« SHINE A LIGHT | トップページ | 大阪へ »

2009-02-25

CARRO ARMATO M14/41【8】

以前の記事で幾つか挙げた問題点をクリアするべく続けてきたサスペンションの工作。
ようやく終了しましたので、開きの状態でご覧下さい。
T_semobente_blog_069
アピールできるポイントは、強いて言えば転輪が後ハメ可能な事くらいでしょうか。でもこうして見ると、もっと他の良い方法が有ったかも知れません。いや、絶対あったはず(手を入れないとか)。

リベットを打ち直している部分はシャーシ取り付け用の板で、シャーシに掘られている溝にはめ込む構成です。板バネパーツを外した状態でガッチリ接着してから、取り付け部分に微妙に生じる隙間をプラ板とパテで埋めなければなりません。
実はこの「隙間埋め」がフェンダーの取り付け後だとやりにくいと判断したので、上ものを後回しにしてサスペンションを先に作ったのですね。もう少し実物の構造に沿った部品構成になっていれば、こんな順番にする必要は無かったのですが…。

まぁ、面倒な工作を後回しにしたり順番を間違えると未完になるので、これで良かったのですね(←良いとこ探し)。

|

« SHINE A LIGHT | トップページ | 大阪へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SHINE A LIGHT | トップページ | 大阪へ »