« 週末の日誌 3月7日 | トップページ | 土曜日の日誌 3月13日 »

2010-03-09

雨の火曜日の日誌 3月9日

【サッカー】  【ニュース】 
広島-清水戦で審判団にPKの判断ミス
何だかなー。確か広島の選手も「いつか使おうと練習していた」とか言ってたはず。いやぁなかなか味なことやるじゃん、とか思ってたんですけどルール違反でしたかそうですか(そもそもPK取られた西部が悪い)。


【音楽】  【最近聴いた曲】
ラジオで流れた曲に聞き覚えがあったので検索してみたらこれ↓でした。

Salyu - 新しいYES
確かトヨタのCMでしたかね。もちろんCMで使われてるサビしか知りませんでしたが。全部聞いてもサビだけがいつまでも頭の中で回ってる感じの曲ですね。
で、一体この曲は誰の作詞作曲なのかと調べて見ましたが良くわかりません。小林武志がプロデュースしてるらしいんでそうなのかもですが、最近の風潮として歌い手が曲を作ってると思わせたいのかな?とか感じてしまったり。
Salyuさんは歌のうまい人ですね。何かのフェスで、U2の曲を越智志帆(Superfly)と歌っている動画を見たことがありました。

ところで先日の日記に書いたPerfume新曲の大型タイアップとは女性向けアパレルブランドの「NATURAL BEAUTY BASIC」でした。
ナチュラル?聞いたことねえよ何だよそりゃ、服のテレビCMなんてユニクロとしまむらしか知らねえし!と思ったんですが、どうやらアパレル大手のサンエー・インターナショナルの一押しブランドだったんですね。ぜんぜん知らなんだ。
この不況の折りにPerfumeを使ってテレビCMを製作していただいて誠にありがとうございます。「大型タイアップって(上の曲みたいに)トヨタとかだよな普通」などとは思いません決して。

でもなぁ、タイトル(『ナチュラルに恋して』←書くのも恥ずかしい)が…。曲(サビのみ)も動画サイトでCMの一部を見たけど正直微妙だなー。まさしく「トラックは良いんですけどねえ」になりそうな予感。

|

« 週末の日誌 3月7日 | トップページ | 土曜日の日誌 3月13日 »

コメント

こんにちは。
例のCMの一部動画をみましたよ~♪。あ~ちゃん、痩せたなぁ~が第一印象じゃ、マズイっすよね(笑)。曲の方はタイアップだけあってなのか、キャッチーなメロディ響かせていますね。でもこれはこの曲のAメロじゃないんだぜ?ってのをヤスタカには期待したくもありで、ホント悩ましいかぎりですね。

投稿: たかね | 2010-03-10 13:11

たかねさん

こんばんは。
先ずは、これを聴いてください、消される前に!
http://www.nicovideo.jp/watch/nm9972847(ニコニコ動画)

イントロ!!!そしてこのベースが~。ううう~(号泣)。
やっぱりヤスタカはタイアップ(製作上の制約)があるとどういうわけか神曲を作りますね~。
ポリ(AC)、セラガ(スミレ16歳)、シクシク(pino)、NF(pino)…。

投稿: me20 | 2010-03-10 22:01

こんばんは。
たった今、聴きましたよ~♪。やっぱりAメロじゃなかったですね(笑)。それにしても、この展開はただただ凄いなぁ~と感じ入る次第です。この手のA、Bメロの自己主張が強めでありつつも、転調を効かせてさらりとまとめ上げるのはやっぱりヤスタカの本領発揮とも言えるのでしょう。個人的には80~90年代に隆盛を極めたAC系(AORまでのメローさではない)の印象を率直に受け、とても実験的要素を取り入れた意欲作に感じました。

人によっては、新たなロリータポップの展開、飛翔とも言うのでしょうが、あの独特のベースライン構築と転調さ加減には上記の思いを抱きます。クィンシー・ジョーンズとかこの手の手法大好きでしたから、面影を見いだしてしまうのです。彼のアルバム「バック・オン・ザ・ブロック」とかシンクロしちゃうなぁ。後は晩年のビル・チャンプリンとかエレクトリックなフィリップ・セスとか。ドラムラインなんかポーカロぽいぞ(笑)。ああ、capsuleの新譜ではこれほど思いを巡らす事は無かっただけに、フルバージョンが速く聴きたいですね!。

投稿: たかね | 2010-03-10 23:56

たかねさん

こんにちは。
クィンシー・ジョーンズ!それ、それですよ。半拍おいて鳴ってるような、黒っぽいけれど洗練された音。ぜんぜん上手く言えてませんけども。正直(仕事でドブ疲れの上に多少アルコールの影響もあってか)最初に聴いたとき、これだよ俺が待ってたのは!!と感極まってしまいました。泣きながらコメレスしたという(笑)。一つのメロディーでは判断できなかったのと同じく1分30秒では全貌を推し量れませんが、仰る通りドラムラインの一部に触れただけでも、ワクワクが抑えられません。こういう感情を与えて貰って幸せですよ。

>capsuleの新譜ではこれほど思いを巡らす事は無かっただけに
どういう訳かヤスタカはフリーハンドで何やってもOK、よりも制約が多いほうが良いものを作り出す傾向がありますよね。iidaは一つボツにされてるそうです。

投稿: me20 | 2010-03-11 11:19

こんにちは。

クインシー・ジョーンズの名を出して、ピンッ!て来てくれるme20さんはやっぱりステキです。洗練された音と解釈されたのは、クインシーを今回は引き合いに出しましたけど、いわゆる「コード進行」が我々のストライクゾーンど真ん中だったと思うんですよね。

今回の新曲でいえば、クインシー以外でも、ディブ・グルーシン&リー・リトナーのRITとかRIT2、そしてイヴァン・リンスとかが、即座に頭に浮かびました。イヴァン・リンスに関しては、クインシー絡みってのもあるんですけど、ブラジル音楽のツボ(ボサなど)を押さえたキャッチーで、ほんわかで、その上上質のポップスが多いですが、その裏側で流れるコード進行の凄さというのか、洗練と純度の高さにしびれるんですけど、その面影を垣間見ました。

この手の評論がアマゾンの辻説法的なレビューでも出始めたら、いいんですけど。上から目線ですみません(^^ゞ。

やはり制約が多い=外せない=コード進行を検討しまくる が神曲を生み出す一因なのかなぁ~と感じる今日の午後です。改めて、某所でいろいろまとめ書きしようかなぁ(笑)。

投稿: たかね | 2010-03-11 13:36

たかねさん

こんばんは。
いやぁ~この話題で盛り上がれるのは何よりうれしいですよ(←模型は?笑)。
今日も帰宅してから何度となく聴いてしまいました。早く良い音で聴きたいです。

では、後ほど某所にお伺いいたします~。

投稿: me20 | 2010-03-11 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末の日誌 3月7日 | トップページ | 土曜日の日誌 3月13日 »