« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010-07-27

30℃で涼しいと思える火曜日夜の日誌

【つれづれ】
17日(高校野球観戦)に負った酷い日焼けがようやく癒えてきて、脛の皮が剥けまくりで痒い。
あー痒い(子供のころ以来の感覚…)。


【サッカー】
J1リーグ第15節。清水はホーム・アウスタ日本平にC大阪 を迎える。
前半、流れの中からMF兵働とMF藤本が得点。後半FW岡崎が追加点。前節に続き3得点、懸念だった得点力不足は解消されつつあるのか…と思いきや。

清水 3 - 2 C大阪 。2試合で5失点じゃん。危ねぇなぁ。
まぁ何とか逃げ切れたし、上り調子のC大阪にブレーキを掛けられたのは良かったかな。鹿島は新潟と引き分けたので、勝ち点の差を1に詰めました。よーしこれからだ。

| | コメント (0)

2010-07-24

暑い土曜日の日誌 7月24日

【つれづれ】
暑い。
言いたくないけど毎日暑いですね皆さん。
冷却ジェルで首もと(リンパ)を冷やすのが効果的ですよ。暮らしの情報か。

土曜日。暑くて家で何もする気も起きないので、あても無く車で出かけてみる。
とりあえず昼飯でも食べようか、と思い何件か寄ってみたけれど、どこも満員。みんな考えることは同じなのね。
暑いなか並ぶくらいなら、とスーパーで食材を買って、自宅に戻り部屋のクーラーをガンガンに効かせ、高校野球静岡大会のテレビ中継を見ながら、昼からビール。今の時期はお中元で貰った本物のビールが我が家にも有ります(笑)。

一眠りした後の夕方、自転車で近所のショッピングセンターへ。
Blogphoto1_006
いつものハンバーガーショップで生ビール(またか)。
つまみはポテト。客は他にほとんど無し。大丈夫かこの店。

今晩は安倍川の花火大会が開催されているので、ショッピングセンターの屋上駐車場が開放されていました。距離は遠いのですが、よく晴れている上に高い建物が周囲に無いので結構良く見えます。適当に風もあり涼しい。1階のスーパーで缶ビール(またか)を買い、しばし花火観賞。いやぁ日本人でよかったなー。
んで、家に帰って麺をすすりつつまたビール。いい加減にしなさい。


【サッカー】
J1リーグ第14節。清水はアウェイで名古屋と対戦。
私は上に書いた状態だったので得点経過の情報のみ、動画も未見なので何ともですが。

清水 3 - 3名古屋 。取られては追い付き、引き分けに持ち込んだ様子。
何よりも、3得点を「収穫」とするべきかな。結果的に順位を渡さなかったわけだし(ポジティブ思考)。


【おまけ】
Blogphoto1_005
仕事車の窓にしがみ付くかまきりさん
いったい何故そんなに必死なのか。

| | コメント (2)

2010-07-20

錠前とVOICE

【つれづれ】
浴室ドアの錠前が壊れ、シャワーを浴びていた息子が中に閉じ込められてしまった

いやいやあっさり書きましたけど、中に人がいて扉がロックされたまま握りが空転してると結構焦りますよ。錠前の交換は何回かした事があるんですが、それらとは形状が違うし、ネット検索して調べる余裕も無い。こういう時お金持ちは「カギの110番」とかに連絡するんでしょうかね(笑)。汗だくでいろいろやってみて結局、水道管を締めるパイプレンチで無理やりハカマ部分を回し切って分解し、ようやく息子の救出に成功。後で調べてみたら、浴室内側の握りの根元に分解用のピン差込み穴がありました。そりゃ開かない状態じゃ判らんわ。

原因は錆がきて動きが悪くなっただけのようですが、壊しちゃったので交換することに。ホームセンターで見てみると、並んでいる錠前は空錠でも5~6000円と高い。しかも希望のサイズは無いので、専門店に相談したほうが良いとのこと。やっぱり高いんだろうなー、とびくびくしながらカギの専門店に行ってみたところ。
Blogphoto1_004
あっさりと、全く同じものがありました。
ホームセンターにサイズが無かったのは規格が古すぎた為で、その専門店にも「最後の一個」の長期在庫。
箱も変色し、恐らく20年以上の年月を物語っています。

んで、お値段は1890円。どうやら値段も20年以上前のままのようです(笑)。

 
【音楽】  【Perfume】
22日にフル音源解禁の筈のPerfume新曲『VOICE』をPV付きで逸早く観てしまった。
ミスなのか故意なのか、昼ころ突然TJC公式youtubeに上がって直ぐに削除されたと。当然もうつべには在りませんが、veohにはまだ上がってます。

で、、、感想。
うーんんんん…。こう来たかー。「みんなのうた」みたいな。
「不自然」「ナチュラル」を初めて聴いた時の2割くらいの「感激度」か…。期待しすぎだったかなー。

| | コメント (0)

2010-07-18

三連休の日誌 野球観戦

【つれづれ】
野球部の応援に駆り出された吹奏楽部所属の息子を応援に行く(笑)カミサンに同行して、沼津の愛鷹球場まで。因みに息子の学校はカミサンの母校でもあります。
Blogphoto1_003
暑い。しかも太陽が一番高い時間。しかしプレーしている選手はもちろん、応援している子も楽器を鳴らしている子も、とにかく元気いっぱい。若いって良いなぁ。

試合結果は立ち上がりのノーヒットでの大量失点(四球とエラー)が最後まで響き、延長12回に内野安打でサヨナラ負け。残念だったけど、投手は1人で最後まで投げぬいたし、攻撃では相手の2倍の安打数で5点差を追いついたし。良く頑張りました。
問題は4時間近く夏の陽射しに晒された私の腕と足ですよ(泣)。痛いっす。


【サッカー】
J1リーグ第13節、清水はホームに磐田を迎え「静岡ダービー」。
沼津から帰った直後より、スカパーの無料放送で観戦。中盤でボールを繋ぐ磐田。ロングボール主体の清水。どちらも決定力を欠いた、ピリッとしない試合。
清水0 - 0磐田。暑さのせいもあってか動きが鈍く、最後までゴールは生まれず。あのー「清水は夏に強い」伝説は…。

順調に勝ち点を重ねた鹿島が首位。清水は勝ち点1差の2位に後退。

| | コメント (0)

2010-07-13

VOICE/575

【音楽】  【Perfume】
8月11日発売のPerfume新曲情報。

タイトルは『VOICE』と『575』。
『VOICE』は日産のキャンペーンCMと、『575』はKDDI/iidaの新機種とのタイアップ。


iidaのサイトトップで『575』の一部音源が解禁されてます。
ゆったりした、しかしとても力強い曲。
『VOICE』も早く聴きたい。解禁は少し先か?

もはやテクノでもハウスでもエレクトロでもないけれど、凡百のありがちなJポップ曲とは一線を画している…と思うんだけど。しかしもう自分はパフュ耳(笑)になっちゃってるからなー。

【追記】
・え?カ、カンガルー?うーん。クールな曲は期待できないかな…。

以下、雑誌インタビューより。
・『575』は歌詞がすべて五七五、そしてラップが含まれる(え?)。
・『VOICE』はチャイナ調(ええ?)。

【さらに追記】
カンガルーのCMはこれです。髪型と特有の自己紹介(初めてラジオで聞いたときは卒倒しそうになった)だけで『Perfumeだ』と認識させるアニメーション。私も含め多くのファンが「音楽ジャンル的な誤解を生むからそろそろ止めたほうが…」と思っていたんですが、こういう使われ方もあったのかと。まぁ継続は力なりと言いますか。
しかしさすがに日産、出稿量がハンパない。

| | コメント (0)

2010-07-11

週末の日誌 7月10・11日

【つれづれ】  【土曜日】
午前中少し買い物。セールでTシャツ地のパーカと革サンダル。帰宅後、ジャングル状態となった庭の草むしり。もはや私は庭の奴隷(←意味不明)。1時間ほどで終了。シャワーを浴びてから近所の旦那寺に行き付け届けと墓参り。ちょうど帰宅した息子の通学自転車の後輪がパンクしていたので修理。安い自転車はタイヤ+チューブの寿命が短い。次回パンクしたならチューブ交換するか。

夜は模型クラブの例会。静岡コクピットの会とダスライヒの会が合同例会を開いていた、などの昔話。へぇそんな事があったの、と思ったけれどウチも20年経ってますよ。来年の合同展は参加20回目、表彰されるので今までのようにパーティー不参加は許されません(笑)。
帰宅後、いろいろ用事を頼んだ息子にサンダルを譲ってやる。良く考えればあまり履かないので(初めから買うな)。


【音楽】  【Perfume】
8月11日発売の新曲タイトル解禁が今日だと勝手に思っていたけれど、夕方になっても相変らずオフィシャルは「タイトル未定」。情報を遅らせるのが売り上げに好影響を与えると思ってるのかな。とりあえず自宅近くの新星堂で初回限定版を予約。


【つれづれ】  【日曜日】
参議院選挙の投票に行ったついでにツタヤに行く。借りたかったHideo Kobayashiやデ・デ・マウスのCDは棚に無し。残念。カミサンのセンスで映画DVDを借りて帰る。
Blogphoto1
ずいぶん前に買ってあったオニヅカのスニーカーを卸してみる。
半ズボンにはやっぱりハイカットっすねぇ(そうか?)。

・帰宅後、借りてきた堺雅人主演「南極料理人」を観る。観おわって、無性にラーメンが食べたくなる。

・参院選はどうやら民主党が過半数割れの模様。

| | コメント (0)

2010-07-09

W杯と夢とテレビと素敵な音楽

【サッカー】
W杯もいよいよ大詰め。あとは決勝(オランダvsスペイン)を残すのみです。
準決勝はどちらも面白い試合でしたねー。もちろん両方観ましたよ、録画中継ですが(ヘタレ)。


【つれづれ】 【昨日見た夢】
何年も会っていない、現在漫画家の、高校の同級生と二人。
場所は、巨大な空港近くの近代的なビル。大きな窓からは見事な都会のパノラマ。今まで見たことの無い風景。
なぜか仕事中。取りあえずお茶でもしようと友人を誘い、ビルの一角にあったカフェに入る。
カウンターとボックス一つの小さな店内。カウンターの中には年配の女主人。30年ほど前、毎日のように通っていた店のイメージに近いけれど、配置とインテリアが全く違う。
隣のカウンター席に座っていた女性と話が弾む。NATOの○○顧問の男性と結婚するので、これから飛行機に乗り日本を離れると。それはおめでとう、と言いながら内心苦手なタイプだな、と思う私。女性が店を出たあと、ここは僕が払うよと財布を開けてみる。現在、自分が使っている財布で、中身も実際に昨日使った後のリアルな金額(笑)。ここで目が覚めた。出だしは楽しい夢だったけど、最後が侘しいなぁ…。


【つれづれ】 【ちょっとだけ時事ネタ】
昨日の昼食時、テレビが点いている場所だったので、否応なしにお笑いの人が司会をやっている某T○Sのワイドショーを見た。頭から最後まで、相撲業界の野球賭博の話題。まことに事件続きで自浄作用の無い業界だとは思うけれど、自分を賭けの対象にして八百長相撲をやっていたわけでもあるまいし(そういった疑惑も度々現れるが)、なぜこんな番組で無関係な人物が声高に喚くのかな。正直どうでも良い。賭け事自体に問題があると認識しているならパチ○コも大いに問題にしてみなさいよ。それよりもっと取り上げるべきことがあるでしょ、選挙近いし。だからこういう番組は嫌いだ。


【音楽】  【お口直し】
なんか最近イライラすることが多いので申し訳。ああ、慣れないことを書くと心が荒みますね。
素敵な歌と、素敵な演奏でお口直しを。

土岐麻子 - SUPERSTAR

では、おやすみなさい。

| | コメント (0)

2010-07-03

というわけで

というわけで
アウスタ日本平なう。今日はプレシーズンマッチVS甲府!雨だ!

【追記】
15時キックオフのサテライトマッチから観ました。こちらは清水5 - 2甲府。ふむふむ。

しかし肝心の兄貴チームはスコアレスドロー!なんじゃそれ。後半戦が不安。非常に不安


【その夜】
アルゼンチンvsドイツだよやっぱり!コレを観なきゃ。とビール(もどき)を飲みながらテレビ観戦。
あっけなくドイツ先制!ありゃー。ドイツ強い。マラドーナ流の限界なのかなーとか思いながらぼんやり観ていて、はっと気が付いたら4-0で試合が終わっていた(爆)。また寝ちゃったよー。どの試合も後半が面白いのに。とほほ。

| | コメント (0)

2010-07-02

あの人かな

【サッカー】
南ア大会代表チームは、前代未聞の爆笑会見を終えて解散。
ははは。何か凄く雰囲気良いなぁ。見ていて楽しいよ。
岡田さんの言うとおり、本当にあと1試合だけでいいから、スペインに惨敗でも構わない(それはそれで悔しかったとは思うけど…)から、このメンバーの試合を観てみたかったと心から思う。

96年アトランタ五輪、98年フランスW杯、02年日韓W杯、06年ドイツW杯、そして今大会。全てのチームを経験した川口ならば「何故、南ア大会代表チームはここまでの結束を見せられたのか」が判っているのだろうか。アトランタではブラジルに勝利しながら守備と攻撃の選手が分裂し予選突破ならず、ドイツでは「あの選手」が孤立した。
あの選手…。

……あれれ?もしかして、今までチームが一つになれなかったのはあの人のせいか??


【追記】
上の内容とは全く関係ないけど、準々決勝の試合についてこちらに追記。

ブラジルvsオランダは前半終了まで観ていたのだけれど、眠気に負けて寝てしまった。
ブラジル先制、オランダは防戦に追われていたのでこれはこういうゲームなのかな、というのもあり。
しかし、何と結果を見たらオランダが逆転勝利でびっくり。いやぁー最後まで観てれば良かったー。
決勝点は、日本戦のゴールも挙げたスナイデル。

中継録画でウルグアイvsガーナを観る。

すんごいドラマ。1-1で迎えた延長後半終了間際、ゴール前の混戦から頭で押し込んだガーナ選手のボールを思いっきり伸ばした手で防ぐウルグアイFWスアレス。当然一発退場。
ガーナのPKが決まればガーナが4強進出、ウルグアイの夢は絶たれる。泣きながらピッチを後にするスアレス、しかしガーナのエースFWギャンがPKをバーに当てて外してしまう!
4強があと一歩どころか、殆ど手にできていたのに幻の様に消えてしまった。PK戦の結果、2本止めたウルグアイが勝利。
ガーナの選手が皆、子供のように震えて泣いている。PKでの敗戦は先日我が代表でも味わったばかりだけれど、この試合は本当に「残酷な結果」だなぁ。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »