« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011-11-30

JPN

Perfumeの新譜 『JPN』 を聴く。

アルバムリード曲と思われる「MY COLOR」そして「心のスポーツ」、「Have a Stroll」などの新曲は全てキャッチ―かつポップ。80年代アイドルとも、ニューミュージックとも感じられます。
「テクノ」というワードからPerfumeワールドに入り、アルバム『GAME』のシングル以外の楽曲に度肝を抜かれた身としては内心複雑ですが、ポリリズム以前に指向していた「ネオ渋谷系アイドル」の時代に戻っただけかな、とも思います。
「バキバキなエレクトロがPerfumeの本質」なんて、ポリ新参(ポリリズムが切っ掛けでハマった人)の幻想に過ぎなかったのかも知れません。諦念、というよりもいろいろ難しく考えるのを止めたら、目の前が明るくなりこのアルバムが好きになりました。

過去の3枚のアルバムの発売時には、必ずメンバーの不安感が漂っていました。1枚目の「コンプリートベスト」は解散危機が囁かれていた不遇な時期であったし、結果的に現在まで50万枚以上売れている「GAME」も、発売時には西脇さん曰く「右から左の曲」「自分はあまり歌ってない」とインタビューに答えるなど、売れないと思い込んでいた節がありました。ブレイク後の「トライアングル」は思わぬ人気の上昇に戸惑っていた時期であり、落ち着いた収録状況でなかった事が覗えます。
しかし、「JPN」はメンバー全員(と言うかそもそも不満らしいものは西脇さんしか漏らさないが)が手放しでその出来を喜んでいるし、社会人になった余裕と自信が窺えます。最初はニーズを意識してかバキバキなエレクトロをヤスタカに所望したらしいですが、本心ではこういうポップな歌ものを望んでいたのでしょう。

ポリ新参のオヤジどもはがっかりするかも知れませんが、今の3人がこういう曲を志向するなら、それはそれで良いと思います。人により好き嫌いはあるでしょうが、このアルバムはPerfumeの曲としてのクォリティーはきちんと保っていると思うので。私は「このアルバムを手にして初めてPerfumeを知る外国人」を想像します。メイド・イン・ジャパンの、クールで、キュートで、ポップでゴージャスな楽曲群に聴いた人が仰天する。そんな風に広がっていってほしいと思うのです。

| | コメント (0)

2011-11-27

自転車に乗って/めがね

【つれづれ】
ヒートテックの上にゴアウィンドストッパー素材の薄手パーカ1枚という軽装で自転車に乗り、街まで。
最近は何処へ行くにもこの恰好。これにカメレオンを履いていれば楽なことこの上なし。もう少し寒くなったら、アウターをフード付ダウンにするくらいかな。まぁオシャレとは無縁ですが。

おばあちゃんに追抜かれるほど、のんびりと裏道を走って行く。とても良い気分転換。セノバ内のハンズにて、LAMYボールペンの替えインクを購入。安いボールペンなら1ダース買える値段だけど仕方なし。パルコ内のタワレコに移動してCassius(カシアス)の輸入アルバムを探すも、国内向リミックス盤の1枚しかなく。この辺が静岡なんだよなー。結局買わず。

Cassius - I Love You So


【つれづれ】
P1000116
spec espace(スペックエスパス)  ES-8021

| | コメント (0)

2011-11-26

マラソン後日談/3 - 0 ●

【つれづれ】
前回記事の新東名マラソンですが、実は主催側の未熟な運営で、相当に過酷な状況だったことが明らかになっています。

給水地点に水がない! 静岡のマラソン、参加者脱水症状

7時間座って待ってる(笑)時に考えてたんですが、このコースって基本的に山の中の工事現場なので、何処にも水道も電気も通ってないし、建物も無いんですね。緊急事態が起きたら大変な事になるなーとか思ってたんですが、まさか本当になってたとは。そう言えば、カミサンよりも1時間ほど早くゴールした男性ランナーが「給水所に水がない、食べ物がない、脱水症状で何人も倒れてて救急車呼んでた、こんなのは初めて」と家族に大声で訴えてたのを耳にしましたっけ。結果として、完走率が他の大会に比べて低くなってしまったようです。参加料が高価い上に会場には全員有料の専用バスに乗らないと入れないなど、おかしなことだらけ。これはカネも含めてまだまだ問題が大きくなりそうな気がします。

さて、ウチのカミサンも、給水所では柄杓ですくったバケツの濁り水を手に受けて飲んで走ったりと、大変だったそうです。ふつう、初フルマラソンでこんな異常な体験をしたのなら「もうこりごり」となると思うんですが、「この過酷な大会で完走できたのだから、他のはもっと楽しく走れるはず」と、どこまでも前向きです。うーん…。


【サッカー】
J1リーグ第33節。清水はアウェイ・カシマスタジアムにて鹿島と対戦。

鹿島 3 - 0 清水
清水と鹿島には今季、順位の差は殆どない。引分けが多いのも似ている。先制すれば優位に試合が運べるのも似ている。だが、蓋を開けるとこの一方的なスコアでの敗戦。やはりチーム力の差か。

開幕当初に危惧していた「降格危機」を回避できただけで充分とするか、標榜するサッカーの形が見えないのを不満とするか。次節、最終戦をどう戦うか。

| | コメント (0)

2011-11-20

マラソン/1-2 ●

【つれづれ】
日曜日、「ふじのくに新東名マラソン」にエントリーしたカミサンの御供で早朝より沼津行き。市内の専用駐車場に車を預けて、シャトルバスで会場まで。足高の工業団地付近に建設中のICから進入し、ずんずん登っていくバス。

↓駿河湾-伊豆半島を望む山の上が会場。手前の道路が本線。
Blog111019_001
事前情報ではスタート/ゴールの基点となるイベント会場は新東名の「駿河湾沼津SA」とのことだったので、長時間の待機でも問題ないわな、と甘く考えていたのですが、バスから降りてみたら建物は全て工事中で立ち入り禁止、勝手に会場外に出るのも禁止(建築中でなくても高速道路なんで当然か)。
というわけでカミサンが準備からスタートして帰ってくるまでの約7時間、屋外の椅子でただぼーーっと座っていました。こんなに長い時間なんにもせずに居られる自分にびっくり。
とは言っても参加ランナー1万人以上、しかも地元放送局や新聞社が関係している大がかりなイベントなので、生放送ステージや飲食・スポンサー会社の出店もあり、辺りはかなり賑やかだったですが。

スタート後に突然晴れて気温が上がったので、給水が足りずに脱水症状でも起こしはしてないかと心配しましたが、カミサンは初フルマラソンを約6時間で無事に完走。沼津IC-富士川SAほどの距離を往復して、笑いながら帰って来ました。いやーこの人42.195キロ走っちゃったよ。一旦「やる」と決めたらやり遂げちゃうんだもん。まったくすげえな。


【サッカー】
20日(日)、J1リーグ第32節。清水は優勝争いを展開中の柏をホームに迎えた。私は上に書いたようなわけで、試合結果を携帯で確認したのみ。

清水 1-2 柏。ボスナー砲で前半先制したものの、後半2失点で逆転負け。前半は清水のペースだったとのことなので、後半しっかり分析して手を打ってきた柏に対応出来なかったのでしょう。しかし色んな意味で天皇杯への期待がしぼむな、この負けは。まぁ観てないんで何ともですが。

| | コメント (0)

2011-11-14

二人の選手

【サッカー】
11月14日(月)、来季の清水の新加入選手として内定している河井 陽介選手(慶応義塾大学ソッカー部4年)の記者発表会見が行われました(サッカーじゃなくてソッカーなのね)。

河井陽介といえば、藤枝東のMFとして活躍した2008年の高校選手権決勝が思い出されます。
藤枝東は流通経済大柏に4 - 0で敗れ、準優勝に終わったんでした。その試合で2得点したのが当時流通経済大柏 のFWで、現在は「おいしい水の宅配便」でおなじみの大前元紀

河井選手は大学1年から清水の特別指定選手として練習参加しているので、まったく問題なくチームに溶け込めるでしょう。しかし、あの日内心複雑な気持ちで応援していた2人の選手(河井は地元の選手として、大前は清水に入団が決まっている選手として)が一緒にプレイする日が来るなんて。また楽しみが増えました。

| | コメント (0)

2011-11-13

こたつ/CDレンタル

【つれづれ】
長い間、なるべく床に物を置かない生活を続けていたためその存在を忘れていたのですが、ふと思いついて炬燵を出すことにしました。上の子が生まれて以来なので、20何年ぶりです。

家具調コタツの長テーブルは毎年正月に出しているので良いとして、問題はヒーターユニット。30年物の電化製品なので心配。物置きから発掘して取付け、通電してみたら案の定コントローラーがバカになっており、ずっと強のままで焦げ臭い。そのまま使えばおそらく温度ヒューズが切れてオシャカでしょう。

仕方なく家電量販店で2500円(最安)の汎用ヒーターユニットを購入。「遮熱版が無いテーブルには付けられないよ!」と書いてあったので、古いユニットから遮熱版を取り外しーの、遮熱版自体に新しいユニットをぶら下げられるよう加工しーの、それを全然サイズの違うテーブルの取付けスペースに無理やり合わせ-の、でどうにかこうにかやっつけました。んで今、炬燵で更新してます。半日かかっちゃったよ…。


【音楽】
ツタヤにてDE DE MOUSEのコンセプトアルバム『A journey to freedom』とMEGのベスト盤『BEST FLIGHT』をレンタル。

DE DE MOUSE アルバム「A journey to freedom」spot

MEG - PASSPORT

Perfume(またその話か…)の新譜『JPN』がリリースされる今月末までの繋ぎで借りてみました。

JPNと言えばアルバムの新曲が2曲ほどお漏らしされていたのでつい聴いてしまったのですが、どちらもごくごく普通のJPOP調。ほんとうにありがとうございました(泣)。

| | コメント (0)

2011-11-05

2 - 2 △/音人インタビュー

【サッカー】
11月3日、J1リーグ 第31節。清水はアウェイ・レベルファイブスタジアムにて前節に2部降格が決まったばかりの福岡と対戦。
私はカミサンのRUNの伴走(自転車ですが)で大道芸W杯会場の駿府公園まで行っていたので、結果のみ。

福岡 2 - 2 清水。後半2得点挙げたもののたちまち追い付かれそのままドロー。清水は伝統的にこういう相手に弱い。何故なんだろうなー。特に前半は福岡に圧倒されてバタバタだった模様。うーん。


【音楽】  【Perfume】
「音楽と人」Perfumeインタビューを読む。大変興味深い内容。

・海外志向が強くなった。ヤスタカと海外アーのコラボで曲を作りPerfumeが歌う、などの具体的な案も
・ニューアルバム『JPN』は「バキバキな曲(edgeやGAMEのような)」は「無理やり」入れてない(大本さん)
・アルバムタイトルは曲が揃う前に決めた。案はヤスタカ。推したのは西脇さん。候補は他に「香」
・新曲は全て「柔らかく、可愛らしく、ポップな曲」(西脇さん)「ポップでまとまっているアルバム」(樫野さん)
・「正月に田舎のヤンキー車でEXILEや嵐と一緒に流れてるようなアルバム」(ヤスタカ)


とにかく「海外」というフレーズが多かった。3人とも口を揃えてそう言っているのは、既に決定事項だからでしょう。どこまで話が進んでいるのか知る由もないけれど、欧州でもどこでも普通に受け入れられると思うので、周りが足を引っ張るような形だけは避けて貰いたい。

新アルバムの話。
「バキバキ」の定義が良く判らない。が、確かに求められているからと言って「無理に」そういう傾向の曲を入れるのは違うかな。でも甘すぎるのもちょっと…。
「正月に田舎のヤンキー車で流れるような」という言い方はアレだけど、「どんな人の耳にも馴染みの良い曲」と解釈すれば理解出来ないこともない。「Perfumeの魅力はバキバキのエレクトロ」というのはファンの勝手な思いでしかないし。彼女らの楽曲のジャンルはテクノでもエレクトロでもラウンジでもなくJポップ。ただし、海外にも通用するような、常識を破り続けるJポップでないと。と個人的な感想を書いてみたり。

Image
※参考 『JPN』収録曲
1.The Opening 2.レーザービーム(Album-mix) 3.GLITTER(Album-mix)
4.ナチュラルに恋して 5.MY COLOR 6.時の針 7.ねぇ 8.微かなカオリ
9.575 10.VOICE 11.心のスポーツ 12.Have a Stroll
13.不自然なガール 14.スパイス


| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »