« 起動輪 | トップページ | タイガー重戦車 »

2008-12-03

起動輪続き

私はずっと前から、タミヤとイタレリのM13/40カーロアルマートの起動輪は両方ともピッチが実物と違っている、と認識していました。何故かとよく考えれば、組立て式履帯が世の中に出始めた、20年以上前のMG誌の記事でかも知れません。
確かモデルカステンのM13/40用(非可動接着式Kシリーズ)発売時のイタレリ版の作例記事に、起動輪を加工して組むように書かれていたと記憶しています(F原氏の記事)。カステンの履帯が正確なスケールで、それがフィットしない起動輪の方が不正確だ、と思い込み今に至ったのだと思います。

一方、十数年前に発売されたフリウルモデルのM13/40用キャタピラは正確なスケールモデルだとされています。
んで、何気なくイタレリの起動輪にフリウルのキャタピラを巻いてみると…


T_semobente_blog_011

ちょっとまた嵌まっちゃったわよ奥さん。

今度は「ピン差し込み式」を使っているので間違いありません。つまりイタレリの起動輪って正確だったんですねー。これって皆さん知ってたことですか?

え、知らないの私だけ?ああそうですか。
ワタクシ簡単に比較できる事なのに、検証することなく今まで思い込みで公言してました。深く反省

まぁでも、知ったところでフリウルの起動輪を捨てて、わざわざモールドのイマイチなイタレリの起動輪を使う人は居ないわなぁ(言い訳)。あ、それにもしかしたらフリウル起動輪が単なるイタレリのコピーかも知れないしな(更なる言い訳)。

因みに私は過去モデルカステンのM13/40用Kシリーズはイタレリ用に2台分組んでます。やはりピッチが合わなかったので、起動輪の歯を切り飛ばして使いました(SKシリーズ(可動)は買ってないので、詳細は判りません)。

カステンKシリーズの残骸が残っていたので、タミヤの新キャタピラと比べてみました。
T_semobente_blog_012
左フリウル、中モデルカステン(Kシリーズ)、右タミヤ新。
あららら。
MKのキャタピラって、タミヤ用だったんだ…。

|

« 起動輪 | トップページ | タイガー重戦車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 起動輪 | トップページ | タイガー重戦車 »