« また時計の話 | トップページ | 未来のミュージアム »

2013-02-22

またまた時計の話

【つれづれ】
「これでお終い」とか言っておきながら、またも時計のはなしかよ!と思われたそこのあなた。
たいへん申し訳ございません(とりあえず謝る)。前回申したように、他に持ってるのは雑貨時計とかスウォッチとか、バンドの壊れたGショックなどのガラクタ時計ばかりで特にご紹介出来るものも無いのですが、最近私は何となく腕時計がマイブームでして。気紛れに電池交換などをしてみたという訳なんですよ。
T_dsc00751
SALVECCHIO ITALY』。専門店以外で売っている、いわゆる雑貨時計です。確か20年くらい前に市内で購入したものですが、買った理由が何なのか全く覚えていません。サイクロップレンズ(日付の拡大レンズ)付きのロレックス風なのが気に入ったんでしょうかね(他人事)。
オープン価格の安い時計ですが一応20気圧防水なので、ガラスは厚く、裏蓋はスクリュー、竜頭はねじ込み式で、ステンレスケースもしっかりした作りです。まぁこれを嵌めて海に潜る人は居ないと思いますが…。

さて、如何にもイタリア製っぽいブランド名ですが、実際は東京のクレファーというメーカーの日本製品です。ここはディズニーやサンリオの時計のライセンスも手掛けている会社のようですね。

T_dsc00746
スクリューの裏蓋を開ける専用道具は持っていないので、傷つくのは自己責任で大きなモンキレンチを用いて強引に回し開けますと。
現れたのは時計のサイズに比べて小ぶりな、MIYOTAのムーブメント。隙間埋め用の白い樹脂スペーサーが目立ちます。MIYOTAはシチズンのムーブメントを製造している、信頼のメイドインジャパン。日本を始め、世界のファッションブランド時計の中身に使われてます(もちろんオートマチックも)。

時計のムーブメントって、物凄く高い機種以外はこういう例が多いですね。高級ブランド時計のムーブメントは殆どETAとか。中身の価格は機械式クロノグラフで700ドルくらい〈参考:http://www.ofrei.com/page_183.html〉。使ってるメーカー見ると頭がクラクラします(笑)。

|

« また時計の話 | トップページ | 未来のミュージアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また時計の話 | トップページ | 未来のミュージアム »