« 合同展前夜 | トップページ | 合同展の余韻 »

2008-05-18

合同展は終った

◆1年間で一番楽しい2日間が終わりました。

ランナーズのメンバー、尾藤さん、CLUB伊太利亜のメンバーの皆さん。ほか、お話をさせていただいた皆さま。2日間お疲れさまでした。
ランナーズのブースにお越しいただいた皆さま、感謝を申し上げます。どうもありがとうございました。

◆May-Q同盟の皆さま、今回は何かとお邪魔いたしました。スミマセン。

Malders


邦人さんのマーダーⅠと並べて道場破り記念写真


セータ☆さん。静岡土産に県立美術館の若冲カレンダー(無料)を用意してたんですが、渡し忘れました〈←忘れたなら書くな)。

たかねさん。高校生の頃買ったボズ・スキャッグス「ダウン・ツー・ゼン・レフト」〈意外と評価が低い)の中の「1993」(さらに評価が低い)が好きだったのを思い出しました。

丞さん、はーぷさん、まけらいおんさん、大楽さん、マリゾ提督、寺田さん。ありがとうございました。


追伸。寺田さん。スティーブンはシャガールじゃなくてセガールですよ(土曜日の朝一にかまされたボケに今頃突っ込む私)。

|

« 合同展前夜 | トップページ | 合同展の余韻 »

コメント

2日間お疲れさまでございました。

こちらこそ色々とお世話になり、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
また、「Perfumeについて熱く語り合うおやぢの会」も発足されたんでしたっけ(^^;)? そちらも楽しそうでなによりでした。

虹店にも無事行ってきました。さすがの品揃えで、me20さんが仕事の途中に立ち寄るのも納得です。近くの川はデス・スターのトレンチのようで迫力でした(ヘビが泳いでました)。

me20さんのマーダーI、こうしてあらためて拝見すると、色調とか「ノルディック・エッジ」っぽいですね。これからは一緒に「和製ノルディック・エッジ」を目指して参りましょう。

ではでは、またよろしくお願いします。

投稿: セータ☆ | 2008-05-19 01:02

こちらこそお世話になりました。

今年はなんといってもme20さんの徹底工作版T-35がインパクト大。
例えフィーベル参考に作ろうとしたところで、その作業量の多さに挫折すること必至(例えばリベット植えとか、リベット植えとか、リベット植えとか)。
コレは自分には無理だぁ、と落胆すると同時に、そういう凄い作品を生で拝見できて眼福でありました。

今後ともヨロシクお願いいたします。

投稿: 丞 | 2008-05-19 01:44

おはようございます。
本当にこちらこそありがとうございました。やっとお会いする事が出来て、とても楽しい2日間となりました。でも、お互いサッカー方面ではとんでもない週末でしたが(;。;)。
-----
ボズに関しては、シルク・ディグリーズの次のアルバム故に、低評価な評を見かけたりしますが、あのTOTOの基礎を固めたアルバムでもあり、ジェフ・ポーカロのグルービーなドラムは色あせる事はありません。R&Bが色濃いとは言え、他のアルバム群と比べてもひけを取らない名盤だと思います。TOTO絡み故に、実はうちの連れさんの方がもっと濃いかも知れませんが・・・(苦笑)。
-----
それにしても、me20さんの引き出しの多さに感服です。個人的にはいっぱい開けたつもりだったんですが?、次回お会いしてお話出来るのが、益々楽しみになりました。FPMは最高ですよね!って事で。今後とも、宜しくお願い致します。

投稿: たかね | 2008-05-19 08:03

◆セータ☆さん

お疲れさまでした。静岡を楽しめたようで何よりです。
虹10近くの川は大谷放水路ですね。「ターミネーター2」のロケにも使われてました(ウソです)。私は見慣れてますが、そう言われると不気味かも。

「ノルディック・エッジっぽい」会場でも仰って頂きましたけど、いい響きですね〈笑)。
あの作品群は「一見簡単そうに見えて恐ろしく手間が掛かっている」ものばかりでしたので、目指したいです。
今後ともよろしくお願いします。

◆丞さん

お疲れさまでした。本文で「丞さんにだけはヒゲタラコ爺の謎かけは判って欲しかったなぁ」と上から目線で書きかけたのですが、失礼だと思って止めました(←書いてるよ)。

名うてのKV者である丞さんの、捻りの効いた「引っ張られKV-2」を拝見出来たのが今回の収穫のひとつでした。また、拙作に過分なお褒めの言葉を頂いて恐縮です。
今後ともよろしくお願いします。

◆たかねさん

お疲れさまでした。(とりあえずJ1の話は置いといて・苦笑)18回も参加している合同展で、他クラブの方と音楽など模型以外の話をするのは初めてだったかもしれません。何か妙な感覚ですねー。

私よりお若いのに、私が19~20歳の頃ハマっていたアーティストがずらずら出てくるのには驚きました。もう忘れかけているし手離してしまったものがほとんどですが、懐かしさでジンときましたよ。

で、当時、同年代に言うと顰蹙を買うので今まで誰にも言わなかったのですが「キャプテンフィンガーズ」の「可愛いアイシャ」の方が、S・ワンダーが歌っている本家よりずっといいと思うのですが。出だしとかが特に(個人的感想です・笑)。

でも今現在はFPMが良いですよね。今日も仕事車の中では「too」がガンガンと♪
今後ともよろしくお願いします。

投稿: me20 | 2008-05-19 20:29

静岡ではお付き合い頂きありがとうございました。

スティーブン?はてそんなことは言っていないと思います(←オイ)。

me20さんの35(t)はパソ画面で見た感じとフィーベル本での感じが違うので実物を是非見たかったのですが、実際は映像媒体を通して見た感じとは違っていて、非常に微妙な色変化があることに妙に感心し、納得しました。そして良い刺激を受けました。

しかしあれですね、最近はすっかり東欧キットの成形外科医ですね(笑)。
また来年も宜しくお願いします。

投稿: 寺田 | 2008-05-19 22:52

◆寺田さん

合同展お疲れさまでした。「スティーブン・シャガール」は忘れます。実は2日間、いつつっ込めばいいのか悩んでたんですけど(笑)。

35(t)の塗装は普段より時間を掛けられたお陰か、寺田さんはじめ何人かの方々から不思議な色調だとの評価を頂いて大変恐縮しております。まぁ、流行りではないんで地味なんですけど…。

>東欧キットの成形外科医
いえいえ、東欧キットの皮膚科ぐらいです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: me20 | 2008-05-19 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同展前夜 | トップページ | 合同展の余韻 »