« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010-06-30

そしてW杯は続く

【サッカー】
日本代表は8強進出を賭けてパラグアイと対戦。120分間スコアレス。PK戦の末敗退。
「PKは運」と簡単に片付けられない、残酷なシーンを見て息が詰まる。

延長後半、パラグアイ選手の足が止まりかけたのを見て「扉はあともう少しで開く!」と確信しかけたのだけれど、残念ながら開かなかった。ただ、向こう側の景色は少し見えた。そんな印象。

しかし120分間は長かった。守備の堅さで勝ちあがったチーム同士。疲れて足が止まったら終り、1点取られた方が負けてしまう、ジリジリするような消耗戦。しかも高地。こんな試合は滅多に観られない。魂のサッカー。


ふぅー。思い出しただけで何か込み上げてくる。寝不足のせい?(←寝付けなかった)


選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした。全員が異口同音に「このチームは最高」とチームワークの固さを語っているのが、低かった評価を覆せた最大の要因だったのでしょう。
長谷部・遠藤・阿部の3人がポジションを自在に替えて、相手の攻撃に対応していたのにも現れていたかと。

岡田監督、お疲れ様でした。あなたの下したギリギリの決断がチームを救った。ただ、「どん底を経験すると、ポンとスイッチが入る」と仰ってますが、出来ればどん底に落ちる前に決断のスイッチを入れて頂いたほうが…。

サポの皆さん、お疲れさまでした。W杯はまだまだ続きます。残った8試合の行く末をまったりと楽しみつつ、次回のブラジル大会に期待してみましょう。
一体その頃はどんなチームになってますかねぇ。今回、GKが世代交代出来たのは、岡田監督の最大の功績と言っていいかも。でも出来れば4年後を見据えて、森本にも出場経験を積ませて欲しかったかなー。


では最後に、ゼムノビッチ小父さんのコラムを。誉めすぎ?いやいや、正しい評価だと思いますよ、アンチフット何とかと言ってるよりは、ずーっと(笑)。

| | コメント (0)

2010-06-27

日曜日の日誌 6月27日

【サッカー】
今までJ1清水のことばかりで、日本代表には一切触れませんでした。もちろん興味が無かったわけではなく、今大会のGLが終わってから一言だけ書こうと思っていたからです。代表監督選定以来の不信で、その都度に書くと、悪口になってしまうから。

GLの3戦を終えた今頃には気持ちが落ち着いているだろうと思っていたのですが、思いもよらなかった展開に逆の意味で気持ちが高ぶりっぱなしです。いやもちろん嬉しいんですけど。

数ヶ月前の試合内容を見ていて「初の8強進出を賭けてパラグアイと対戦」なんて現在の図を(余程プラス思考の人以外)予想できた訳ないですよ、まさしくサプライズ。しかし世界を驚かせる前に日本人が驚いてどうするのか(笑)。期待を持ててなくて本当に申し訳なかった。

協会の代表監督選びに関しては結果オーライで終わらせて欲しくはない気持ちもあります。
でもW杯は、勝敗とスコアの「結果」が全て。それまでにその国にどういったチーム事情やどんなサッカー文化があろうと無かろうと、関係ありません。
日本や韓国は32チーム中16チームに残り、フランスやイタリアやカメルーンは脱落した。そういうことです。

岡田監督は最初の賭けに勝ち、4年に一度、世界中でたった16人だけが座れる椅子と、さらなる挑戦権を得ました。次戦の結果がどうなるかは全く予想が付きませんが、もちろん4強を含むあらゆる可能性が日本代表には残されています。ああ、何て素晴らしいことだ!

| | コメント (1)

2010-06-25

眠気が覚めた

【サッカーW杯 GL第3戦 日本vsベルギー】
ハーフタイムなう。
予想外の展開に眠気が吹っ飛んだ。
いやぁーすごいもの観た。起きてて良かった。

しかし民放の実況はひどいな。
日本代表の置かれた状況なんてお前に言われんでもこの時間にこの放送見てる人種ならよーく判ってるんで、しっかり相手選手の情報を伝えろよ。以上、黒me20でした。では後半へ。


試合終了なう。
1失点は予想とおり。しかしまさか3点も取るとは思いもよらず!いったい誰が予想した?


試合終了から1時間。本田と遠藤のFKは間違いなく今大会のベスト1と2のゴール。
改めて凄いもの見たと実感。さて、仕事。今日は熱海行きだよ…。


【試合終了15時間後に追記】
一体自分は今日の明け方、何に興奮したのかと考えれば、
「大会屈指の好カード」でしか見られないようなスーパーゴールを我が代表がたて続けに挙げるのを目の当たりにして「絶対開かないと思われた大きな扉みたいな何か」が開いて向こう側が見えたような気がしたからなんですね。
どうなんだろう。本当に向こう側に行けるのかな。ベスト8を賭けたパラグアイ戦に期待。


※民放のアナウンスに頭が来たのは試合前「GLで敗退するような事があっては再びサッカー冬の時代が訪れてしまう」的なことを2度も言いやがったからなんですね。J1、J2、JFL、地域リーグ、県リーグ、その他もろもろのチームのサポは代表がどの大会のどの時点で勝とうが負けようが関係なく毎日飯を食うのと同じように自分のチームを応援してる訳なんで、ずいぶんバカにしたもんだなと思ったからなんですね。まぁ言葉を選べと。

| | コメント (0)

2010-06-21

M40-75/18 S.P.G 【5】

W杯で日本代表(思いの他)健闘。テレビ報道はサッカー一色、なのは結構なんですが、選挙近いよね大丈夫?とも思う今日この頃。さて、その後のM40のお話でございます。


インテリアは開けたハッチから見える範囲のみを作ります(丸見えだよ)。13年前に製作した際(モデルアート社刊・突撃砲モデルフィーベル1参照)は記録写真数枚しか資料もなく適当に仕上げてヨシでしたが、今回は多少まともに作り込まないとカッチョ悪いかと。

↓そこでコレが登場
T_semobente_blog_232
Model VictoriaM40-75/18 Conversion Kit
足回り以外、上半分とインテリアをすべてレジンパーツに置き換えてしまうキット。写真はインテリアパーツの一部のみです。
当然ながらFor ZVEZDAなのでタミヤにはフィットしません。
初めはこのパーツを立体資料にして自作しようと目論んでいましたが、良く考えればこの私が、少なくとも数年内にもう一台セモベンテを作るはずもありませんよね(気付くの遅すぎ)。


という訳で、このレジンキットを成仏させるべく、組み込む方向に変えました。
T_semobente_blog_233
先に書いたとおりイタレリ/ズベズタ用なのでズベズタには問題なくフィットしますが、タミヤには切り刻んで無理やり合わせることになるので(両社のシャーシを比べるとタミヤの方が幅が狭く、若干長い)、邪魔になるシャーシ内部のモールドは予め削り取っておきます。
まぁ、全て自作に比べればずっとラクができそうですし、ネット上にM41の復元車輌のインテリア画像などが多数あるのも心強い。但し判りすぎるのも困りもので、結局幾つかパーツ自作の必要もありそうですが。あとは隔壁を後ハメ出来るよう、機関室上のリベットを先に打っておかなければ。ああ、たいへん。


T_semobente_blog_234
インテリアを組むのは苦手(センスが無い)なので、先にリベット用の穴開けをして気持ちを落ち着かせます(どんなだ)。
写真上、戦闘室前面装甲版の小さな穴はMasterClub 0.6ミリの尖頭ボルト用、大きな穴が0.9ミリ用。
やや小さく感じるかも知れませんが、後面装甲板などリベットが密集する箇所では大きすぎると格好悪いので、このサイズを選びました。
写真下、変速機点検ハッチのある前上面装甲板にも穴開け。ついでにフェンダーの内側の謎の楕円形穴も開けておきます。

やっぱりインテリアより先に足回りを仕上げちゃおうかな…(迷い)。

| | コメント (0)

2010-06-19

土曜日の日誌 6月19日

【お知らせ】
ただいまW杯期間中にてブログ更新(と模型製作)が滞っております。
あしからずご了承下さいませ。


※つか、何故喋らんテルをスタジオに呼ぶNHK(笑)。

【追記】
W杯が始まる前、グループE予選リーグ最終節のオランダvsカメルーンが消化試合にならないと良いなぁ、と思ってたんですが予想とは逆の意味で思いっきり消化試合になってしまいました。まさかカメルーンが早々と消えるとは。
デンマーク戦は勝った方が生き残るガチンコ(日本は引き分けokですが)。文字通り死力を尽くす魂のサッカーを見せて欲しいものです。

| | コメント (0)

2010-06-12

M40-75/18 S.P.G 【4】

細かいインテリア工作を終えてから機関室の接着・整形作業に掛かるのはモチベーションが下がること必至なので、隔壁パーツを後ハメ出来るよう加工し、順番を変えて先に機関室上部を接着してしまいます。

T_semobente_blog_229
冷却気吸気孔カバーは一旦削り取り、開いた穴の形状を修正する(但し、穴そのものはカバーの上に工具ブラケットを取り付けてしまうと殆ど目に付かない)。エンジン整備ハッチはヒンジとストッパーのモールドを削り取り、パテ修正してからサフェーサーを吹いて傷を確認。
② フェンダーを切り取った機関室上部パーツは位置決めをしにくいので、左右にズレないようプラ板のガイドを取り付ける。第3上部転輪基部は機関室の接着跡の修正に邪魔なので、一旦削り取っている。

T_t_semobente_blog_230
①接着跡はポリエステルパテとラッカーパテでしつこく消す。ここまでの段階も含めてぶっちゃけもの凄ーく面倒くさいので、ハーフフェンダータイプのセモベンテM40(カーロアルマートM13)をきちんと作りたい場合は、イタレリ/ズベズタのチョイスをお勧めする。
②車体後面パーツの幅がシャーシと微妙に合っておらず、接着部分および誘導輪基部(丸い部分)が一段低くなるので、0.3ミリプラ板を貼って対処する。

車体の尖頭ボルトはM14/41と同じくMaster Clubの製品で打ち直す予定ですが、今回はインテリアを組むので、先に打ってから車体内側に出っ張った軸を処理する必要があります。うーむ。明日はどっちだ。

| | コメント (0)

2010-06-08

Perfume×Lovefool×PEPSI

【音楽】 【Perfume】
春から流れていた噂が現実に。PEPSI NEXのCMにPerfumeが出演!

しかも、しかも、カヴァーするのが なんと、カーディガンズのLovefool!!!
超ナイス選曲!もちろんアレンジは中田ヤスタカ!

これを期待せずして何を期待せよというのか!(←朝から興奮しすぎ)

| | コメント (2)

2010-06-06

というわけで

というわけで
アウスタ日本平なう。今日はダービー!絶対勝つ!


【追記】
ナビスコカップB組予選リーグ。
清水 2 - 0 磐田。勝った!
セットプレーから2得点。2点ともMF小野のキックからヨンセン・ボスナーの頭に合わせて落とすという判りやすいパターンですが、判っていてもなかなか防げないんでしょうね。
磐田DFパクが退場になってから3点目の匂いがプンプンしたのですが、スコアはそのままで終了。そこが課題と言えますか。

決勝トーナメント進出は、試合を残しているチームの結果待ちです。さて、どうなりますか。


【6/9追記】
磐田はホームで5-0爆勝。山形を退け、自力で決勝トーナメント進出。横浜FMは浦和と0-0で引き分け。上位2チームの勝ち点に届かず。
決勝トーナメント進出は磐田と清水に決定しました。よしよし。

| | コメント (0)

2010-06-05

SEMOVENTE M43 75/46

前回「マイナー」うんぬん書きましたが、三つともぜんぶマイナーじゃん、とセルフ突っ込み。
まぁこういうのが流行ってたんですね。違うか。さて、最後はプラモデルですら無いコレです。

CRIELMODEL 1/35 SEMOVENTE M43 75/46
T_kyuusaku_011
1998年作品。
イタリアのガレージメーカー、クリルーモデルのレジンコンプリートキット。
クリルーのウェブカタログを見ると105/25はあるものの、75/46は載っていないので絶版となったのでしょうか。うーむ。そんな事気にするのは世界中で何人いるのか。
起動輪、サスペンションはズベズタのM13用に交換。キャタピラはモデルカステンKシリーズ、接着組み立て式。砲身はタミヤのシャーマンより改造。
よく見るとレジンキットの宿命か、経年変化でフェンダーが歪み、サイドのスペースドアーマーも反りまくっています。修正しろ!塗り直せ!と心の中でアクマが囁いてますよ

T_kyuusaku_006
今年製作したP40と同じ、石垣状の迷彩塗装に初めて挑戦したのがこの作品です。
昔はこれでも「何か美術品っぽいのう」とか自画自賛してたものでしたが、今見るとパターンが単調で大きすぎ、クラッシュタイルのようで、実感を損ねています。一番悪いのが雲形迷彩を大きく描いて、後からあみだくじのように黄色線で仕切っていること。特に茶色どうしの雲形が隣り合っていると非常に格好悪い(感じ方には個人差があるので 以下略)。


キットは絶版ぽいし、ここまで塗装が気に入らないと言うことは105/25みたいに塗り直しちゃうのかなー自分。頭の中で工作の段取りが止まりません。ああ、困った。
もうこうなったら、「日本で一番この面倒くさい迷彩をたくさん塗った男」になってやろうか。ところで何て呼べばいいんですかね、この迷彩。

| | コメント (0)

2010-06-03

7TP/dw

自宅に持ち帰った過去作品紹介の2つめは、メーカーもアイテムもマイナーなコレです。

TOM 1/35 7TP双砲塔型
T_kyuusaku_002
1994年作品。
ドイツ(旧東独)のメーカー、トムモデルバウの製品です。
キット内容は、ポーランド・スポジニアの7TP単砲塔型に、レジンの初期型機関室上部・砲塔・マフラー、メタルの機銃とアンテナポストなどのパーツを加えたものでした。
リベットをすべてタミヤのM3から削いだものに植え替え、キット付属の堅い樹脂ベルトキャタピラをインジェクション組み立て式に交換した以外は、特別な工作はしていません。

T_kyuusaku_003
キャタピラはメーカー不詳のT-26用インジェクション接着組み立て式。
確か水色と茶色のマーブル模様の成形色で、ビニール袋入り(笑)の怪しい製品でした。
当時、フリウルはもちろんtoga/ミラージュも発売前で、これ以外にはフェアリー企画の製品しか存在していなかったのですね。因みにフェアリーのキャタピラは出戻った直後にスポジニアの7TP単砲塔型に嵌めて作りましたが、現在は手元にありません。

製作に難儀をした覚えは無いし割とちゃんと出来ているので、たぶん組みやすかったのでしょう。いや逆に、今では難しい事を考えすぎて完成出来ないかも知れません。まずメッシュやルーバーで挫折するな(笑)。

| | コメント (0)

2010-06-01

Wz.34 Armored car

思うように進まないセモベンテの工作はちょっと置いといて、先日ショップのショーケースから持ち帰った過去作品のご紹介など。先ず初めは、近くミラージュから再発売される(今さら…)というコレから。

CERTI 1/35 Wz.34装甲車
T_t_kyuusaku_013
1993年の作品。
90年代に旧東欧圏で乱立したモデルメーカーのひとつ、ポーランド・セルティ社の唯一の製品です。
ボックスは絵の具を塗りたくったような完成品写真、成形色はダークブルーとブラウン、パーツは車体を左右分割した玩具っぽい作り、加えてタイヤはゴム製で、かなり牧歌的な製品だった記憶があります。
合同展では「よく完成させたねー」と言われたものでしたが、意外にも工作に手間取った記憶はなく、フェンダーもキットのパーツを使用しています。

T_kyuusaku_015
目立つオチキス機銃は、出来の良いNKCのルノーFTの物に交換しています。
当時は資料を全く気にせずサクサク作っていたので、フェンダー振れ止めのロッド等を再現し忘れていますねー。

改めて見ると若干小さい気がしたので実車データと比べてみたら、何と全長が10ミリ以上も短かい!いやでも、さすがにそこまででは無いような気も…。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »