« Sd.Kfz. 251/7型 装甲工兵車 | トップページ | ポーランドの音楽サイト »

2012-01-20

SEMOVENTE M43 75/46のリメイク

一昨年のクリルーモデルのセモベンテM43 75/46を持ち帰って来た際の記事で、
キットは絶版ぽいし、ここまで塗装が気に入らないと言うことは105/25みたいに塗り直しちゃうのかなー自分。頭の中で工作の段取りが止まりません。ああ、困った
と、書いたんですが。

T_dsc00678はい、その通りになってまーす。いよいよ模型生活の再開です。再開なのか?

1年半のブランクがあるので「まずはインジェクションの新製品でも買って素組みしてリハビリを…」とか、ちらっと思ったんですが、今まで滅多にそんな事やってないし。だいいちあまり楽しくありませんからね(感じ方には個人差があります)。でもコレで良いのか?という疑問も残りつつ。

先ず、外向きに反ってしまった装甲板を矢印のラインでカットし、足回りを分解しやすくします。装甲板にはジェリカンラックのモールドがあるので再現が面倒になりますが、そんなことは後回しにしてズンズンと分解します。

続いて歪んだフェンダーを切り取ります。上部転輪の基部がフェンダー切り取りの邪魔だったので、一旦全て削り取ります。良く考えればキャタピラを通す際に上下・前後で蛇行しないように基部の高さを測っておくべきでしたが、そんなことは後回しにして(以下略)。

サスペンションはズベズダのパーツ。ブラチのキットを奢ろうと思ったんですが行方不明だし、これもそこそこ手は入ってるんでこのまま行こうかと思っております。次は塗装を剥離して、必要な部分をポリパテで修正する予定です。

|

« Sd.Kfz. 251/7型 装甲工兵車 | トップページ | ポーランドの音楽サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sd.Kfz. 251/7型 装甲工兵車 | トップページ | ポーランドの音楽サイト »