« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009-07-30

CARRO ARMATO M14/41【14】

長いトンネルを抜け、ようやくCARRO ARMATO M14/41の製作を再開。

ホビーショー前に0.4ミリドリルで開けておいた砲塔のリベット穴に、MasterClubのレジン尖頭ボルト(0.6ミリ)をひたすら差し込み、裏から瞬間接着剤を流します(以前の状態はこちら)。

T_blogphoto1_144ひょ~っ、かっちょええ!!(自画自賛)

やっぱイタリア戦車はリベット(ボルト)が立っていると格好良いっすねー。
基本は0,6ミリですが、ピストルポートの周りのみ一回り小さい0.5ミリに替えて実物に準じています(こだわり)。

タミヤの砲塔ハッチのヒンジはオモチャっぽく、残念な出来なのでズベズタ/イタレリよりモールドを移植。あと、潜望鏡式ペリスコープの先端が装甲カバーの上に覗いている様にプラ棒で追加、などいろいろ工作。

砲塔を先に完成させるか、または戦闘室を先に仕上げて車体に接着して形にするか、思案中。その次は機関室ハッチのヒンジをどうするか。まだまだ問題山積みです。明日はどっちだ。

| | コメント (0)

2009-07-26

豪雨のち猛暑の週末の日誌

【つれづれ】  【ちょっとだけ模型】
豪雨のあとの猛暑。静岡がまるで亜熱帯のようになってから、ようやくやる気を出す私。
土曜日は模型やさんから帰ってM14の砲塔ハッチの工作。日曜日は朝から買ったばかりのシトロエン11CVのゲート処理など。
ホビーショーから今まで、模型日和の涼しい時期があったのに、なにも今頃になって…。はっ、これってとてもサッカーに向いているとは思えない暑い時期にようやくエンジンがかかり始めるエスパルスと同じかな(←強引)。

【サッカー】
25日夜、J1リーグ第19節。清水はフクダ電子アリーナでvs千葉戦。
文字情報のみで詳しい理由は判りませんがHTにMF藤本アウト、DF青山イン。どうした藤本。
DF太田を上げて守備的にしたのかと思ったら失点。何のために青山入れたの。でもその青山が決勝点を挙げたとか(苦笑)。

千葉1-2清水
勝点3を得られたから良かったけれど、何ともドタバタした印象。やはり現状は兵働が外れるとやりくりが難しいかな(後半、キッカーが居ないので市川がFK蹴ってたらしい)。
先制点はヨンセン-岡崎のホットラインで4試合連続のゴール。清水の選手が得点ランキングの上位に登るなんて一体いつ以来でしょう。

【音楽】
「Perfumeが好きすぎて頭がおかしくなってしまったアメリカ人」thispenguin君がトライアングルの『The best thing』をアコースティックカヴァーしてました。

The best thing - Perfume (Acoustic Cover)
当然ですけどネイティブなのでサビの発音に違和感がない。Perfumeのは若干カタカナを読んでる感じもあったりで…(苦笑)。でもこれを聴いて、やっぱりこの曲はメロディーが良いんだなぁと再確認できました。

| | コメント (0)

2009-07-25

最近の買い物

ひさびさに模型的買い物の紹介など。そんなに多くはありませんけど。

T_blogphoto1_141←先ずは少し前に購入した資料本とアップデートパーツ。

本はTankogradの『Soviet Trucks of World War2』。
トラックの模型は好きで幾つか持ってるんですけど、実はまともに作った記憶が無いのです(爆)。
機会があればこの本にも写真が載っている4連装機銃塔載型などを作りたいんですけどね(←言うのは自由)。
パーツはModel Victoriaの『BREDA MOD.38 MACHINE GUN』。
イタリア戦車に塔載されているブレダ機銃の2個入りセットで、機銃架と対空サイトなどのエッチングパーツが含まれます。タミヤのカーロアルマート/セモベンテの機銃部品は古いままなので、これは有難いです。

T_blogphoto1_142←そして今日買ったものがコレ。

タミヤの新製品2種、『MATILDA Mk.Ⅲ/Ⅳ』と『CITROEN TRACTION 11CV』。
これは、まともなモデラーとして絶対に押さえておかないといけません
と言いますか私がこの新製品に興味が持てなくなったら相当ヤバイですよねぇ。まぁ、今頃買ったとか、買って帰って直ぐに箱を開けてみないとか、ちょっとギリギリの感じですけど…。


T_blogphoto1_143
それともう一つ。
以前から気になって気になって仕方がなかったFinisher'sの超精密ケガキ針


「お前戦車の模型しか作ってないのにそんな物買ってどうするの?」とかは聞かない方向でひとつ(泣)。


| | コメント (0)

2009-07-23

にっしょく 日食

【つれづれ】
22日は、例によりメーカーさんを交えての会議と懇親会で、舘山寺にて泊まり。

行程、掛川道の駅に車を停めて曇り空を見上げると、何と太陽が月のように欠けていました。
Blogphoto1_137
←しょぼい携帯カメラで写しても判らんなー。

写真では当日の天気がおぼろげに判る程度で太陽の形は判別できませんが、このように厚い雲の切れ間からのぞいた際に肉眼で日食を観察できました。11時30~40分ころでしょうか。
観察ツァーなどのニュースで知ってはいましたが時間に追われて忘れており、全くの偶然でした。前回の日食は私が小さい頃にあったそうですが記憶にないので、ほぼ人生初の体験ですねー。

会議のあと、夜は温泉に浸かってから懇親会。
Blogphoto1_139
毎回言いますけど、ここは本当に上品で美味しいんですよ。
これと温泉だけが楽しみで来ているんですねー。

今回は早めに就寝したのでシメのラーメンは無し。食ったら太るで。

| | コメント (0)

2009-07-20

海の日の日誌

【つれづれ】
カミサンが、野球部の応援に行っている息子の応援に行きたい(ややこしい)と言うので浜松まで行って来ました。
えー、説明しますと。
息子の通っている高校の野球部は夏の大会で初戦突破し、2回戦(浜松球場)に進んだんですね。息子は吹奏楽部でトロンボーンを吹いており、当然応援に駆り出されたと。で、カミサンは息子の雄姿(笑)の確認と、自分の母校の応援に行きたかった、とそういうわけですね。
Blogphoto1_136
まぁ、私も野球観戦は嫌いではないのでしっかり楽しんできました。
試合は初回、こちらのピッチャーが「ストライクが入らない病」に罹ってしまい、1アウトを取るまでに失点を重ね、それが最後まで響いて残念ながら敗戦でした。
2回以降は立ち直り、打線も序盤に点差を縮められていたので、ちょっと惜しかったですねー。

しかし、息子よ。野球の応援曲に「負けないで(ZARD)」はどうなんだ。景気悪すぎるだろ。

| | コメント (0)

2009-07-18

三連休初日の日誌 7月18日

【つれづれ】
いろんな理由をつけてずっと先延ししていた庭の草むしりをようやく行なう。
「木が一本とあとは花壇」くらいならちょうど良いですが、狭い庭に等間隔に植えた幼木が20年以上経って巨大化してるので、まるで密林状態。地面には、あらゆる雑草が生えまくっています。雨上がりなので蚊も物凄い。汗と蚊取り線香の匂いでぐったりしながら作業を終えました。ああ、車が入れる場所なら潰して駐車場にするんだけどなぁ…(オヤジ、ごめん)。

シャワーを浴びてから近所のショッピングセンターに行き「MUSIC MAGAZINE」を購入。館内のカフェで読み始めたものの、疲れたからか内容がつまらないからか、猛烈に眠くなってしまい、結局帰宅。

【音楽】
我が家の「聴かなくなったCDを置くコーナー」にYMO※の「TECHNODON」を発見。
おかしいなー。散会以後の音源は買った記憶も、聴いた記憶も無いんですけど。と思いつつ、プレーヤーに入れて聴いてみる。
…ああ、判った。たぶん初期のYMOに近いサウンドを期待してた(発売は93年)私が、聴いてみて相当がっかりして今まで放置してたんでしょうねー(笑)。当時は試聴も簡単に出来なかったし。
今聴いてみると相変らず良く判らないながらも、中途半端な古さが心地よく感じます。自分も歳を経て聴き方が変わったのかもしれません。
※アルバムの表記は、全てYMOの名が赤いバッテンで消されています。not YMOの意味だったかな?

YMO - Hi-Tech Hippies (Technodon Live) ←この中で一曲、と言ったらコレ

【サッカー】
J1清水は、ホームアウスタ日本平に首位独走中の鹿島を迎えました。
清水2-2鹿島
見ていないのでよく判りませんが、酷いミスから2点先取された後、追いついたとのこと。
いやぁー勝てた試合だよなぁー。惜しすぎる。一試合2失点以上していないチーム相手に何度もミスしちゃイカンだろ。

| | コメント (0)

2009-07-13

田舎の文具店にて

(私me20、会社の近所の文具店に入る)

おばちゃん「いらっしゃい」

私「すみません、昔よく使われてたダイモってありますか」

お「ダイモ?もう置いてないねー、テプラじゃないの」

私「ええと、テプラじゃなくてダイモのテープだけ欲しいんですけど」

お「ああ、テープだけ。じゃ器械は持ってるわけね」

私「器械は持ってないんですけど、テープを別の用途に使うんで」

お「??でも器械無いと名前打てないよ

(おばちゃん、棚の下から埃にまみれたダイモテープの専用ケースを取り出す)

お「変な色しか残ってないね。何なら取り寄せようか」

私「(意を決して説明する)テープを定規の代わりにして筋彫りをしたりするんで…」

お「????(意味まったくわからず)」

私「何色でもぜんぜんかまわないです、幅が狭ければ」

お「でもこんなんなってるよ(一部変色してる)使えるかね」

私「粘着力があれば…コレは大丈夫そうなんで、一つ下さい」

お「じゃあオマケしとくよ。220円だけど(電卓をはじく)184円に」

私「あ、すみません(び、微妙だ…)」

| | コメント (0)

2009-07-12

週末の日誌 7月11・12日

【サッカー】
J1第17節。清水はアウェーでG大阪と対戦。
G大阪1-4清水。システムが上手くハマるとこんな展開になるんだなぁ。やっぱりテルが中盤の底、そして何故かGKが山本だと勝率が高い。夏場に怒涛の盛り返しを見せた昨期の再現になるかどうかは、次節ホーム鹿島戦で答えが出ます(その前に菓子杯の浦和戦か…厳しい)。

【つれづれ】
週末、カミサンは友達と北海道旅行に。鬼の居ぬまに何とか、というフレーズが浮かびますが、全くノープランな私。せめて夕飯を豪華な外食に…と思うものの結局外出そのものが面倒になり、晩酌を「本物のビール」に替えたくらいで過ごす(人間小さい)。

【模型クラブ】
・土曜日は模型クラブの定例会。最近は出席率がかなり良い。しかし、もはや何の為に集まっているのか誰も判らない状態(笑)。一般的な模型の話は箸休め程度にしか上らず、戦車の話に至っては皆無。まぁ、模型を作ってる人が少数派なのだから仕方無いし、全員まじめにこの状況を嘆いていないから良いか(良くないよ)。

【音楽】 【Perfume】
・Perfume西脇さんは新アルバム発売イベントのラジオジャック(TFM)初日、落ち込んでいて殆ど喋れない状態だったらしい(こういう非常時は大本さんがメインで喋る)。どうやらアルバムがファンに受け入れられるか、本気で心配していた模様。某所で「1回聴いてあんまりだなんて言わないで、3回は聴いてみて下さい」と悲壮感漂うコメントを残している。歌っている本人が「これは売れん」と覚悟していたのかな。もっと自分達の力と曲を信じて良いのに。

・あまり言及されないけど作詞、作曲、レコーディング、ミキシングまでを全て一人で(中田ヤスタカ)こなしてアルバムセールス1位を取った人って今まで居るのかな。もしも初めてだったら、これこそ凄いことだと思うんですけどね。

・「NIGHT FLIGHT」の代々木ライブ映像は凄まじい破壊力。権利とか何とかけち臭いこと言ってないで、この映像をネットで世界中にばら撒けばよいと思う。何の先入観も無く見れば、「何だこれは!」と度肝を抜かすはず。ユーロ圏で30年前にクラフトワークに嵌まった世代などは特に。

| | コメント (0)

2009-07-07

Perfume/⊿(トライアングル)

【音楽】
Perfumeの新アルバム『』を購入。

Sankaku
いち早く聴いた人からは、低めの評価が多い。MUSICA誌のアルバム評には「聴く側がハードルを高く設定しすぎている」とありましたが、その通りなのかも知れません。
ハードルが高い原因は、脳内で前作『GAME』と比較しているから。元々神曲の既存曲に、どれをシングルに切ってもおかしくないような新曲を加えた奇跡的なアルバムと比べられると、どんな作品も「悪くないけど、イマイチかな~」と思えてしまうのは否めません。

で、私の感想。はっきり言ってこのアルバムは好きです。GAMEの「自分にとって気恥ずかしい、若すぎる曲の世界観」がこのアルバムでは彼女らの成長に合わせてすっかり消えている。新曲であるM6『Kiss and Music』~M7『Zero Gravity』そしてM9『The Best Thing』~M10『Speed of Sound 』がとても良い(というか完全にツボ)。そしてもちろん、これだけでも買う価値のあるM5『NIGHT FLIGHT』 。
私としてはこれだけ良い曲が並んでいれば、ダメを出す理由はありません。ヘビロテ決定。曲の繋がりが悪いとかの指摘もありますが、完全オリジナルアルバムではないので、仕方無いでしょうね。

ファンには聴く人なりの「俺妄想Perfume像」「俺妄想perfume曲・アルバム」があり、少しでもそれとずれていると違和感を感じてしまうのでは。と、言っている私も先日、『I Still Love U 』を聴いて勝手にガッカリしてこんな事を書いたばかりですが(苦笑)。因みにフルで聴いたら、それ程違和感が無くなっていました。まぁ、2009年版winkですね(笑)。


※⊿は機種依存文字なのか、他所を見てもハテナと表示されてる場合が多いですね。


【追記】
初動売り上げ21万枚強(7/14)。初回版はあっという間に店頭から消え去った。アマゾンのカスタマーレビューは荒れてもいないのに200件を越えている。

【追記2】
相変らず、ハウス系の音楽好きからの評価が低い。「トラックがちゃちでお子様むけ」など、かなり手厳しい。そこまで言われるとGAMEってそんなに大人向けだったのか?脳内で思い込んでハードル上げまくってませんか?と言いたくなるんですけど。
今作に充分満足している私の耳がお子様だとしたら、それはそれで幸せだから良いじゃん、と思ったり。

でもGAMEに「チョコレイト・ディスコ」が含まれているのが大きいのかな。外人も覚えやすくて好きみたい。この前来日したブラック・アイド・ピーズもラジオで「Perfume知ってるよ!」と歌っていたし、youtubeでボイスパーカッションやってる人もいたし。

| | コメント (2)

2009-07-04

というわけで

というわけで
アウスタ日本平スタジアムに来ています。VS京都!

【試合終了後】
…カトキューが終盤FW5人!の奇策を打ってきても、守備固めにテルとパウロを投入した時点で逃げ切れると思ったですよ。そうそう、相手のコーナー近くでキープして時間稼ぎすれば後1分ないし、とかのんびり見てたら。
何で勝ってるのにロスタイムも殆ど消化た時点で、まだ攻めようとするかな。んで、ボール失って放り込まれてFK与えて失点するかなー。

清水3-3京都。負けに等しい引き分け、勝点2を失う。
まぁ、これがサッカーかな。

| | コメント (0)

2009-07-01

Perfume/I still love U

【音楽】
Perfumeの新アルバムのリード曲『I still love U』の携帯着うたが配信されており、歌い始めからサビまでの80秒を動画サイトで聴く(直ぐに削除されるのでリンクしません)。

正直な感想は、『どJ-POP』。期待が音を立てて崩れていく感覚。

ダサいタイトルと「切ない歌詞とメロディー」という専門誌のレビューを読んで嫌な予感がしていましたが、思い切り当っていました。フルで聴き、PVを観るとまた違うのかも知れませんが、少なくともこれは「踊れる」曲、ダンスミュージックではない。

これは想像に過ぎないけれど、徳間「Perfume部門」サイドが「カラオケ向けの歌い易い曲」をヤスタカ氏に発注したのではないか(徳間ジャパンは第一興商の子会社)。そうとしか思えない程、今までの彼には無かったメロディーです。こんな曲はPerfumeには要らない。彼女らがブレイクして売れた事で、古い業界体質の「上の人」がいろいろ口出しし始めたのかも知れません。

以前から言っていますが、いったい徳間はどの層にPerfumeを売りたいんでしょうか。奇跡のブレイクを果たした背景を何だと思っているのでしょう。良い音源には出費を惜しまない、音にうるさい連中をとりこにしたからではないでしょうか。はっきり言ってこの曲は、この層の切り捨てにも思えます。情報源だった動画サイトの大量削除と言い、まったく目先の小金に目が眩み、「金の卵を産むニワトリ」の腹を裂くに等しい行為ですよ。


…まぁ、新アルバムの発売まであと1週間なので、少し頭を冷やして新たな気持ちで聴かせてもらいます。楽しみなのに変わりはないですから(←なら言うな)。


【追記】
偶然、消される寸前のアルバムプレビューをyoutubeで聴く!
アホなレコード社の代わりに、個人が最も効果的な新アルバムの宣伝を行なう。全く凄い時代になったもんです。

感想。正直すまんかったヤスタカ。少しでも疑った俺を許して(号泣)。
未公開の5曲(聴けるのは一部ですが)は、ひたすら素晴らしいのひと言。
言葉がない。間違いなくダンスミュージック。

恐らく、「I still love U」(と「Dream Fighter」)は現在多数を占めるJ-POPリスナーのファンに対して「君たちは、こんなのが好きなんでしょ?」とヤスタカ氏が示してみせたのではないかな。それくらい他の曲と違いすぎる。

ああ、また聴きたくなってきた。この中毒性はなんだよう。来週まで待てない(←大丈夫か俺)。

【追記2】
アルバムで「I still love U」をフルで聴き、付属のMVを観る。
思ったより聴き易く感じると同時に、これは若いJ-POPリスナー向けと言うよりも、80年代末の「ユーロ歌謡曲」を聴いてきた層を狙ったのかもしれん、と思った。英国発のディスコ音楽が大流行し、winkがカイリーミノーグを、長山洋子がバナナラマをカヴァーしてた時代。
因みに、MVは「曲の途中から、足ツボマッサージを受けながら歌わせる」という、ある意味マニアックな内容(笑)となっています。
 
【追記3】
もはやこの記事は誰も読まないと思うので思う存分追記する(笑)。Mステで初披露された動く「I still love U」を観て、不覚にも「いい曲じゃん…」と思ってしまった私。意見ブレまくり。自分が無いにも程がある。しかしあの3人が踊るとどんな曲も格好良くなってしまうので仕方無いです。

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »