« 一枚の絵 | トップページ | 日曜日の日誌 6月7日 »

2009-06-01

FREAK

【音楽】
先日の日記に書いたMEG/BEAUTIFULに関してですが、観たかった初回限定版付属のPVが動画サイトにあったので個人的に記録しておきます。全く興味の無い方が多数だと思いますので、me20がまた何か言ってるよ、程度にスルーしといて下さい(苦笑)。興味のある方は、我慢して最後まで聴いてみてください。

先ずは、UKのエレクトロ系バンド『Hadouken!』がプロデュースした前回のシングル『FREAK』。
因みに、MEGの楽曲の中では「やっちまったなぁ」な感じで軽く黒歴史扱いされつつあります(アルバム未収録)。

FREAK / MEG


で、次に「これを聞くためだけに買う価値がある」と言われるBEAUTIFUL初回版付属の中田ヤスタカによるリミックス。

FREAK (yasutaka nakata remix) PV - MEG

いやー、好きだわぁ。これがサクッと出来ちゃうところが、彼から目が離せない理由なんですねー。
Perfumeの新アルバムにも2曲、既存楽曲の新バージョンが含まれているとの情報があるので、ワクワクが高まっちゃうワケですよ(結局そこか)。

ではまた。

|

« 一枚の絵 | トップページ | 日曜日の日誌 6月7日 »

コメント

こんばんは。
全く別物の仕上がりですね。凄いです。1:00ぐらいからたたみかけるベースラインがまさにヤスタカ氏そのものですね。どこかで聴いた事ある感じだなぁ~と、記憶をたたき起こしている最中なんですけど、取りあえず浮かんだのが、テイ・トーワの「Free」。(mix by yasutaka nakata ?な~んて思ってしまったのはここだけの話(笑)。)
http://www.youtube.com/watch?v=g51UdxyvTNU
※ こちらは今売れっ子の麻生久美子が出演しているPV

http://www.youtube.com/watch?v=6Fa9qoC95JY
個人的にはこっちのmixが好きかな

しかし、やっちゃったな~の方のPVはデュラン・デュランがオルタナするとこうなりました!的で涙を誘いました。

投稿: たかね | 2009-06-01 23:34

たかねさん

こんばんは。
テイ・トーワの「Free」は昨日改めて見たばっかりだったので吃驚しました!不思議な感覚です。
WOWOWで横浜聡子監督のドキュメンタリーを見たんですが、彼女の作品に出演していた麻生久美子が「こんなに楽しい現場はなかった」とさめざめ泣いていたのが印象に残って、つい。

ええと、何の話でしたっけ(笑)。
ヤスタカ氏とテイ・トーワは確か対談してますね。一回り以上年齢が違うんですが、音楽は配信だけじゃなくて、どんな形でもいいからパッケージが必要だ、など意見が一致していた記憶があります。嗜好が似てるんですかね。

投稿: me20 | 2009-06-02 00:31

とってもいい気持ちの状態(苦笑)で↑のコメントを書き込んだので、内容が支離滅裂でございました(汗)。すみません。以下、追加します。

Hadouken!というユニットは詳しく知らないのですが、ライブ動画を見たらラップ+エレクトロでメロディーが無い感じでした。MEGが気に入ってアルバムのプロデュースも依頼したらしいのですが、余りにスローペースでアルバム製作に間に合わなくなり、急遽ヤスタカ氏に再依頼したらしいんですね。急いで作っても結果はご覧の通りなのですが、次回以降は2人の意向で他のプロデューサーになるそうです。彼女はCDが売れなくては困る人ではないので、イメージが固定化するのがイヤなんでしょうね。

投稿: me20 | 2009-06-02 08:39

こんにちは。
いやはや、こちらも吃驚です。やはり地下水脈が繋がっていると、霊視します(笑)。
個人的にはヤスタカ氏には、今後はあのYELLO、そしてDeepForestを継ぐ存在であって欲しい!と、強く願う部分もあるんですけど、彼の楽曲から感じるダイナミックな主題の展開、印象深いAメロ、Bメロ、及び随所にちりばめられたキメの快感と確かさは、実はすごく王道ですよね。レトロであり近未来的でもある「音色」に惑わされがちですが(例えば、Night Flihgt に於けるストリングスシンセの使い方は顕著)、再構築系としてYMO~テイ・トーワ~ヤスタカと、連綿と続く文脈に乗っているなぁと最近感じています。

投稿: たかね | 2009-06-02 11:52

たかねさん

こんばんは。
今回のMEGのアルバムを聴くと、曲調が変化に富んでいて驚きます(変化に富みすぎてアルバムとしての芯になる曲がちょっと見えませんが)。例えば4曲目と8曲目とか、同じ人間が書いたと思えないです。機会があったら試聴してみてください。この人は「短期間で、たくさん」曲を作らせた方が良い物が出来るんでしょうか(笑)。

王道については全く同感です。加えてYELLO(懐かしい)とかDeepForestの名前が出てきてもああ、成るほどー。と思ってしまいますが、よく考えてみればヤスタカ氏はまだ30にも届かない年齢でキャリア僅か10年程なんですよね。いや、末恐ろしいです。

投稿: me20 | 2009-06-02 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一枚の絵 | トップページ | 日曜日の日誌 6月7日 »