« BoneShaker after 40 years | トップページ | 息子帰る »

2011-07-03

夏風邪/0 - 0 △

【つれづれ】
先週からひどくのどが痛み、微熱っぽい。夏に風邪をひくのは何十年ぶりかの出来事。冬なら暖かくして栄養を摂り寝ていれば大抵治るけれど、現在の気温では日中寝ているだけでも辛い。土曜日にたまらず医者に駆け込み、抗生剤と解熱剤などを処方してもらい一息つく。冷房効き過ぎの部屋に長時間居たのが原因かも。以前はギンギンの冷房でも何ともなかったんだけど、もう齢かな…。


【サッカー】
J1リーグ第2節。清水はアウスタ日本平に鹿島を迎える。震災の翌日に行われるはずだった試合と思うと感慨深い。私は上記のようなわけで、自宅で臥せりながら経過を確認。ちょっと寝てしまったりしたが、ほぼ何のドラマもなくいつの間にか試合は終わっていた。

清水 0 - 0 鹿島。どうやら前節の前半の内容が一試合続いていたのではないかと想像します。まぁ実際スタジアムまで足を運んで90分間あの様子だったらがっかりしたかもしれません。ならば中盤をいじって攻撃的な布陣で臨めばよかったかと言うと、面白い試合になったかも知れないけれど鹿島相手に無失点では済まなかったはず。

サポーターの心理というのは現金なもので、降格の可能性が低くなるとさっそく「もっと攻撃的で面白く、勝てるサッカーを見せろ、俺ならこうする、ゴトビのサッカーは守備的すぎてつまらん、契約は今季限りにしろ」とか言い出す人が大勢出てきて笑えます。
DFの2人以外は全員控え選手と移籍選手(けが人あり)」のJでは過去にない実験的なチームが14試合を消化して、得点は少ないながらも辛うじてリーグの中位にいられるのは、さらに内容の乏しい惨敗も2試合に止めていられるのは、一体どうしてなのかとよく考えて頂きたいです。
負けても収穫があれば前向きなコメントを発する監督が、珍しく今節の内容に不満を漏らしているので、次節以降どう対処するかが見ものです。


※福岡が初勝利。おめでとうございます。甲府GM「福岡・新潟・清水の中位以下からは勝ち点7がノルマ」のお言葉でフラグ発動したお陰かと(違うか)。

|

« BoneShaker after 40 years | トップページ | 息子帰る »

コメント

こんにちは。体の方、ご自愛くださいませ。

>サポーターの心理というのは現金なもので、降格の可能性が
>低くなるとさっそく「もっと攻撃的で面白く、勝てるサッカーを
>見せろ、俺ならこうする、ゴトビのサッカーは守備的すぎて
>つまらん、契約は今季限りにしろ」とか言い出す人が大勢
>出てきて笑えます。

|-`).。oO ああ、どこかで見た光景が(苦笑)。監督の名前をフ○ンケと変えて、TLに流したい気分です(笑)。こちらは、前後半、選手交代でサッカーの質が激変する香ばしいチームで、どうするんだろうなぁ~って案配で困ったちゃんが続いています。とほほ(^^ゞ。

投稿: たかね | 2011-07-03 11:01

たかねさん

こんにちは。夏風邪って体が冷たいものを欲するらしくて、先ほどコンビニでガリガリ君を買ってきて食べましたよ。キャンデー系はあまり食べないんですけどね(おなかが弱いので)。因みに当たりでした(笑)。

エスパルスのファンサイトを覗くと否定派は「平岡・村松はもともとDFの2ボラなのでここから前にボールが配給されない、一旦下げてロングばかりの実質6バック」に要約される意見が多いです。

でも、常に一番近くで選手を見てオーダーを組むプロがそんな事判らないはずがないので、当面攻撃には目を瞑って2人を育てるつもりなのかなと思っています。Jではとにかく失点を減らせば簡単に落っこちませんから先ずはそこからなのかと。村松はSBの、平松はCBのバックアップ要員でもありますから対戦相手によっては村松と枝村に替えてみたり、あるいは他の選手をアンカーに据えたりするオプションを探っているのだと思います。まぁあれですよ、守備的だと不満を持っている方にはシーズン前の気持ちに戻って頂いてどれだけ高望みしてるか自覚してほしいですよ。

ああ、すみません長くなりました(笑)。

とにかくどのチームにも、サッカーに詳しいんでしょうけれど試合結果に脊髄反射しちゃう人って多いですよね。チーム事情無視して補強しろとか戦術替えろとか監督替えろとか。試合はお互いがプロとして勝負した結果なのだから、そこを先ずリスペクトしなくちゃ、こっちの思い通りばかりには行かないよ、って思うんですけど。ヌルいですかね。
浦和はアレですね、うーん。何と言っていいのか、かなり事情が複雑ですね。ふつうならいい試合をして勝てていけば問題は解決するものなんでしょうけれども。つくづく前監督を切ってしまった代償は大きいですね…。

投稿: me20 | 2011-07-03 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BoneShaker after 40 years | トップページ | 息子帰る »