« 仕事・網代・J1清水・マウンパ | トップページ | 大晦日の日誌 »

2012-12-29

toilet is clogged

【つれづれ】
長文の上、内容が内容のため画像も無く申し訳ありません。と、初めに謝っておきます(笑)。

先日、我が家の2階のトイレが詰まっちゃいました。搔い摘んで言うと、流してる途中に掃除用の歯ブラシが落っこちて、そいつが悪さをしたんですね。高が歯ブラシと思ってたんですけど、そのまま2~3回使用したら確実に詰まってしまい、その日の夜には使用不能に陥ってしまったので、全く恐ろしいものです。

普通のラバーカップはもちろん、吸引式のラバーカップを使ってもダメ。意を決して手を突っ込んで、針金状の物で探ってもダメ。これはもう、便器を床から外して取り除くしか方法はありません。プロに頼めば恐らく数万円の出費になるので(♪トイレのトラブル八千円、は基本料金のみ)、未経験ですがもう自分でやるしか道はないのです。

・「ミカサくん」で検索するとトップに出る静岡で有名な会社(笑)に電話して必要なパーツを確認し、パッキン2種を購入。税込840円なり。
・給水栓を閉じ、10年前に自分で取付けた温水便座を取り外し。電源を抜き、ドレンを排水し、固定用の樹脂ナットを緩め、手前に引いて外す。
・タンク内の水を灯油ポンプでバケツに排水。タンク固定ナットを緩め、タンクを取り外す。
・便器に残った水もポンプで排水し、4本の固定用ボルト・ナットを外すと便器が取り外せる。床には真ん中に排水口の開いた取付けプレートが残るのみ。有る筈の物が無いシュールな光景。念のためパイプに水を流して、その先に詰まりが無いのを確認。

トイレの床の排水口というと物凄い状態を想像しますが、日に何度も大量の水を流すせいでしょうか、全くの無臭でパイプの中もきれいな状態でした。日本のトイレって凄いと再確認。

取り外した便器を屋外に持ち出し、大量の水道水で取りあえずの詰まりを解消させてから(直接の原因は紙ですよ、念のため・笑)、細いビニール紐を流して出口まで通し、徐々に紐を太くしてから結び目を作って、詰まった歯ブラシを引掛けて取り除きました。…と簡単に書いてますが、2日間に渡っての試行錯誤の結果です。それにしても驚いたのは歯ブラシの引掛り具合で、結構な力で引っ張らないと取れませんでした。そりゃ、ラバーカップくらいじゃ歯が立たない訳ですよ。

・便器と床のパイプの隙間をシールしているのは粘土状のガスケット(ミカサで購入)。ハサミで少し小径に切ってパイプの周りに指で押しつけ平らにする。その上に便器を置いてボルトナットで締め付け固定。バケツで水を流して水漏れ確認。
・水タンクのパッキン(ミカサで購入)を交換し、ボルトを締めこんで水タンクを固定。同じく水漏れ確認。
・温水便座と給水関係を元通りに取付け。水漏れの確認、試運転。完了。

達成感はあったものの、良く考えてみれば大変な労力の結果、元に戻っただけ(トイレが綺麗にはなりましたが)。私が皆さんに声を大にして言いたいのはただ一点、「洋式便器に異物を流すと大変な事になる」と言う事です。お宅は大丈夫ですか?ボールペンなんかが流れたら一発ですよ。年末ですし、気をつけましょう。

|

« 仕事・網代・J1清水・マウンパ | トップページ | 大晦日の日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事・網代・J1清水・マウンパ | トップページ | 大晦日の日誌 »