« 蹴球TV観戦(訂正あり) | トップページ | 菓子杯 »

2008-10-27

Jumper

◆むぉーっ!↓文句なし格好いい。これは絶対アルバム買います(11/19発売)。

Capsule "Jumper! "

出だしが聖歌っぽい。MARQUEE vol.69のロングインタビューによると
ystk「バキバキ言ってる曲に飽きた
この天邪鬼っぷりがたまらん(笑)。
PVも氏によるものです。格好良いけどテーマは幽体離脱。何じゃそりゃ。

◆ヤスタカ氏は「音楽はファッションみたいなもの。時とともに面白いと思えるものは変化してゆく」と答えています。そうなんだよ。私は浮気性なんで、聴きたい音楽が掘り下げる間も無く変わっていくのですよ(←違うか)。だからジャンル分けが良く判らないの。いつまでエレクトロやらハウスやらに興味を持てるか判りませんが、今は彼が作り出す音が心地よく思えます。…確か、10年くらい前は毎日キリンジばかり聴いてましたけど(笑)。

MARQUEEもそうですが、最近買う雑誌は音楽系ばっかり。しかも今風の。「音楽と人」とか。模型誌はさっぱり買っておりません。
大変申し訳ありません(←関係各位向け)。

|

« 蹴球TV観戦(訂正あり) | トップページ | 菓子杯 »

コメント

こんにちは。
毎回「神曲」を出してくるヤスタカ氏は才能の枯渇ってものがないのでしょうか?(苦笑)。これは私もストライクど真ん中ですよ。

10年ぐらい前に流行ったアンビエント系とも取れる印象ですが(Deep ForestやStone Ageとか)、今までの楽曲群よりも、キックが心拍数に近いから落ち着きがあるのかも知れません。さらには、最近サンプリング的であった歌声が、オブリガート風になったのも、進化いや深化かな?を感じ取る事が出来て、良かったです。

※ 予約は既に完了済みです(^^ゞ

投稿: たかね | 2008-10-28 11:38

たかねさん

こんばんは。
さすがの分析です。練れてます。

>アンビエント系とも取れる印象
>キックが心拍数に近いから落ち着きがあるのかも
なるほどー、腑におちました。またトラックの厚みが段違いになった気もします。外部への楽曲提供でCapsule向けの音楽制作に掛ける時間は減っている筈なのに、逆にそこからフィードバックされる部分が大きいのでしょうか。だとしたら仰るとおり才能の枯渇には無縁でしょうねー。
外部向けの楽曲は優しく手に取り易く、capsuleは今現在のヤスタカ氏が好きな音を、と区別しているようですが私はどちらにもハマってしまいましたよ(笑)。capsuleアルバム発売日はPerfume新曲の発売日でもあるのでヤスタカ祭りです(爆)。待ち遠しい。

アンビエント系ってアンビエントトランスですよね。昔会社にいた事務の子が、これが好きで私も洗脳され、一時期輸入版を借りて聴いたりしてました。テクノ系の野外フェスに行って野宿するような変な子でしたが…。

投稿: me20 | 2008-10-28 20:08

こんばんは。
私もPerfumeともども予約済みで、楽しみでしょうないんですよ(笑)。

テクノ系(打ち込み系)のジャンルって、あってない様な物なので、一概に言い切ってしまうのは非常に乱暴だと、未だに思っているんですよね。果たしてこの楽曲も、アンビエントでよいのか、テクノトランスと据えるべきか、迷いがあるのは事実で(^^ゞ。

>トラックの厚み
彼曰く、「バキバキ言っている曲」の音で強引なまでに主題の展開をしていたのが、もう一度ボーカルを上手く使う事に目覚めた(これが副題→オブリガートと捉えたのです:絶対に外せない旋律とても言うべきか?)。結果、さらに豊潤な空間になったと考えているんです。

いや~、今後の展開も益々楽しみになってきました。

投稿: たかね | 2008-10-28 21:46

たかねさん

どうもどうも。私はまだ予約してないですが、近くの店で「フラゲ」しようかと(笑)。

SHSでも少しお話ししましたが、このジャンルは正直判りにくいですねー(私がずっとエレクトロに寄り添っていないせいですが)。テクノとハウスと、テックハウスとか。でも聴くと気分が高揚するので私にとって心のクスリです(笑)。

ジャンルはともかく、CM曲の「more more more」も良いっすねぇ。あと、氏のお勧めはe,d,i,t,らしいので早く通しで聴きたいです。楽しみ楽しみ。

投稿: me20 | 2008-10-29 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蹴球TV観戦(訂正あり) | トップページ | 菓子杯 »