパーディティールフォトブック「フランス重戦車シャールB1bis」を購入。
T_yomiseiti_006

未だ良く読んでいないのですが、これはかなりの良書ですね~。ソミュアS35の砲塔との違いも記述してありました。
コレは一部の方々には禁句かも知れませんが、
……いやぁ~トラックストーリー買わなくて良かった

だってフランス語読めないんだもん(爆)。モデルアートさんありがとう。


帰宅後、急に市中心街の夜店市に行くことに。9時までなのであまり時間はありませんでしたが、何が目的とかではなく、とにかく毎年必ず行かないと事が済まないんですね、カミサンの場合(笑)。
夜店市は44年間続いている静岡名店街の大きな行事です。昔は専門店が多かったので本当の掘り出し物が有りましたが、最近は安売り用の商品が目立ちます。

T_yomiseiti_005

毎回行く度に他所の子と並んで見てしまう、老舗の玩具店「ホリハチ」でミニカーメーカー「Tonka」のキーホルダーを購入しました。やはりキャタピラモノは外せないかと(笑)。確か通常680円でしたが、300円で購入(←一体どうするのコレ?)。

| | コメント (0)

2006-08-10

アワ・フェイバリット・ショップ 8

◇昨日、ショップでお会いしたtascaのY田さんのお話によると、話題の新キットシャーマンのテストショットを組み、20日のワンダーフェスティバル会場にて公開するとの事。同日の夜、静岡に帰ってからtascaホームページ上で正式発表するそうです。
 
初めの発表以来、2年ほど世界中のシャーマニアが待ち続けたtascaシャーマンですが、いよいよ再来週に形式が判明します。
シャーマニアは恐らく所持しているキット及び改造パーツの量も半端ではないので、発表される形式がツボでないほうが安心するかも(←斜めに見過ぎ?)。『ツボでストライク』の形式だったら、秋には今まで持っていたキット、パーツがゴミ同然になっちゃうかもしれませんからね。それでも泣きながら幾つも購入するんでしょうけど(笑)。

私は幸いシャーマンは「幾つかキットを持っている」程度なので、どの形式でも大丈夫です。ストレートに作ってみたいですね。
いやぁ発表が実に楽しみです。マニアの反応も(爆)。

◇Y田さんがお帰りになった後、話題のエアブラシ、アネスト岩田のHP-CPをショップに注文しました。
実は現在、店長より塗料の噴出量を調整するプリセットハンドルが付いていないタイプのHP-CSをお借りしているのですが、塗料の粒子の細かさが気に入ったのですね。ただ、実際に迷彩などで細吹きをした訳ではないので、手に入れてから色々と試してみます。
低圧・極細に吹き付けている最中にボトッと塗料が垂れてしまう現象(エアを出さずに塗料のみを出してしまうとこうなる)も、無いとは言えませんが、ボトッの量が少ない感じです(さらなる検証を要す)。

でも、これから暑いのでしばらく塗装はしないと話して居ながら、何でエアブラシを買うよという事になったのかが良く判りません……。

| | コメント (0)

2006-08-09

「アクセス解析」が。

今日まで全く気がつかなかったのですが、今月2日よりココログベーシックにもアクセス解析が標準で装備されておりました。
今まで拙ブログはカウンターも設けず、まして何時に何処から、何人の方がお見えになるとかは、敢えて知らないままにしていたのですけど。

ああ、知らなくて良いことをまたひとつ知ってしまった(←じゃあ見るな)。

まだサービスの日が浅いので正確ではないと思いますが、一日平均100アクセス、訪問者数40名ほどでした。
これって多いのか少ないのか、良く判りません。やっぱり知らないほうが良かったかも…。
そもそも履歴を見ても一番数多く見てるのは間違いなく自分だし、それが判ったところで一体どうしろと。
もっと世の大勢の方々に、拙ブログに親しんで頂く様努力しなければイカンのでしょうかねえ。鬼嫁日記に変更しようかな(カミサンも会社で見てるんですけど)。或いはブログやってます、見てください、ってあちこちのサイトに書き込んだ方がいいんでしょうか(ブログなんて、今ではその辺の芸能界志望の放火魔でもやってますけど)。

たまにブログ検索で一般のブロガーの記事を拝見するんですが、上から下までびっしりと広告で埋め尽くされていたり、両サイドバーに一杯ブログパーツが貼り付けられて、表示されるまでに物凄く時間がかかったり、と様ざまです。拙い文章でも書く以上はどなたかに読んでいただきたいのは私も同じですが、ちょっと方向が違いますね。

微妙な数字でしたのでいろいろ考えましたが、まぁ特に何を変えるでもなく、今まで通りにつらつらと為にならない話を綴っていこうかな、と(←いろいろ考えた意味がない)。今週で現在の模型製作はひと段落しますので、その後に予定通り、ギャラリーを整備してみます。

でもギャラリーを主体にするなら、本来はブログではなく、所謂ホームページにするべきなんでしょうけど…。

| | コメント (2)

2006-08-07

ドリーミング2。

他人の夢の話を聞かされるのは退屈だと以前も申しましたが、また変な夢を見ちゃったのでご勘弁を。

◇夢その1
大型ホームセンターにて、タイガーⅠ型の砲塔を巧みに模した帽子(さかな君みたいなヤツ)を発見。
こりゃあブログのネタにピッタリだねと思い、携帯を取り出そうとしていると、ひょっこりと織田信長の末裔のスケート選手が現れ、その帽子を被って笑っている。
それ、今写真に撮ろうと思ったんだけど、と言うと、ああ良いですよ、とポーズをとり始める織田信長の末裔。
違うんだけどなあ、と思いながら何とか顔が写らないように携帯を構えていると、親子連れの店員(←夢なので…)が飛んできて、
「これは『ヌレテバ』という特殊な素材で出来ているので写真はおやめ下さい」
と凄い剣幕で怒鳴り出す。こちらもそんな話は聞いたことが無いぞ、おかしいと応戦していたら目が覚めた。

※何せ夢なので「砲身はどうなってるんだ」と聞かれても説明できません。

◇夢その2
タスカより、ビッグスケールのヘッツアーのキャタピラキットが発売された(←夢ですよ!)。
連結ピンまで全てインジェクション。本物と同じ構造だ、と最近開きすぎてボロボロになっているグランドパワーのヘッツアー特集号(後半の第2特集がT-70なので…)を見ながら驚いていたら、目が覚めた。

※ビッグスケールである点と、ドイツ戦車であることから、これは私の願望ではありません。たぶん。

| | コメント (2)

2006-08-05

土曜日の作業日誌 8/4

心から「このキットを作らずして自分は何を作るのか」と感じて正に今それを作っているのですが、しかし思っていた事の半分ほどしか形に出来ないという現実が目の前に有り、かなり凹みました。

工作も中途半端でしたが、塗装はさらに上手く行かないなあ~。
基本塗装はともかく、マーキング(犬のソレにあらず)は毎回試行錯誤の連続で、最近どうにも上手く出来た試しがありません。

今回は記録写真を元にマスクを作り(結構時間が掛かった)、ブラシでハンブロール白を吹いたまでは良かったのですが、字が小さすぎるためマスクが歪み、変な字体になってしまいました。筆でリカバーしてみたのですが、希望の感じには程遠いものです。やはり自作マスクには字の大きさに限界があると確認…。

「気にするのは自分だけ」と自分に言い聞かせて、今日はそのままウェザリングを進めていたのですが、作業がひと段落してショップに行き帰宅した直後、いきなりリモネンリムーバーでマーク部分の塗装を剥がしてしまいました

ウェザリングを進めた段階で一部分を塗りなおすのはリスクを伴いますが、ダメと思っている自分を誤魔化すのは精神衛生上良くありません。そこだけ基本塗装からやり直しです(ノーマーキングに逃げるのも頭をよぎった)。
数字をドライデカール組み合わせに変更したので、初めとは番号は違ってしまったものの、まぁこれなら将来皆様にお見せしても恥ずかしくは無いかな、程度にどうにか修正する事が出来ました。
以上、写真をアップしてないので全く意味が分かりません、の話でした(すみません)。

リカバー作業中にかなりイライラしてしまいました。暑くなったせいもありますかね。
もういい年なんだから、細かい事に左右されず、もっと悠然と物事を進めたいものです(←ムリ)。

| | コメント (0)

2006-08-02

館山寺にて

館山寺にて

宴会です。これは前菜。ビールは生で!

| | コメント (2)

2006-08-01

スローモデリング魂を売る

明日の夜は浜松の舘山寺温泉でメーカーさんたちとの納涼会(ちっとも暑くないんですが?)で泊まりです。因みにビンゴ大会は私のMC(泣)。
メーカーさん達にとって私は客の一人ですが、長年の付き合いなのでそんな事は全然関係ありません(むしろこちらが気を使う)。
舘山寺は温泉も、お食事も、宿も、寂れ具合も申し分ないのですが、仕事がらみだといま一つ弾けられないんですね~。
一度、プライベートで行ってみたいなあ。家族以外で(←問題発言)。

と言う訳で、明日のぶんの謎作業を進行させておかないといけません。
サフェーサー吹き、フリウルキャタピラの黒染め、洗浄、再連結。などなど(あまり楽しくない内容)。

模型製作は、スローモデリングに限ります。
明日できることは、今日やらない。いつかは、そのうち完成するはず。この精神ですよ。

…まあ、たわ言はともかく息子の部屋を先ず片付けて塗装ブースを組み立てて…(泣)。

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »