« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011-06-28

BoneShaker after 40 years

Dsc00662

骨バイク続き。
ホネ部分をMIGのAbt080ウォッシュブラウンでウォッシュ。ほんのり茶系に振れただけのあっさり仕上げ。あまりしつこくスミ入れをすると却って安っぽく見えてしまいそうな気もするし、だいいち自分用ではないので冒険はNG。ホネが持っている前輪のタイヤは、簡単にマスクを作ってホワイトリボン風に。全部黒だとイマイチなので、頼まれもしないのに小技を使ってみました。

接着せずにホネとエンジン部分とを組み合わせてみると不思議にいい感じ。シルバーに塗った部分は先程と同じ理由でウォッシュせず。少し黒赤系などに振ってみると面白いかなとも思ったのですが…。

おっさんライダーはケツに真鍮線を刺して持ち手にしています。油絵具を数色使って肌部分をフィニッシュ。この製品は造形のセンスは良いものの、キャストがイマイチで表面が荒れており、あまり細かい部分まで塗れないのでここもあっさり仕上げです(言いわけ)。完成まであと少し。


| | コメント (0)

2011-06-26

1 - 0 〇

というわけで
アウスタ日本平に来ています。vs仙台!!


【追記】
J1リーグ第18節、清水はアウスタ日本平に仙台を迎える。仙台は開幕以来、12戦無敗で2位。選手もサポも、見えない力に後押しをされているようにも感じる。が、上位をどこかが喰わなければリーグは面白くない。

仙台は固い守備。清水がボールを持ってパスコースを伺っているうちに全員が自陣に戻っている。前線にパスが出ると人数を掛けて潰し、梁がボールを受けると一気に2~3人が走り出しカウンター。これが徹底している印象。対する清水はそこを警戒して守備的。特に前半は監督の指示からか無理に攻め上らず、バックパスが多い。私の周りは退屈な展開にヤジが多い(笑)。後半、数少ないチャンスから太田→アレックスのゴール。

清水 1 - 0 仙台。勝ったものの、残り時間の殆どは一方的な仙台の攻撃を清水が体を張って凌ぐ、の図(シュート数清水6、仙台13)。全体的に両チームとも体が重そうな印象。まぁ連戦で、どの選手も疲労がピークなのでしょう。
さて、清水はこの5連戦で勝ち点10。いやー上出来すぎる。何だか希望が見えてきた…。

※もし良ろしかったら試合後の監督コメントの冒頭を。え、仙台は立派な優勝候補ですけど…?という突っ込み所もありますけど(笑)、こういう「心を掴む」メッセージを伝えられるって、とても素敵なことだと思いますよ。

| | コメント (0)

2011-06-23

Tシャツ/露語

【つれづれ】
懸案だった工事が昨日ようやく完了したので、様子伺いに富士まで。何も問題はないのは承知していますが、こういう丁寧で細やかな気遣いが次に繋がる、と信じているオールドタイプな私。

んで、全く偶然に現場のすぐ近くのSWENが本日開店と聞いてついでに行ってみる。いや、ついでだし。たまたまで偶然だって。うそじゃないって。怒るよほんと。いや怒らんでも。

最近は山歩きや山ツーリングが流行で、自転車やグッズ、ウェアが所狭しと並んでいます。見ているだけで楽しいなぁ。Tシャツでも買って帰ろうかと物色していたら、Patagoniaコーナーで半額セール。どれどれと棚に並んでいた白Tを手に取って見てみたら、コレでした。一気に消費欲が萎える。そういやパタゴニアって例の団体のスポンサーだっけな。結局何も買わずに店を出ました。


【音楽】
Тачки 2 (2011)
カーズ2の1シーン。ロシア語版。他にも同シーンのフランス語、ドイツ語、スペイン語版などが各国のサイトに公開されています。

| | コメント (0)

2011-06-22

2 - 3●

【サッカー】
J1リーグ第17節。清水はホーム・アウスタ日本平に川崎Fを迎えた。私はこのクソ暑い日(静岡は36.5度!)に朝から21時までまじめに屋外で現場管理の仕事していたので、全く情報がなく。ゆでダコのようになって帰宅してから、文字で結果を知る。

清水 2 - 3 川崎F。「後半の数的優位を生かせずに競り負けた」と言うよりも、ここ何試合かアホのように点を取りまくっている川崎に対してふわっとした試合の入り方をしてしまい、序盤に失点を重ねたのが全てかな。数的優位を生かせなかった事を含めて「ピンチにもチャンスにも浮足立ってしまう」のはまだまだ「チームが若い」ということでしょうか。ただ、その後の2ゴールで一旦追いつけたのは収穫。疲れはあると思うけど、とにかく地味に前進していってほしいです。

| | コメント (0)

2011-06-18

塗る/1 - 3 〇/赤絨毯

【模型】
骨バイクの塗装。ホネ部分とライダーにクレオスのMr.ベースホワイトを吹く。ホネをガイアノーツ白+ダークイエローでホネ色(笑)に塗り、ライダーの肌部分をタミヤアクリルのフレッシュ+ガイア白で下塗り。塗装自体久しぶりなので、やることが滅茶苦茶。
バイクの金属部分に先日ショップで購入したガイア121「スターブライトシルバー」を吹いてみる。めっちゃシルバー。すげぇシルバー。はんぱねぇシルバー。ガチなシルバー(以下、頭の悪そうな表現が延々続く)。写真はもう少し進んだ状態でアップします。


【サッカー】
J1リーグ第16節。清水はアウェイ埼玉スタジアムで浦和と対戦。言わば乗組員と船長が替り、練度が足りていないまま航海に出て、荒波に揉まれているチーム同士の対戦。

浦和 1 - 3 清水。雨だと(枠に行けば)効果絶大なボスナー砲が2発。冷静に考えれば飛び道具で勝てたということかな…。
今季初の連勝で、先発と交代選手の基本がようやく固まってきたのが収穫。後はアクシデントの対処として、誰をどこに適切に当て嵌めるかのプランを幾つか持てればよし、無ければ補強が必要。リーグではまだあらゆる事が起こる。勝っても負けても一喜一憂せず、その為に備えて置くだけ。…だと思うんですけどどうですか(誰に聞いているのか)。


【音楽】  【Perfume】
Perfumeの4年前の曲「ポリリズム」がディズニー/ピクサーの新作「カーズ2」の挿入歌(よくある日本語吹き替え版エンディング曲とかではなく、本編の挿入歌)に採用されたことは合同展直後のエントリでお伝えしました。現在オンエアされている日本版テレビCMでも使われています→【カーズ2 TVCM】。
でも肝心な本編での扱いがまだ判らない(小さな音で細切れに流れるだけとか)以上、過度な期待はしない方が良いし、件のエントリで書いたとおり私はこれで「世界デビュー」なんてありえんわい、と思っていたのですが…。

ところが何と、オフィシャル情報に依ると明日(現地時間の18日)ハリウッドで行われる「カーズ2」ワールドプレミアに三人が招待されており赤絨毯を歩くんだそうですよ。ピクサー側の破格の扱いにちょっとびっくり。実写映画と違って「絶対にコケず、グッズの売り上げが半端ない→サントラ盤も売れる」ディズニーアニメだし、こりゃ、もしかして、もしかするんかな…(パフュ脳)。

【追記】
現地の芸能チャンネル「X17」にインタビューを受ける3人。
P20110619
このニュースには「もっとちゃんとした恰好させろ!」など知ったかなのコメントもあったけど、ディズニーアニメのプレミアなので招待客には子供連れが多く、皆さんカジュアルな感じ。よく国内の映画試写会に呼ばれるカンダウノやカノウシマイみたいなドレスでなくて良かった(笑)。因みにX17のインタビュアーに褒められた服のブランドはツモリチサトとのこと。

| | コメント (4)

2011-06-15

2 - 1 〇

【サッカー】

J1リーグ第15節。清水はホーム・アウスタ日本平に山形を迎える。

清水 2 - 1 山形
内容は山形が上。PKが3回(山形に2回、清水に1回)もあり、それで試合が決まってしまった 。
とは言え、内容は悪くても勝ち点3を得られたのでとりあえず一息。現在10位。できればもう少し上がっておきたい。この連戦でいくつ積み上げられるか。うーむ。

| | コメント (0)

2011-06-12

2 - 2△/そろそろ/プライマー

【サッカー】
11日(土)、J1リーグ第14節。清水はアウェイでG大阪と対戦。
19時のキックオフから試合中の時間、私は模型クラブの例会で会員の皆と熱い議論を闘わせていたため(誇張あり)終了後に結果を聞いたのみ。

G大阪 2 - 2 清水。後半セットプレーを立続けに決めて逆転したものの、宇佐美のミドルで同点に終わったとのこと。でもどうやら、終盤は再逆転されなくて良かったね、の状況だったようなので貴重な勝ち点1でしょう。
今節はガンバ対策で村松と平岡の2ボランチ。右の辻尾のバックアップが居ない。現在のメンバーを必死にやりくりして、最低限の結果は出しているなという印象。でもまぁ、13位以下を見ると(未勝利の1チームを除いて…)後半巻き返してきそうなチームばかりなので、そろそろ勝ち点3が欲しいかな。


あ、忘れてた。ナビスコ1回戦は甲府に1-0負け。次回はホームで対戦。でも今年は震災の影響で変則日程でもあるし、正直言ってタイトルは望んでません。そりゃあ出来れば勝ってほしいけど、今の選手層を考えればね。

【模型クラブ】
というわけで土曜日は模型クラブの例会でした。自宅で素麺を食べてきたのを忘れ、コンビニでアスパラとベーコンのパスタとキャベツサラダを買った私。そんなことはどうでもいいか。んで店長と交した模型絡みの話はいずれも「(私が)そろそろ作り始めようか」の結論で終わる。で私は「リハビリとして簡単なものを素組みで一つ」とかではなく、とにかく今は作り掛けのセモベンテ(タミヤ)を完成させたいのだけど、再開のきっかけが掴めないと。まぁその「素組みイヤ」の考えがいけないんでしょうけどね…。

【つれづれ】
・日曜日の午前中、例の「骨バイク」フィギュアに昨日ショップで買ったガイアノーツ『マルチプライマー』をエアブラシ吹き。この辺からぼちぼちリハビリしようという目論見だったんですが、プライマーを厚塗りし過ぎたのかなかなか乾かず、午後の作業は断念(断念早すぎ)。しかし何時間も経ってるけどまだベト付くな。こういう塗料なのかな。


・昨日のホビースクエアの帰り、駅ビルの「つな八」でランチ(安い方)。
P1000042_2

| | コメント (0)

2011-06-11

山田卓司ジオラマ展@静岡ホビースクエア

今日オープンした静岡ホビースクエアに行ってきました。

静岡ホビースクエアとは「ホビー推進協議会静岡」が主催する静岡市のホビー産業発信基地です。
場所は静岡駅南口近くのサウスポット静岡3階。もとは市営のアートギャラリー(駅北の葵タワーに移転)が在った場所で、ホビー推進協議会静岡が市からの無償貸与を受けているとのことです。

入場無料の常設展示は、メーカーの完成品などが主な内容で、日ごろ模型に親しんでいる人にとってはあまり目新しいものは無く、僅かに静岡AFVの会の紹介と会員の皆さんの力作が入り口付近の平ケースに展示されているのみでした。地場産業の振興が目的の施設なのでメーカーの紹介に多くを割くのは仕方ないですが、「目玉」となる模型作品の展示も欲しいところ。個人的には長年待ち望んでいた施設ですので、今後に期待します。
※アオシマ先代のコレクション、仏複葉機のプロペラとエンジンも置いてありましたっけ。

有料展示は開館記念に相応しい山田卓司さんの作品展。※撮影OKでした
P1000040
会場にいらしたヤマタクさんと、作品展を運営されているYさんにご挨拶。
昭和の情景を中心に、キャラクター(主にガンダム)、ミリタリーの3テーマに分けての配置でした。私は思ったよりも作品数が多いなと感じていたのですが、実際は展示しきれなかった作品が山ほどバックルームに置いてあるとのことでした。残念ですが、合同展の卓のようにぎゅう詰めには出来ませんよね。機材の関係で少し暗めな場所もありましたが、落ち着いた展示でゆったりと観ることが出来ました。
「山田卓司ジオラマ展」は7月18日(祝・月)まで開催されています。

| | コメント (2)

2011-06-09

ロックの日/electric life

【つれづれ】  【静岡のロック】
STEEL POTのトンプーさんのブログ
なるほどこの人は音楽にしろ何にしろ好みがぶれないと言うか、フェバリットに芯が通っているのが洋服屋さんらしいなぁ、などと思いつつ拝見していて、その最後の動画と「静岡ロックンロール組合」の文字を見たとたんに口を開けたまま固まってしまった。錆付いた記憶の引出しが何十年か振りに開いた、そんな感じ。ただし、肝心な記憶の中身が原型を留めておらず。以下断片。

・バンド名とは今まで知らなかった(爆)。当時の静岡にいくつものロックバンドが存在し、そのユニオンの名称なのかと思っていた。
・駿府会館のサンシャインコンサートに行った記憶は確かにある。でも、誰と行ったか、多分この人たちも出演してたのだろうけど、何を見て何を聴いたかの記憶が全くない。覚えているのは「観客みんな腕組みしてじっと聴いている」だけ。
・そもそも当時私は軟弱なコッキーポップ(ヤマハ系)リスナーだったので、こういう音にはあまり馴染んでなかったのでしょう。
・静岡のローカルバンドって、オールマンブラザースのコピーとか、そういう系統が多かったような記憶も。

でも当時の自主制作盤が40年近くを経て、CDになり発売されてるんですねー。いやぁすごい時代になったもんだ。


【つれづれ】  【ロックつながり】
そう言えば、高校の同級生で農協に就職したST君は「和製キング・クリムゾン」と言われたこのバンドのメジャーデビュー時に在籍していて、ベースを弾いていたんだっけ。でも学校では実際に弾いてるのを見たことなかったな。

【つれづれ】  【面白コマーシャル】
もしもこの世に電気がなかったら?ルノーのキャンペーンCM。

Renault Z.E. brand new TV advertising campaign - The electric life
ぜんぶ蒸気機関だったらもっとすごい事になると思うんだけど…(笑)。

| | コメント (2)

2011-06-04

島田へ

【つれづれ】
カミサンが海野光弘の版画展を見たいというので、娘と3人で島田市博物館まで行ってきました。

P1000028
大井川沿いに建っている博物館本館から分館(海野光弘版画記念館)までの道沿いは、旧東海道の川越え宿が遺跡としてほぼそのままの形で保存されています。
写真は川越人足の詰所「番宿」が並んでいる街並み。

番宿以外にも、川札を買う川会所など江戸時代の建築物が何棟も残されています。どちらも十年ほど前までは普通に人が住んでいた家々なので(実際に住んでいる家もある)、相当な復元作業を重ねたと想像します。
*

P1000031
海野光弘(1939年静岡市生まれ。享年39歳)の版画記念館は、明治時代に建てられた旧家の敷地内にあります。
記念館自体は10年ほど前に建てられた新しいものですが、入場はこの家の大きな玄関からとなっています。
元は相当なお金持ちの家らしく、個人の住宅なのにまるで旅館か料亭のようです。2階まで上がり、貸切状態(笑)で隅々まで見学しました。
写真は記念館側から撮ったもの。そのさらに奥は、古い作業所を利用した歴史民俗資料館になっていました。こちらの収蔵物は如何にも「市民皆で持ち寄った」的な中途半端に古いものが大量に並べてあり(というか置いてあり)楽しかったのですが、写真が撮れないので伝わりませんね。

*

P1000035_2
大井川沿いを上り、古民家(またか…)を改装した「百小屋」で昼食。


| | コメント (2)

2011-06-03

YOUNG 88

【つれづれ】
高校の友人で漫画家のN君から「me20くんエアブラシ欲しい?」とメールが入る。

昔、仕事で使うかもと思って買ったのだけれど、一度も使わなかったとのこと。もちろん私は(ろくに使いもしないのに)数本ブラシを持っていて間に合ってはいるんですが、私が模型を作っているのを思い出してくれたのがうれしくて「ぜひ貰いたい」と返事し、彼が所沢から帰静した日に会うことにしました。
南幹線のコメダで彼が袋から取り出したのは、箱に入ったままのオリンポスYOUNG88

懐かしい。高校時代にお年玉を貯めて、呉服町の画材店で買ったっけ。エア缶がもったいなくて、あまり使った記憶はないまま一時模型をやめる際に売ってしまい、30歳で出戻ったときに激しく後悔したなぁ。

などの昔話と、近況のやりとり。
現在、漫画はほとんどPCで描き(たまに紙に描いた下書きをスキャナーで取り込むそう)、データで出版社に送っているので道具類はそれ程必要なく、また発色が重要なのでモニターだけは高いものだけれど、本体は普通の家庭用PCを使っているとのこと。
在宅で一人で出来る仕事ってちょっと羨ましいなと思うこともあるけど、運動不足に陥ったり昼夜逆転しがちなので健康に気を付けないとね。N君、これからも元気で。
P1000024

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »