« 2008年Jリーグ | トップページ | M40-75/18 S.P.G 【2】 »

2008-12-13

M40-75/18 S.P.G 【1】

実はこの1週間、ほぼ毎日模型をイジっておりました。
んで、気が付いたんですけどそもそも製作系ブログのつもりで始めたのに、模型を作ってるとブログ更新する時間が無い(気付くの遅すぎ)。製作もスローペースなら、今後ブログ更新もスローになると思いますが、何とぞ良しなに。

そんなこんなで(どんなだ)。
サクッと作るつもりでいたタミヤの新セモベンテですが、何故だか結構時間が掛かりそうな雰囲気です。
T_semobente_blog_0171 キットの起動輪の歯数変更か、フリウルのM13/40用起動輪を使うか真剣に悩んだ結果、フリウルを使う事にしました。フリウルだと後ハメが難しいのでキットの起動輪を使いたかったのですが、キットパーツの修正はスプロケット固定用マイナスネジの再現が面倒なため断念しました。
従って初めから起動輪用の3ミリ穴が開いている旧キットのシャーシを使用。穴径が大き過ぎるため、外径3ミリのプラパイプで一旦埋めて2.6ミリで開け直し、2.5ミリの軸を通せるように加工しました。
2 ふと気が付いたら、いつの間にかフェンダーをカットしていました(笑)。これをタミヤのキットでやると意外と面倒なんですよね…。

T_semobente_blog_0141 モデルヴィクトリアのインテリアパーツを使うのも考えたのですが、タミヤのキットに上手く納まるかは??なので、11年前同様にキットを生かしたディティールアップとしました。エアフィルター上部など、立体的でないモールドを一旦削り落とします。
2 エンジン上部の隔壁には配管や配線を通す穴が開いているので、それらしく適当に再現してみます。
3 フェンダーを切り取ってしまうと、ここの合わせの悪さが目立ちます。元は35年くらい前のキットなので無理もありません。今後プラ板とポリパテで埋める予定。
4 キットのままだと、この部分の型抜きのための2本の溝が邪魔です。溝をパテで埋めるのが簡単ですが、フェンダーを切り落としてシャーシと合わせてみると車体上部側が出っ張っているので、ツライチになるよう一段削り落として平らにしました。

と、まぁこんな感じでやってます。M40-75/18 S.P.G ①と謳ったからには②もあるのかな(←疑問なのかよ)。ゆるゆるご期待下さい。

|

« 2008年Jリーグ | トップページ | M40-75/18 S.P.G 【2】 »

コメント

こんばんは、です。自分も今、製作途中のセモベンテがあります。この記事とモデルフィーベル突撃砲(短砲身)を参考に正月までにはなんとか完成させたいと思います。ちなみに起動輪はブラチ、履帯はモデルヴィクトリアを使う予定です。次回のブログ楽しみにしております。

投稿: ばってん22 | 2008-12-17 01:37

ばってん22さん

こんばんは。
ブラチの起動輪かぁ!その手がありました。フリウルの起動輪は後ハメ出来ない上に重く、落とすと変形するので厄介なんですよね。でももう遅いか…。

>履帯はモデルヴィクトリアを使う予定です
MVのは、組み立て後の強度がもう少しあれば私もまた使いたいんですけどねー。
組み立て易く、じゃらじゃら動かしても外れないWW2プロダクションのM13用が欲しいところです。

投稿: me20 | 2008-12-17 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008年Jリーグ | トップページ | M40-75/18 S.P.G 【2】 »