« 土曜日の日誌 10月4日 | トップページ | 三連休前の金曜日の日誌 10月10日 »

2008-10-07

思い出したようにPerfumeを語る

◆セールスプロモーションの情報誌『販促会議』11月号を立ち読み。

ヤマハミュージックパブリッシングPerfume担当、中脇雅裕氏のインタビューが2ページ。通り一遍の記事だろうとの予想に反し、結構深い内容でした。

◆記事によるとPerfume歌手・タレント活動のマネジメントは所属事務所アミューズ。CDなどの販売は徳間ジャパン。そして楽曲のマネジメントは、ヤマハミュージックパブリッシングがそれぞれ担当しているのだそうです。
Perfumeプロデューサーの中田ヤスタカはヤマハの所属アーティスト。中脇氏は「自分の得意分野だけではなく、きちんとマーケットを考えて楽曲を製作できる、本物の音楽プロデューサー」と中田Pを評しています。なるほど。
ヤマハが提示したコンセプトを元に中田Pが曲をプレゼンし、協議後、シングルやアルバムが製作されるのです。

アイドルのプロデューサーと言うと、従来楽曲だけでなく、活動の全てを管理する絶対の存在として語られがちですが、以上を踏まえるとチームPerfumeはプロによる完全分業制で、当の彼女らも「パフォーマンス担当」なのです。「Perfumeは誰にもコントロールされていない」と以前語った中田Pの言葉も頷けます。

◆『テクノポップ』のアンセムとなった「ポリリズム」以降、楽曲のインパクトが弱いとファンに揶揄されていますが、これは「地に足の付いたアーティスト」の印象を与えるように、敢えてゆったりしたリズムの曲を続けてリリースしているとのこと。さすがは老舗。一曲ヒットすると、似たような曲を矢継ぎ早に投入し、消費させるエイ○ックスとは違います。
現在のPerfumeのブレイクには偶然も作用しているので全てのケースには当てはまりませんが、ただ「本物志向」のコンセプトに間違いは無かったのでしょう。

◆ポリリズムは当初、広告主のACから「曲が格好良すぎる」とダメ出しされていたとか、新事実も。CM製作側は「チョコレイト・ディスコ」を聴いてPerfume起用を決めたらしいので、もっと可愛らしい曲を期待してたのかな。

◆インタビューの締めは「海外進出も視野に」。海外マーケットと言ってもいろいろだけど、台湾とか韓国とかで語っていない様子なので期待大。クラブ文化が盛んなヨーロッパが良いな。

|

« 土曜日の日誌 10月4日 | トップページ | 三連休前の金曜日の日誌 10月10日 »

コメント

こんばんは。
ポリリズムの以降に関しては、良い意味で期待を裏切っている・・・ぐらいに思う方が健康的ですよね(笑)。こんな部分にもエイベックス手法の資金・資源の大量投下→即回収!の悪影響にみんなが感化されているような気もします。

海外に関する事は私も同意見。随分昔にストロベリースウィッチブレッドが、その国のサブカルを引っかき回すだけ回して、去っていった様な、そんな展開を期待したり(苦笑)。

故に、現在の彼女たちは受け入れられる素地があると思っています。

投稿: たかね | 2008-10-11 19:03

たかねさん

こんばんは。
最近のファンブログのコメントを見ると「エイベックスを見習えば」「アミューズは商売っ気がない」的な意見もありびっくり。仰る通りエイベックス手法の悪影響を感じます。まぁ、それだけ様々な年代のPerfumeファンが増えているのでしょうけれど。

インタビューを読んで安心したのは、「ヤマハが」きちんと彼女らの将来も考えて曲を展開している事です。近い将来アミューズと協議して、海外への布石を打つでしょう。クラブミュージックは米国が本場のR&Bと違い、勝算は大いにあります。
欧州のどこの国のCDショップにも彼女らの曲が置いてある状況を想像すると、ワクワクします。

投稿: me20 | 2008-10-12 00:50

Perfume仕切りのバラエティー新番組が静岡のテレビ局にもネットされてたので、クラブ例会の出動前につい見てしまった(恥)

日テレには大して期待しないけど、どうせテレビに引っ張り出すなら、もっと違う手法で彼女らの不思議な面白さを引き出してくれんかなー。放送時間的(土曜17時30分~)にも、どの層に向けてるのか不明。

投稿: me20 | 2008-10-12 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日の日誌 10月4日 | トップページ | 三連休前の金曜日の日誌 10月10日 »