« CARRO ARMATO M14/41【10】 | トップページ | というわけで »

2009-03-13

CARRO ARMATO M14/41【11】

迷走しつつも、亀の歩みで工作を進めております。

誘導輪及び履帯のテンショナーを軽~くディティールアップ
T_semobente_blog_084
左が修正後、右が修正前。って余り変わらないか(泣)。
誘導輪の真ん中を一旦削り取りサンディングし、一段凸の部分を筋彫りに修正。削り取った中心の六角モールドは不要部品の旧起動輪の物を削いで移植(←判りにくいなー)。

ところで「?」の部品は何を表しているんでしょうね。どの資料写真を見ても、この部分にはこんなのは付いていないんですけど…。
判らないんで慎重に削り取ってから、資料を参考にそれらしくプラ材で修正しました。

車体後面もいろいろと手間が掛かりますね。
T_semobente_blog_086①テールライト?をズベズタのキットより移植。但し付いていない車輌も多い。時期的なものかどうかは不明。ライトの形状が実物と異なるようだが、これも詳しいことは判らない。電源コードを追加してそれらしさの演出。
②車体後面のボルトはラウンドヘッド。シャーシ部品のエッジに見られたメクレの修正も必要だったので、一旦削り取り約5.5ミリのプラ丸で打ち直し。資料を参考に、キットでは省略されている部分にも追加している。
③牽引具は一体成型で立体感に乏しかったので、加工したズベズタのパーツに交換。

どうやら足回りのみが完成しつつあるので、いっその事キャタピラまでを先に組んでしまい、視覚的にモチベーションを維持しておきたいなと考えていますがどうでしょうかダメでしょうか。

|

« CARRO ARMATO M14/41【10】 | トップページ | というわけで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CARRO ARMATO M14/41【10】 | トップページ | というわけで »