« スペルガ/PK戦負け | トップページ | 大晦日の日誌 »

2011-12-29

今季の清水を振り返る/仕事納め

【サッカー】
・今季のJ1清水は、リーグで11勝12分11敗の10位。ナビスコは2回戦、天皇杯はベスト8。なんだか「中の下」みたいな成績でした。開幕前と夏場の補強では少し話題になりましたが、それ以外は存在感が希薄な1年でしたね。

2月20日に行われたPSM・横浜戦の日記でも私は「今季はハラハラしない程度に残留を決めてくれたらいい」と書いてたんで、結果については納得してます。大差で負け続けたと思えばホームでは勝負強かったり、とアップダウンを楽めたシーズンだったのではないかと(笑)。まぁ開幕時のようなチーム状態で大きなタイトルを望むのは舐めすぎってものでしょう。

ただ、監督が求めているサッカーらしきものはホームの名古屋戦で垣間見れたけれど、結局そこまでで後はよくわからない。終いには得点力の高いFWの不在を嘆いたり…。うーむ。来季は準備は確りとして、目指すものの形を見せてほしいものです。

・天皇杯の決勝カードはFC東京と京都のJ2対決。なんと、と言うかやっぱり、と言うか。そうなったら面白いな、とか思っていたので。

【つれづれ】
今日は仕事納め。何だか、年々締まらない仕舞いかたになっていると感じます。いかんなぁ。

|

« スペルガ/PK戦負け | トップページ | 大晦日の日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペルガ/PK戦負け | トップページ | 大晦日の日誌 »