« GLITTER/Limited addiction | トップページ | 世界一/折返し/PON×3 »

2011-07-16

受付/2 - 1 〇

【つれづれ】
会社の創業者の現会長が13日朝に逝去。世間はお盆の真っ最中なので、(お坊さんのスケジュールが押えられず)なかなか日程が決まらず。結局16日(土)の午後からという、あまり経験のない式となる。式場も大きなホールが既に施餓鬼などで埋まっており、来客数に比べてかなり狭い。取引先から贈って頂いた生花で受付スペースは外にはじき出され、私は日中の屋外(!)で長袖シャツ+ネクタイ姿で2時間ほど受付をやってました。いや、しかし暑かったですねーははは。参列者が熱射病で倒れないか心配しましたよ(自分が倒れそうだっちゅうの)。


【サッカー】
J1リーグ第5節。清水はホーム・アウスタ日本平に新潟を迎える。上に書いたような訳でほぼ結果だけ知ったような次第。

清水 2 - 1 新潟。前半は先制され、防戦一方。後半、ペナルティエリア内のファウルでPK獲得。新潟に退場者も出るが勝越せない。数的優位を生かせなかった川崎戦の悪夢がよぎるも、90分にCK大前→高原ヘッドで勝利。うーん。後半に攻撃的なカードを切って局面を打開したのは見事だけど、相変わらずシュートが少ないのも事実。リーグも折り返し。後半はもう少し攻撃的なチームを見たいなー。


以下、監督コメントより引用(下線部)。

記者:今日がちょうどリーグ戦の折り返しで、上位を狙えるポジションに付いた。この順位についてと、ゴトビ監督の目指した意識改革はどこまで進んでいるか?

アフシン・ゴトビ監督:.まず初めに、我々のゴールはリーグのトップで終わることだ。私は、敢えて夢を見るという環境で育ってきた。また、私は常に自分の運命に挑戦する。このチームの監督に就任した時、J2に降格するという噂も聞いた。J1で戦うには十分(な戦力)ではないという話を周囲でされていた。ただ、我々はチームとしてその運命と戦っている。ここまでで勝点27を獲った。自信を持って後半戦も多くの勝点を獲り、チャンピオンになりたいと思う。もしかしたら我々の目標というのは我々のポテンシャルよりも上(の目標)なのかも知れない。ただ私は、我々のファン・サポーターと選手たちと夢を見て行きたい。そしてそれを共に達成したい。


心理学の専門家以外の意味でも「モチベーター」という言葉がよく使われますが、まさしくそんな人。言葉で胸を熱くさせます。


【追記】
後半途中、(選手交代以外に)ボランチ山本と右SB村松のポジションを入れ替え、枝村を前目にして修正したとのこと。効果があったかどうか試合を見てないんで判断できませんが、こういう細かい采配にグッときちゃうんですよね(結果、勝ってるし)。

|

« GLITTER/Limited addiction | トップページ | 世界一/折返し/PON×3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GLITTER/Limited addiction | トップページ | 世界一/折返し/PON×3 »