« 11月最後のつれづれいろいろ | トップページ | 水曜日の日誌 12月8日 »

2010-12-05

土曜日の日誌 12月4日

【サッカー】
◆J1リーグ第34節、最終戦。清水はホームにG大阪を迎える。前節は崖っ淵の神戸に惜敗しているため、是非とも勝利をおさめて今期を終わりたいもの。

清水 0 - 3 G大阪
「今期で退任する監督と退団する選手の為にホーム勝利を」という気持ちが空回り、老獪なG大阪にしてやられた、という印象。ミスで先制され浮き足立ち、得点を焦ってカウンターで失点を重ねる、という今期後半を象徴する悪いパターン。

リーグ前半首位を走り、大いに期待を持たせてくれた今期の結果は、6位。あと勝ち点1を積んでいれば、川崎を上回り5位に入れた。いや、あの試合で勝ち点3が取れていればもう少し。あの試合でも。そう思わされ続けたシーズンでした。
何が(誰が)悪かった、と指摘出来るほどの知識は私は持っていません。監督の目指すサッカーに間違いは無かったし、とにかく監督と選手は、その時点でのベストを尽くしてくれたのだろうと信じます。ただ、試合日程や天候や重要な選手の怪我、試合の雰囲気、流れにナイーブになりすぎるチームだったな、というのは感じます。来期は外国人監督になり、新しい戦力も得て清水はタフなチームに変われるでしょうか。

◆残留争いの最後に一つ残った椅子は、神戸がゲット。清水も浦和も、すっかりミラクルの引き立て役になってしまった(こういう役回りはもう勘弁して欲しい)。
FC東京は文字通り、まさかの降格。清水は東京に対してとにかく勝てていないし、第28節で負けたときもタフなチームだな、という印象があったので、まさか残り2試合で(名古屋に勝った)FC東京が山形と京都に勝ち点1しか積めず、(大宮と引き分けた)神戸が清水と浦和に連勝し、勝ち点6を積み上げるとは…。


【つれづれ】
最近すっかり物欲が消えうせたなぁ、面白くないな、と思っていた今日この頃だったのですが、ぶらりと立ち寄った三島のスポーツ用品店で、セールになっていたMAMMUTのダウンジャケットを衝動買い。まだまだ物欲あったよ自分。いやぁ良かったよかった。タンスには似たようなアウターばかり並んでるけど(よくないよ)。

|

« 11月最後のつれづれいろいろ | トップページ | 水曜日の日誌 12月8日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月最後のつれづれいろいろ | トップページ | 水曜日の日誌 12月8日 »