« ボールペン | トップページ | 9月1日の日誌 »

2006-09-01

戦車兵フィギュア

仕事がそこそこ忙しくなって来たせいか、しばらく模型に触れていません。
帰宅後パソコンに向っていると、いつの間にか就寝の時間になってしまいます。

先週、少しの合間でも工作が出来るようにと、フィギュアを弄り始めました。
ミニアートの立ちポーズのロシア戦車兵にTANKのヘッドを取り付けて、塗装前に写真を撮ってみようと思ったんですが…。

TANKのヘッドは怖い顔をした坊主頭に、別パーツの戦車帽を被せるタイプ。
これ、製作された方はいらっしゃるんでしょうか。そのままでは全く被せられませんね~。
人形の頭を可哀相なくらい削って削って、無理やり押さえつけて接着すれば何とか格好がつくかな、といった感じです。

顔を塗ってから帽子を接着したいので、もし今写真を撮ると、ジャガイモみたいな頭をした人形が写るだけなんですね…。簡単に作れる筈でしたがなかなか思うように行きませんでした。

|

« ボールペン | トップページ | 9月1日の日誌 »

コメント

TANKのヘッドで後から戦車帽を被せるタイプは結構削らないとハマりませんよね。
下写真左の人も後から被せるタイプです。後頭部をもう少し削らないとしっかり被りませんが、「ちょっと浅めに被ってる」ってことで今はここまでです。

http://homepage1.nifty.com/gizmo-cafe/tanki.jpg

右もTANKですが、こちらは最初から戦車帽を被ってました。ただ顔があまりにも怖かったので(^^;)、顔の「面」部分を削り取って、やはり面状態にしたアランゲルのヘッドをはめ込んでます。ソ連戦車帽の場合、この方法が結構イケます。アゴのラインだけエポパテ加工で繋げてやる必要があります。

投稿: セータ☆ | 2006-09-01 21:31

ああ、作ってらっしゃる人発見(笑)。良かった。
でもこの、「後被せタイプヘッド」は、せっかくなので左のような浅めか、少し斜めにして右のタイプとの差別化を計りたいところですよね。このままでもいい感じ。
「顔面別パーツ化」は良いアイデアですね。TANKの顔は何故怖いんでしょう。目なのか、目の下の膨らみなのか…(笑)?
アランゲルやマスターボックスのヘッドは表情が良い感じですから使えそう。
我が家には『90年代の顔』、ホーネットヘッドが山のように(←誇張)あるんですが、何か良いリサイクルの方法が無いでしょうか…。

投稿: me20 | 2006-09-01 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボールペン | トップページ | 9月1日の日誌 »