« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007-07-31

謎作業の夜

me20A(以下A)「いやー、ロ○○ルのPEのフェンダーが薄すぎてアレだったのには参ったね。0・15の洋白に置き換えてみたりしたけど前後の泥除けと上手くマッチしないし。これじゃ全部作り変えなきゃならなくて手間だよ。どうしよう」

me20B〈以下B)「お前な、ただ金属部品を使いたいだけなのか、作ってる模型のフェンダーの縁を薄く見せたいのか、どっちなんだよ」

「君ね、その言い方は模型パーツとしてのPEを否定することになるよ。気をつけようね。まぁ折角用意したんだし、PEは何とか使いたいよね」

「あぁ?使えるかこんなもん!切り出したフェンダーが扇風機の風ではためいてるじゃねえか!!(※感じ方には個人差があります)だいたい買ってきた時点で見りゃ普通気付くだろ。そこで段取りしていれば仕事が遅れなくて済んだのに、見ない振りして問題を先送りするからこうなるんだ。全くだらしねぇ。そもそもお前の下手くそなトタン工作なんか誰が見たいんだよ。やめっちまえ」

「うう~(返す言葉が無い)、じゃ、じゃあどうすれば良いんだよぅ。フェンダーが無いんじゃあ完成しないよ」

「キットのパーツを使え」

「ええ?あれは縁が分厚くって、取り付けたら一気に牧歌的な雰囲気になってしまうと思うんだけど」

薄く削れ。徹底的に」

「う~ん…(納得できない)。じゃ、じゃあ取り合えずフェンダーは置いといて。先に車体のリベットの打ち直しをやろう。そうしよう」

「はぁ?また問題先送りかよ。何、リベット打ち直し?ここはキットのままで充分じゃねえか」

「だめだめ。『キットのリベットを全て削り取り打ち直しました』と言えるのが快感なんだよね(サクッサクッ)」

「ゴルァー!ヴァカかお前は!当りをとらずにいきなり削ったらあとでどうやって貼るんだよ!しかもこんなに小さいリベットどうやって作るんだ!後先考えて工作しろよ!」

「あー…、そうだよね。どうしよう。まぁ、何とかなるか

「…お前な『模型力』って言葉流行ってるらしいぞ」


こうして謎作業の夜は更けて行くのでありました…(全てフィクションです←そうか?)。

| | コメント (0)

2007-07-29

選挙の日の作業日誌

◆今日は参院選の投票日。やっぱり朝イチで行くに限りますねぇ。
ま、特に理由はありませんが気分が良いとか。

◆サッカー・アジアカップ3位決定戦。日本は4位に。

いい時間帯に数的優位にはなったけれど、韓国はもともと守備が良いチームだし、固められると難しい。
悔しいけどあれは相手チームの守備陣を褒めるしかない。あそこはああいう荒れた状況になると妙に手強いし

しかし昨日の選手達はへろへろでした。疲労がたまっていない、好条件下での両チームの今の「実力」を見せて欲しかったけど、オシムの言うとおりサッカーは人生のようなものな訳で。運に左右される事もあるのですね(まぁ、きっちり勝っておくべき相手ではあったのですが)。


 【シークレットモードでお詫びとお願い】
毎度ご覧頂きましてありがとうございます。皆様にお願いがあります。

先日の日記に於いて「今回の作品は金属多め」と書きましたが、
きれいさっぱりと忘れてください。金属やめました(泣)。

心配していた通り、ロ○ヤルモデルのPEフェンダーを切り出したら「こりゃフィルムか?」と思うほどペラペラで歪む歪む。
キットへの合いもイマイチ。洋白に置き換えたりと試行錯誤し今日一日を費やしましたが、もう諦めました。
はんだ付けは、コテを新調したお陰でとても上手くいったのですが、それ以前の問題でした。自分の工作力の低さを思い知りましたねー(結構マジに凹み)。
Blogphoto1_107
(写真と本文は関係ありません←あるわけない)。

| | コメント (0)

2007-07-27

金曜美術館

長期戦を覚悟していたクレームが拍子抜けするほどあっさっりと解決し時間が空いたので、ちょっと早めで長めの昼休みをとる事に(サボリだろとか言うの禁止)。

草薙に程近い現場だったので、思い立って県立美術館1階の県民ギャラリーで開催されている『石田徹也―悲しみのキャンバス』展に行ってみました。

調べずに行ったので少数の展示だろうし30分ほど見れば、と軽く考えていたのですが何と、大小さまざまな作品、子供の頃の絵から創作ノート、果てはチャリティーに共した画入りのジーンズに至るまで、実に150点の大展示でした。ちょっと都内とかではスペース的に無理でしょうね。ざざっと見ただけで1時間掛かりました。

石田徹也の画は数年前、購読していたスポーツ専門誌「Number」巻末のコラムの挿絵で初めて見ました。
アスリートの似顔は醜くデフォルメされているのにディティールは異常にリアルなのが妙に印象に残り、他の雑誌などで調べた記憶があります。しかし焼津市出身だということ、またその他のもっと異色の作品の存在は(多くの彼のファンと同じように)、昨年放送のテレビ番組で見るまで知りませんでした。

彼の作品を見て「管理社会、成果主義、人権問題などを批判し、警鐘を鳴らしている作品」と解釈するのが普通だと思いますが、「警鐘を鳴らすとかではなく、ここ数年は自分が見たまま、思ったままを絵にしているだけ」という意味の雑誌のインタビューの一部が掲示されていました。

世の風景が彼にとってはあのように見えて居る訳で。それは辛いなぁ。

作品はどれも見応えが有りましたが、100パーセント共感できないのは、私が歳をとったせいなのでしょうね。
―そんな風に物事を見たら辛いだけでしょ。世の中もっと楽しい事もあるよ。
そう作者に伝えたくなりました。

2000年に入ってからの作品には、廃車や墓石がベットだったりと病院や『死』を連想させる作品が続きます。
―もういいよ、そんなに現実を見つめなくても。ゆっくり休みなよ。
見ているこちらも辛くなってきました。重いです。重すぎ。


石田徹也は2005年5月、故人となっています。享年31歳。

| | コメント (4)

2007-07-26

【お悔やみ申し上げます】

SHS常連のクラブ「ホイールナッツ」を主催されていた尾崎正登さんの訃報に接しました。

直接の交流は有りませんでしたが、大きな声と独特の風貌、独特の作風で個性的な方でした。
残念でなりません。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

|

2007-07-25

館山寺温泉にて

T_p1000175
突然ですがこれから宴会です。飲みますよー。


(以下追記)
…たらふく飲んで食べて風呂に入って。
部屋のテレビでアジアカップ準決勝日本vsサウジアラビア戦を見て。

負けて。酔いが醒めてまたビール飲んで。寝て。
お腹をこわしました(泣)。

| | コメント (0)

2007-07-23

革命家とはんだこてと

◆昨晩、BSで放送された『モーターサイクルダイアリーズ』を鑑賞。

喘息持ちの若い医学生エルネストが、1万キロに及ぶ無鉄砲な「南米縦断冒険旅行」の先々で多くの人に出逢い、マルクス主義革命家チェ・ゲバラへと変ってゆくまでを描いたロードムービーです(超簡単紹介)。
タイトルとは違い、オートバイ(モペット)は間もなく牛に衝突してスクラップになってしまい、徒歩や車、船での行程が殆どですが(笑)。

風景も、登場人物も印象的で美しく久々に「いい映画を観た」感じでした(しかもタダで)。

子供の頃、キューバ革命を題材にした映画を見た記憶が有り(←どんな子供だよ…)「ゲバラ」と言うとどうもそちらの印象が強いのですが、ネット検索してみたところどうやらコレのようです。何と69年のアメリカ映画ですよ。え?カストロが政権をとってからまだ10数年じゃないですか?
当時の政治情勢から言って、亡くなって間もない英雄ゲバラを立てつつ、カストロを貶めるような内容だったんでしょうかねぇ(確認する気なし)。


◆郊外のホームセンターの工具売り場で「こうたやめた」のステップを30分ほど踊った後、新しいはんだこてを購入。
↓これです
Px201
大洋電機産業製。セラミックヒーター、温調式(250~450度)、70W。従来使っていたのは15Wのはんだこてで、まともにはんだ付けをこなせなかった(適温を維持できず失敗)ので、そこは何とか道具でカバーできそうな気も。

今回の作品は私としては金属多め。はんだ付けは苦手なのですが、金属同士を接着剤だけでくっつけるのはもっと苦手なので(イライラする)もう道具に頼るほかに方法がありません。

PG!のK人さんの記事を読んで頑張ってみましょうかね~(読んだだけで上手く出来そうな気がするんですよね。出来ないとショック)。

| | コメント (0)

2007-07-22

日曜日の作業日誌(短め)

【今回もシークレットモードでございまーす】

ウソではなく、本当に毎日毎日コツコツコツコツコツコツ模型を作ってます。

でも進みません。

最大に厄介な足回りを今週末に完成までこぎ着けましたが、出来た処で平面に置いてみたら接地しない(泣)。
何と左後ろ転輪が1mmほども浮いてしまいます。目立つよな~、1mm。

組み立てる際に擦り合わせはしたものの1mm上げる(下げる)ほどの変ないじり方はしていないので、キット本来のミスだと思います。そもそも足回りを他キットの物に全て移植したり(拙作のチャーフィーとか、2号戦車のように)した場合の方が自分なりに注意を払うので、こんな事は起こりません。

一気にモチベーションが急降下。この後PEのフェンダーを組まなきゃならないんですよね。
ハンダ付けかぁ。鬼門だな~(もうイヤ)。

| | コメント (0)

2007-07-18

髪を切る

私は床屋派。美容院なぞには立ち入ったことすら有りません。
しかももう同じ店に25年以上通っています。

と書くと私に頑固な拘りがあるように聞こえますがさにあらず、実は会社の事務所の向いに床屋が在り、毎朝何かと声を掛けられるので仕方ないんですね。「伸びたね~」とか。
25年も通っていると「前髪はこうで、横がああで、後ろが…」などと説明する必要が全く無い(もっとも現在は髪も無い。ははは。ほっとけ!)のが楽といえば楽。

でも一度「めんどくさいから坊主にしたいんだけど」と言ったところ、
やめな。頭の形がはっきり出るから
そりゃ「アンタの頭は形が悪い」って事か!
その際取った折衷案が「ハサミで限りなく短くして頭の形を出さない」と言うことで、結果見事に板さんカットになっておりました。ま、確かに技を尽くしたのは判るけど、何だかなー。

昔はそんなマスター(以前は住み込みのお弟子さんが何人も居たりした先生だった)のテクニックが気に入ってましたが、ホントは今風のセンスを身につけた娘婿(エヴィスのジーンズが似合うサーファー・柔和な中田ヒデ風)にカットして貰いたいんですよね。
一度、マスターがお通夜で不在の折に「ボクでいいですかぁ」と言いながらカットしてくれたのが自然で実に良い感じでした。

あ~でも「これからは婿さんにお願いしたいんですけど…」などとは絶対、口が裂けても言えません。
マスターが元気で、私が今の会社に通っている間は、ずっと今の髪型なんだろうなー。

| | コメント (2)

2007-07-16

中越沖地震お見舞い

朝10時ころ、テーブルに向い模型を作っていると、軽い目まいを覚えました。
もしやと思ってテレビをつけると、新潟・長野で震度6強の地震があったとの第一報が。
3年前に続いて又か、という思いが過ぎります。

特番に切り替わり、各地の市役所等に電話取材していた頃まではそれ程大きな被害は無さそうに感じられたのですが、現地にヘリコプターを飛ばして上空からの映像が入ってくると、序々に家屋の倒壊などの情報が入り、昼頃にようやく尋常ではない様子が伝わって来ました。

20時現在、亡くなられた方5名、怪我された方260名、家屋倒壊は約300戸、地割れがおきたり、橋が壊れたり被害は甚大です。また、余震による被害も心配です。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

2007-07-15

台風襲来日曜日の日誌

◆土曜日夜はクラブの例会日でした。
2名欠席で、しかも豪雨。本来なら延期すべきですが特に案件も無いので、今回は3名のみのファミレス会合で済ませました。
因みにメニューは野菜を添えたハンバーグ。ファミレスは落ち着かないので、早めの解散。

◆会合の前に、ショップでウェーブの離型剤落しとDAS WERK MINIATURESホルヒアップグレードセット(タミヤ用、タイヤとライト)を購入(いつか作ります←いつだよ)。

店長と、ちょうど来店していた某氏とのお話中「サイバーホビーの2号F型が楽しみ」的な事を口走ったところ
「なにぃ~サイバーの2号ォ~?『あの』マーダー2のバリエーションだぜぇ?どんなキットだと思ってんだよこのドシロウトがぁ!(意訳)」
と、やんわりと教えて頂きました。ここ数年、ドラゴンのキットは買っていなかったので詳しく知りませんでしたが、(設計の方により大きく内容が左右されるのは知っていましたが)2号ベースのマーダーはどうも特にアレだったようですね。「買って気になる部分は直せば良いや」とも思っては見たものの、得てして直せない部分が気になったりする訳で。まぁ、ある意味期待がさらに膨らんだと言えましょう(違うか)。

◆買ってきたホルヒ1aのタイヤのパターンを少ない手持ちの資料で確認。
T_blogphoto1_104

うーん、数枚の写真に似たのは有るけどちょっと違うなぁ。モールドも立ちすぎている感じ。
使う際はエッジをペーパーで削ることにします。「いつ作るのか」は空しくなるので、考えない方向で(笑)。

| | コメント (0)

2007-07-14

雨の土曜日の日誌 7/14

◆静岡は朝からやや強めの雨。
大型の台風が九州に上陸しつつあります(13時現在)。被害が拡大しませんように。

◆お盆なので、午前中に近所の檀那寺へ付け届け。
昨日、我が家での棚経の際に有り難い言葉を頂いて家族が喜んでいましたが、このお寺の若い和尚はツインメッセ近くのデニーズで複数回目撃しているので、どうもそっちのイメージが強いんですね。スキンヘッド(当たり前)で筋肉ムキムキのタンクトップ姿だったのですが(笑)。

◆昼頃よりMLB「タイガースvsマリナーズ」をだらだら観戦。
オールスターでMVPを獲得したイチローは、5年契約でマリナーズに残留を決めた、とのこと。
てっきりヤンキースにでも移籍するものと思っていましたが、余程シアトルの街が気に入ったのでしょうね。
「骨を埋める」という、彼に似つかわしくない言葉が浮かびます。
マリナーズ敗戦、イチローは4の1。

◆サイバーホビーより2号戦車F型のアナウンスが(pmms)。いやぁー来ましたねー。
自ら禁じているドイツ物とは言え、コレだけは見逃す事が出来ません。掲載されている箱絵はちょっと残念な感じですが、発売されたら購入する予定でいます(あくまで予定)。
でもどこかとバッティングする予感もしますねぇ。飛びついたら失敗かな~。

| | コメント (0)

2007-07-08

日曜日の作業日誌 7/8

◆遅めに起床してBSのMLB・マリナーズvsアスレチックスをだらだら観戦。シアトルは最近強いなぁ。
しかし武田一浩(日ハム-ダイエー-中日-巨人)のやる気を全く感じない解説(笑)は如何なもんでしょう。
でも邪魔にならないし日曜日の朝向けだよな~、とか思ったり。声は嫌いじゃないし(褒めてるのか?)。
そう言えば先週は佐野慈紀(近鉄)の解説だったっけなぁ。ピッカリ投法の話をするまで、誰だか判りませんでした。
試合はマリナーズの勝利。ヘルナンデス完封、イチローは5の1。

◆(以下シークレットモード)
例えば、戦車模型製作時に「車体にどろ~っと一体モールドされた雑具箱」があったとしてですね、で、それをどうするか、と。
あ、あの~判り易い例えで言いますとタミヤの2号戦車のフェンダー上のヤツみたいな(←さらに判りにくくなった感が)。

時間的余裕もそれほど無いし、ここは『ヒケと接着線をパテで修正→レザーソウで車体との間に隙間をあけ、一見して別パーツ風』にしよう。
こう考え、実際に一晩掛けてそこまで処理おきながら。
何故、発作的にその雑具箱を削り取ってしまったかなー、昨日の私。
確かに削り取った部分はすっきりして格好は良いし、後はプラ板で箱を作り直すだけですけど、一晩分の作業が全くムダに(泣)。
もっと計画的に作業しろよ<オレ…。

◆滅多に更新しない事で一部の方々に有名な某模型店サイト内の某コーナーに店長作のtascaファイアフライⅤCの完成品写真がアップされてます。宜しければご覧下さいませ。

| | コメント (2)

2007-07-04

UEを向いて

◆仕事の連絡待ちの間に、ふと気になり2年前の自分の日記を見直してみました。
7月、トラペのキットを買い「KV祭り」とか言って騒いでいた頃です。
ほぼ毎日製作記を書いて更新しているし、今よりも内容がある感じ。写真少ないですが。
当時は作例をお休みしていたので、書く事が沢山あったのでしょうね。ずいぶん昔の事のような…。

◆タミヤMM284(!)フランス陸軍UEトラクターを購入しました。
既にネットでは組立て済みの写真もアップされていたりします。早いなぁー。
ただひと言、良いキットですね。それ以外言葉が見つかりません。
この車輌に光を当ててくれたタミヤに感謝。信じて良かった(←去年は散々悪口言ってなかったかぁ?)。
是非ともオチキス対戦車砲を引っ張らせて作りたい。でももう誰かが作ってますかね。

う~ん、見るといろいろ使えそうなパーツが目を惹きますね。エンブレムとか。ハッチとか。ライトとか。フックとか。
b1と同様に、キットを組む前にパーツ取りしちゃう危険性があるかも。
でもいったい何に?

◆なぞ作業ですが、毎日まじめにコツコツ作っていますよ、はい。って誰に言ってるんでしょうね。
現在、リベットを打つ前に処理して置かなければならない部分のパテ埋め・サンディングで足踏み状態です。
地味で面倒な作業なんですよね(←リベットの方が面倒なのでは?)。
じっと我慢です。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »