« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009-03-29

L6の起動輪

突然ですが、L6軽戦車の起動輪を観察してみました(画像はこちらより借用)。

L6drivesグランドパワー誌09年5月号の102ページに、起動輪の着脱マニュアルが掲載されています。手元にお持ちの方はご覧になって下さい(と言うか以下は持ってる人しか判らないな)。

・「専用タップで軸受けから起動輪を分解」の写真では、①の部品を外しています。
(中心の6角ナットと、周囲に切り欠きのある円盤は一体です)。
この部分は、放射状に突起のあるワッシャー②を締め付け部に挟み、ある程度締め込んでから、部品の切り欠きにワッシャーの突起(ツメ)を叩いてはめ込み、緩みを防止する構造です。

・「起動輪の固定ボルトを外す」。①を取り外して現れた(減速機のシャフトに起動輪を固定している)ナットを外しています。

・「起動輪軸の抜き取り」。軸と起動輪はテーパーの合わせになっており簡単には抜けないので、専用工具(円盤と長ボルトの組み合わせ)を使って押し抜いています。

以上、ざっと私が見て判断できる部分を書いてみました(←偉そう)。
イタレリ/タミヤのキットでは、付属資料や箱絵で確認できる全体的に皿を伏せたようなわんぐりした形状が再現されておらず、画像に示した①の部品の再現も大味ですねー。
でも、修正は難しいかも。どこかのメーカーで、正しい形状のパーツが発売されませんかね。

| | コメント (0)

2009-03-28

謎のひとり言

箱でかっ!
デカすぎだわ。どんだけ中身が詰まってるのかと思うわな。
価格で箱の大きさを決めてるのかな。んなわけないか。

うわー、箱組みだよ。しかも接着面にパーティングラインが被ってるし。
参ったなー。合い悪そう。でもすき間が開く程度か。
何、このゲート。太っ!一体どうやって切れば良いんだろ。
自分は最近、タミヤのキットで甘やかされてるんで、これはちょっとキツイなー。

昔の東欧のキットとは比べ物にならない程良い出来なんだけど、まぁあれは単なる素材に過ぎないと割り切れたからこそ完成できた訳で。

「カッチリ組む為にはモールドを犠牲にしても構わん」的な癖がついてるので、正直ストレート組みはしんどい。
却って時間がかかるかも。う~ん。ストレス??

| | コメント (2)

2009-03-23

月曜日の日誌 3/23

【模型イベント】
静岡AFVの会は、雨のなか無事終了いたしました。
ご来場頂いた皆さま、ありがとうございました。スタッフの皆さま、お疲れ様でした。

コンテストは静岡クリエイトさん主催の塗りコンと合同開催の形だったので(AFVの会として)戦車濃度的には若干薄い感じではありましたが、ディオラマを中心にかなりの力作が集まっていました。皆さん発表の場が欲しいんですね。大勢の人に見せたいのは理解できます。私も、合同展が製作の糧ですもんね(←なら間に合うように作れ)。

ある来場の方に、今回持参したT-35の製作について熱心に質問を頂きました。他の方の作品を見ると「単品作り込み」は一番理解されにくい製作スタイルかな?とも思いますが、こういう時は実に嬉しいですね。

【野球】
WBCが凄い人気です。皆さん、熱心に日本チームを応援してますねー。
でも、決勝もまたまたまた韓国ですよ
ね?よく考えれば何だかおかしいでしょ?
しかし、こんなに「野球」で世間が盛り上がれるのに、何故プロ野球離れの傾向にあるんですかね?

…いや、そりゃもちろん私も日本代表を応援しますが…。

【J1清水】
負けたー。あー、俺が試合あるの忘れてたから(違)
名古屋3-1清水

スタートダッシュ失敗。開幕3戦勝ち無しは、15位に終った年と同じと新聞に書いてありました。
でもまぁまだ3戦で慌てても仕方無いですよ。今年は上位も団子になると踏んでるので、まだまだこれから。

| | コメント (0)

2009-03-21

静岡AFVの会2009

本日3月21日と明日22日、ツインメッセ静岡北館にて静岡AFVの会が開催されております。

私も運営委員として参加しています。主な内容はコンテストのみで、やや「温度」は低めですが、戦車模型愛好家の方々が大勢見えフリマでの買い物に、また模型話に、とまったりとした時間を過ごされました。まぁこれが「静岡っぽくて」良いのですね。
T_blogphoto1_114
展示場には、タミヤさんのギャラリーよりお借りしたヴァーリンデンとシェパード・ペインの作品も特別展示しております。これもタミヤの地元ならではですね。
本日お見えの皆さま、ありがとうございました。運営スタッフの方々、明日もう1日、よろしくお願いします。

さて懇親会を終え帰宅して、模型の続きを始めようと思ったのですが、作りかけのM14/41を会場に置きっぱなしだったのに気付きました。
仕方ないなー。では飲み直すか(ダメだろ)。

| | コメント (2)

2009-03-18

水曜日の日誌 3月18日

【野球】
野球の試合を観るのは嫌いでないしむしろ好きなのですが、巷で話題のWBCにはどうも興味が持てません。
全世界に普及しているフットボールの国別対抗・世界一決定には意味があると思いますが、野球はどうなんでしょう。普及してる国が少ないので当然ですが、参加国が少なすぎで同じ組み合わせが何度も。むりやり世界一を決める意味があるんですかね?

日韓戦も一度の大会で何度も対戦するので、うんざりします。マスコミも「宿命の対決」と煽りまくり(負けたけど)。そういうのはサッカーだけで充分ですよ。

【音楽】
地元静岡のFM局の番組に何とPerfumeがゲスト出演。今日から数日間、地方のラジオ局をサーキットのように廻って新曲のPRを行なうようです。ご苦労さま。しかし既に知名度も人気も充分過ぎる程あるのに、何故こんな田舎まで来て「私たちパフュームと言います。名前だけでも覚えて帰ってください」と西脇さんが訴えた数年前と同じようなドブ板営業をするのかな。
これがPerfume部門を設けた「演歌の徳間( 梅沢富美男 、金沢明子 、小林旭、千昌夫、中条きよし、松原のぶえ、水森かおり 、吉幾三などなど)」の本領発揮か??

【合同展】
今年の合同展のブース配置図が送られて来ました。事務局の皆さま、ご苦労さまです。

んで、早速見たんですけど何とランナーズは4年連続同じ場所!
さすがにちょっとこれは。正直、余り好みのポジションでは無いのでいかがなもんでしょう。他のクラブは少しずつ移動してるんですけどね。何でかな。でもまぁ、決まっているなら仕方ありません。

とにかく皆さま、今年の合同展もよろしくお願いいたします。いつもと同じ場所なので判り易いです(←アイロニー)。

| | コメント (2)

2009-03-17

CARRO ARMATO M14/41【12】

M14/41、まだまだ続きます。迷走が止まりません。

◆フェンダー部品を車体に接着する前に後部を仕上げようと思っていたのですが、問題が生じてきました。
T_semobente_blog_086kai
①製作プランでは、小ネタとしてここのハッチ(写真では削り取り済み)を開いた状態にし、アフリカ戦の記録写真で見られる現地改造仕様のジェリカンラックとする予定だったが、追加工作が多くなりそうなので断念した。
②実車を観察すると、この部分はフチ(側面の装甲厚)に対してほぼツライチになっており、キットでは段差があり過ぎる。結局、残しておいた両側部分も削り取り。
③せっかく追加した尾灯だが、これから行なう工作の邪魔なので削り取る。ヒンジの位置はこのままだと下過ぎるので、こちらも一旦削り取っておく。

◆上記を踏まえて、上面にプラ板を貼って対処しました。
T_t_semobente_blog_087
①側面装甲板の厚みは0.25×0.5のプラ材を貼って表現。実際はハッチに対してツライチだが、ほんの少し削って敢えて段差を付けてみた。
②一旦削り取った部品を再接着。ヒンジはやや上に位置変更。尾灯の電源コード及び上面のヒンジは、今後取り付ける。

◆参考までに、タミヤとズベズタの、この部分のサイズ比較です。
T_semobente_blog_088
タミヤのは明らかに広すぎ。そのまま記録写真と同様にジェリカンを載せると違和感があるので、どこかでサイズを修正する必要があり、ラックのネタは断念しました。ハッチを開くとハッチに固定された履帯交換用工具が吊り下がる格好になって良い感じなのですが(感じ方には個人差があります…)イタレリ版でどなたか挑戦してみて下さい。

| | コメント (0)

2009-03-15

イベントのお知らせ・静岡AFVの会

すっかり告知するのを忘れていましたが、来る3月21日(土)・22日(日)、ツインメッセ静岡北館にて、静岡AFVの会が開催されます。→リンク
さらに同開場では静岡クリエイトさん主催のモデラーズフリマも同時開催されてます(←逆だ)。

まぁぶっちゃけ、フリマに同時開催されている「塗りコン」に静岡AFVの会がさらに乗っからせて頂いてるわけなんですが、各地で開かれている先輩AFVの会とは、また違った感じで、家族向けイベント的なユルい楽しみ方もあって良いんじゃないでしょうか、という趣旨です。ご都合が宜しかったら是非ご来場下さいませ。

「静岡AFVの会」は、地元のモデラー有志が運営しております。

| | コメント (0)

2009-03-14

というわけで

というわけで
日本平スタジアム改めアウスタ日本平に来ています。ホーム開幕!


【追記】
雨は止んだけど寒かったなぁー、スタンドも試合も(泣)。
清水は、決して調子の良くない横浜Mを相手に前半シュート一本。前節の出来を引きずっている印象。守備は相変らず危なっかしくミスが多い。攻撃はヨンセンに拘りすぎ、結局生かしていない。
後半残り10分に藤本が入ってからようやくチャンスが生まれ、終了間際にゴールの予感があったものの、ノーゴールのままタイムアップ。

清水0-0横浜FM
はぁ~、ゴール見たかったなぁ。

| | コメント (0)

2009-03-13

CARRO ARMATO M14/41【11】

迷走しつつも、亀の歩みで工作を進めております。

誘導輪及び履帯のテンショナーを軽~くディティールアップ
T_semobente_blog_084
左が修正後、右が修正前。って余り変わらないか(泣)。
誘導輪の真ん中を一旦削り取りサンディングし、一段凸の部分を筋彫りに修正。削り取った中心の六角モールドは不要部品の旧起動輪の物を削いで移植(←判りにくいなー)。

ところで「?」の部品は何を表しているんでしょうね。どの資料写真を見ても、この部分にはこんなのは付いていないんですけど…。
判らないんで慎重に削り取ってから、資料を参考にそれらしくプラ材で修正しました。

車体後面もいろいろと手間が掛かりますね。
T_semobente_blog_086①テールライト?をズベズタのキットより移植。但し付いていない車輌も多い。時期的なものかどうかは不明。ライトの形状が実物と異なるようだが、これも詳しいことは判らない。電源コードを追加してそれらしさの演出。
②車体後面のボルトはラウンドヘッド。シャーシ部品のエッジに見られたメクレの修正も必要だったので、一旦削り取り約5.5ミリのプラ丸で打ち直し。資料を参考に、キットでは省略されている部分にも追加している。
③牽引具は一体成型で立体感に乏しかったので、加工したズベズタのパーツに交換。

どうやら足回りのみが完成しつつあるので、いっその事キャタピラまでを先に組んでしまい、視覚的にモチベーションを維持しておきたいなと考えていますがどうでしょうかダメでしょうか。

| | コメント (0)

2009-03-09

CARRO ARMATO M14/41【10】

引きつづきエンジンデッキにも手を加えます。
T_semobente_blog_082
エンジン整備用ハッチのヒンジはモールドがヌルいため全て削り取り。
ヒンジなどのパーツは昔作ったセモベンテ同様、ズベズタM13/40より移植する予定です。削り作業とダボ穴埋めに邪魔なため、冷却気吸気孔カバー(なのか?)も一旦削り取って別部品としました。

…ヤバイ。迷走してきた。段々完成から遠ざかって行く気がするのは私だけ?

削り取った後に開いた穴がいびつだったので、フチにプラ板を貼って形を整えてから再接着。
T_semobente_blog_083
現存車輌の写真を詳細に見るとこのカバーもボルトで取り付けてあるのが確認できます。
パンチセットで打ち抜いた極小のプラ丸で再現。

穴の形を整えたので、開口部が自然な感じになりましたねー。
…って、こんな所見る人は居ないよ!!

| | コメント (0)

2009-03-08

日曜日の日誌 3月8日

【蹴球観戦】
◆スカパー!の無料放送でJ1リーグ大宮vs清水をテレビ観戦。
ああ、地デジで良かった。普段はテレビショッピングばかりなので見ないけど。

清水は硬さがあり、なかなかパスが繋がらない印象。シュート数やCK数だけを見ると清水が圧倒していたように見えるけれど、内容はむしろ逆で決定的なチャンスは大宮の方に何度もありました。
まぁ、走り負けなかったし、若いCBも初戦を無失点で終えられたのは好材料ですかね(運もあったけど)。

大宮0-0清水。アウェー開幕戦で勝ち点1。ふむー。早く怪我の選手が戻らないかな。

◆さて無料放送のお陰で幾つか昨日の試合(録画)も観られました。
・鹿島2-0浦和  
鹿島強いな。誰がメンバーに入っても同じサッカーが出来るのは凄い。頭ひとつ抜け出ている印象。しかし試合後のインタビューでDF岩政が「前半は敢えて相手に(パスを)廻させていた」とか上から目線で語ってた。そういう事を言うからお前んとこのチームは(以下略)。
・徳島0-0東京V
あまり集中して観ていなかったけど、ほぼ互角の内容でドロー。徳島って確か3期J2最下位ですよね?もうこの辺りは思うほどチーム力の差が無いのかな。そう言えば磐田もJ1に昇格したばかりの山形に6点取られてました。どちらも前途多難ですね。

【音楽】
まだ発売されてもいない曲「ワンルーム・ディスコ」の評価でネットのPerfume界隈は大騒ぎですよ。音から入った人が多いからか、売り上げに走ったとかystk才能が枯れたとか、いろいろやかましい。
・メロディーが70年代の曲(原由子・大貫妙子など)っぽい
これって逆に凄くないですか?「願い」の荒井由実っぽさと言い、何故80年生まれの男、ヤスタカ氏が普通に書けるのか判らないんだけど(あ、皆ピアノ弾く人か)。
・今さらこの『音』は無いよな、古臭い
インタビューで答えてるけど、敢えてギリギリの線を狙ってるらしいです。そう言っちゃうのがダサいそうです(笑)。そもそもヤスタカ氏は「渋谷系」ですらリアルタイムでないんですよ。
・普通のJポップで以前のような冒険が無い
セールス担当の徳間ジャパンの制作部は、組織改編でJ-POP部門・演歌・歌謡曲部門・ Perfume部門・宣伝部、に変わり、今や親会社の第一興商の売り上げにも影響を及ぼす存在になっています。シングルは売り上げ第一で今後大きな冒険は出来ないでしょうね。そういうのはアルバムで期待します。
でもこの新曲、与えられた枠の中では充分跳ねてると思うけどなぁ。

| | コメント (2)

2009-03-07

CARRO ARMATO M14/41【9】

◆前回までに作ったサスペンションをシャーシに取り付けてみました。
T_semobente_blog_080
①M14以降、起動輪に付着した泥を排除する為のスクレーパーが取り付けられる。取り付けていない車輌もあるので、恐らくM14の後期生産からの仕様と思われる。砂漠戦では必要無い?装備だが、記録写真によるとリビアで撮影されたと思しき車輌にも見られる。パーツはズベズタのキットより移植。
②前回(CARRO ARMATO M14/41⑧)で記した「取り付け部分に微妙に生じる隙間」がここ。完成後は覗き込まなければ見えないが、見えるのも事実なのでパテ埋めしたいところ(写真はパテ処理後)。

◆さて、これから車体にもディティールを加えていきます。
T_semobente_blog_077
①リベットの比較用に置いたキットのパーツ。尖ってはいないが、そのままでも問題は無い。約0.5ミリ径。
②そのシャーシ前面の尖頭ボルトをMasterClubのMC435092(0.6ミリ)に交換。
②白黒の記録写真では判別しにくいが、現存車輌のディティール写真を良く見ると、シャーシ前面下側は平頭のリベットで細かく接合されているのが確認できる。0.5ミリ径で打ち抜いた0.13ミリのプラ板で再現。

◆正直、ここ↓のリベットには何も問題が無いので、そのままのつもりだったのですが。
T_semobente_blog_081
ボルト頭を削り取り、0.4ミリドリルで穴あけ。
何だろうなぁ。
なぜ、考えるより先に手が動いてしまうかな…。

| | コメント (0)

2009-03-05

1R DISCO

◆Perfumeの新曲「ワンルーム・ディスコ」の宇宙初オンエアを聴く。

ちょこっと事前にサビだけを聴いて、どこかにあったようなメロディーに少なからずがっかりさせられたが、フルで聴いてみてそんな思いは遥か彼方へ吹っ飛んだ。

Perfume‐ワンルーム・ディスコ

なにこのイントロ!そしてイントロと全く無関係に(笑)始まる『ディスコディスコ』の洗脳フレーズ、そして怒涛のベース+ドラム、終盤のタム連打。はははは。なんだこりゃ!すげえや。
新生活応援ソング風の歌詞は如何なもんか?とも思っていたけど、この際歌詞なんかどうでもよい。
参ったなぁ。これはハマる。計画をねりねり!(爆)

1rdisco
今日発売の「音楽と人」のインタビューでPerfume西脇さんが「『love the world』以降普通のJポップを歌ってるのに、聴いてる皆さんが魔法にかかっていて特別な曲のように感じてくれてる」と語っています。
そうか!俺、魔法にかかってるんだ!んじゃあ仕方ないな!

| | コメント (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »