« 館山寺温泉にて | トップページ | 日曜日の作業日誌 2月10日 »

2008-02-08

髭を生やしたタラコ唇のお爺さん

謎作業続き。
例によりまして全く意味不明な内容ですが、悪しからずご了承下さい。

さて謎車輌の車体前後には、ある部品が付いているのですが。

↓それがこう見えて仕方ありません
T_blogphoto1_060

髭を生やした、下くちびるの厚いおじいさん
一度見えはじめるともう、そうとしか見えません。


でもコレって結構大事な事です。私の場合は実車の部品までもコンマ何ミリ単位で忠実に縮小再現出来る訳ではないので、作った部品が実物に似ているかどうかを確認する良い方法と言えます。

で、じっと観察していて発見しました。
この爺さん、前後に4人居て一見同じ顔に見えますが、良く見ると前部の2人と後部の2人では、顔の表情がちょっと違うようです。
現存車輌や記録写真で複数の車輌を確認してみたところ、後部の爺さんの方が前部よりもやや顔が広く、目の位置や鼻すじも若干異なっています。

何で前後で作りを変える必要があったんでしょうねー。謎は深まるばかりです(理由を考えてる暇はないけど)。

|

« 館山寺温泉にて | トップページ | 日曜日の作業日誌 2月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 館山寺温泉にて | トップページ | 日曜日の作業日誌 2月10日 »