« クラブ合同展 2012 | トップページ | 模型脳 模型力 »

2012-05-28

M40-75/18 S.P.G 【6】

なんとなんと、まさかのM40-75/18製作記の続編です。まぁびっくり。あーびっくり。驚きすぎか。
しかし前回の記事を書いたのは2年前の6月なんですね。世の中は政権交代も大震災もまだ起きていなかった平和な頃ですよ。はぁーっ(遠い目)。


さて、では参りましょう。
この時の写真をご覧頂くと判りますが、シャーシには車体固定用の3ミリナットを前後に2か所取り付けてあります。後ろはエンジンルームの中に一個。前側のインテリア内は、丁度タミヤキットの変速機パーツを接着すると隠れるように仕込んでありました。

T_p5270024_2
工作を再開するにあたって、面倒なインテリアから片付けるべくパーツを点検してみたのですが、この古いキットの変速機パーツを苦労してまで使う意味を思い出せない。モデルヴィクトリアのパーツをそのまま使った方が簡単なはず。→M40-75/18 S.P.G 【5】参照
考えるより先に手を動かす派の私。さっさと前側のナットを引っぺがし、MVのパーツの裏側を削って固定用ナットを埋め込みます。いや、この方が手間が掛らないし見栄えが良いって。俺って天才かな(明らかな勘違い)。

T_t_p5270026
んで、やはりというか何というか、一通り工作してから思い出す訳ですよ。
タミヤキットのままであるエンジン側のドライブシャフト高さが9ミリで、MVのパーツが7ミリだった事に(泣)。高さ合わないじゃん。仕方ない、MVパーツを2ミリ、プラ板でかさ上げしますか。…で、やってみてさらに思い出すんですね。
変速機を2ミリも持ち上げると車体前部のパーツに思い切り干渉してしまうことに(大泣)。

もういまさら元々のプランには戻れません。キットの隔壁パーツのエンジン部品(ティールアップ済み…)を切り取り、MVの部品と交換する事にしました。とは言え、MVのエンジン部品も隔壁パーツからきれいに切り剥がして処理しなければならず、大いに手間は掛ります。えーと、明日はどっちだ。

|

« クラブ合同展 2012 | トップページ | 模型脳 模型力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラブ合同展 2012 | トップページ | 模型脳 模型力 »