« リアル | トップページ | 土曜日の買い物 1月20日 »

2007-01-18

イタリア戦車用履帯

モデルヴィクトリアの「tracks for italian M series tanks」を組んでみました。

T_semovente_seisaku_005
踏面のモールドはさすがの出来。ゲートの付き方も後の処理を考えてあり、実に良い製品です。

同社のL6付属のキャタピラは、組み立時に嵌め合わせ部分のピンが折れやすいと聞いていたのでこの部分を危惧していたのですが、小気味良くパチパチ組めて全く問題ありませんでした。

ただ、かみ合う部分の精度がいま一つで、組み立て後にフリウルやカステンのようにスムースに可動しません。また、同じ理由でそのまま真っ直ぐに組みにくいのが気になります。まぁ、気になる人もいる、という程度ですが…。

私的な理由で今一番大きな問題は、このセット、リンクの数が恐らくカツカツだということですよ(1ランナー16×11本)。おいおい大丈夫かな。
イタレリのM13とかなら足りるのかも知れませんが、使いたいのは車体が長いタイプなのでちょっと微妙。普通、こういうセットって余分に入っているものじゃ有りませんか??

フリウルのロレーヌ用って、半分くらい余りましたよ(←余りすぎ)。


※今回はフリウルモデルの起動輪に取り付けます。ピッチは合いますが、歯の厚みを充分削らないと上手く噛みませんでした。

|

« リアル | トップページ | 土曜日の買い物 1月20日 »

コメント

こんばんは、仕事先より失礼します。自分もその履帯セットは組んだことがあります。枚数はM13用でも危なかったです。ゲートの処理が悪かったのか、真っすぐにならなかった記憶があります。ところで、イタリアモノでM13系列で車体の長いのっていうと……。年4回発行される本の次号の作例用ですか?

投稿: ばってん22 | 2007-01-20 21:33

> ばってん22さん

どうもこんばんは。お忙しそうですね~。

件のキャタピラは、微妙どころか全く足りませんでしたよ(泣)。
でもキャタピラの上部は隠れて全く見えない車輌なので問題なしです。ばってん22さんならお判りだと思いますが、そういう車輌です(笑)。

>>年4回発行される本の次号の作例用ですか?

ノーコメントっつう事でひとつ(爆笑)。

投稿: me20 | 2007-01-20 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアル | トップページ | 土曜日の買い物 1月20日 »